当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

加藤浩次「僕も昔からヤンチャしてきてるコメディアン」ウィル・スミスの平手打ちにコメント

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

昨日、アカデミー賞授賞式の最中にウィル・スミスさんが壇上のコメディアンを平手打ちしたことを取り上げた29日の「スッキリ」(日本テレビ系)。

するとウィル・スミスさんの行動にMC加藤浩次さんがコメントを述べました。

スポンサーリンク

加藤浩次、ウィル・スミスの平手打ちにコメント「僕も昔からヤンチャしてきてるコメディアン」

29日、アカデミー賞授賞式最中にウィル・スミスさんが司会者を平手打ちしたことを取り上げた「スッキリ」(日本テレビ系)。

世界中で賛否を呼んでいる出来事に、MC加藤浩次さんがコメントを述べるシーンがありました。

昨日行われたアカデミー賞授賞式。

その最中、脱毛症で悩む妻の容姿を司会者から揶揄されたウィル・スミスさんがその司会者を平手打ち。

生放送中に起きた出来事にアメリカ国内外から賛否が巻き起こりました。

この前代未聞のハプニングに加藤さんも「全世界で放映されている、アカデミー賞受賞の場でこんなことが起きてしまうなんて考えられない」とあ然。

一方で「クリス・ロックさんもコメディアンじゃないですか。それでも僕も昔からヤンチャしてきてるコメディアン」と司会を担当したコメディアンと自身を重ねると「僕が一番気をつけていることはやっぱり相手を傷つけてはいけないんですよ、みなさんとやらせていただいて、一般の人にも出ていただいて」、「ギリギリのところにいかないとダメな時もある。そこもわかる。クリス・ロックさんはそこにいった。でもウィル・スミスさんが怒ってしまったということはクリス・ロックの負けです。コメディアンはやっぱりそのギリギリの中で、相手が笑える範疇の中で言葉を発していかないとダメだと僕は思ってます」と外見を揶揄したことへの批判を口に。

また、ウィル・スミスさんの暴力行為については「そこは暴力でいきますかと」、「『バチーン』と変な話観ていた気持ち良かった」と爽快感を得たものの、加藤さんは「でも10億人が観ているということでウィル・スミスさんもあそこまでいっちゃダメだよ」とウィル・スミスさんの行動も批判。

「今色んな論争になってる。クリス・ロックは悪くない、ウィル・スミスは悪くない…これは二つの話ではなくて、これは騒動を起こした2人の問題だと思う」とコメントしていました。

スポンサーリンク

「2人の問題」加藤のコメントに視聴者は?

アカデミー賞授賞式の最中に発生した暴力行為に対してコメントを述べた加藤浩次さん。

その後「たとえば僕の声だって、これは直らないわけですよ。これも散々いじられてきてて『なんだおまえ』と超えてくる人もいるわけですよ」と自身を例に挙げると「きたねえ声だなとかドブ声とか散々言われてきてますけど、直らないけどそこを受けながら。でも一線を超えてくる人もいる。(不快な思いを)それはプロとしてさせちゃいけないのかなって」と改めて強調しました。

すると加藤さんの持論に番組を観ていた視聴者からは、

《加藤さんの言ったことがすべてでしょ。相手を怒らせた時点でダメ》

《喧嘩両成敗。加藤浩次のコメント通りで2人に問題がある。2人ともファンや視聴者への配慮不足》

《『スッキリ』の出演者全員正解だと思うよ。どっちが悪いじゃなくどっちも悪い》

などと共感の声が。

受賞式後、SNSで暴力行為を謝罪したウィル・スミスさん。

しかし平手打ち、容姿の揶揄の是非を比較するのではなく両者ともに批判されるべきなのでしょう。

(文:有馬翔平)