ストレッチーズ高木、自身の高校生活を振り返る「普通の人の致死量くらいはスベってる」

文:服部慎一
インタビュー
スポンサーリンク

2人とも慶應義塾大学出身という高学歴コンビとして知られるストレッチーズ。

本格的な漫才を披露し続けるストレッチーズのお2人に、Quick Timez編集部ではインタビューを敢行。

ネタ作りや芸人としての将来像などについて、お話を伺ってきました。

スポンサーリンク

ストレッチーズ高木、自身の高校生活を振り返る「普通の人の致死量くらいはスベってる」

ーーまずは幼少期の頃のお話からお伺いできますか?

福島さん:僕は「ろりぽっぷ幼稚園」っていうとってもポップな幼稚園に通ってて…。

集団行動するのがすごく苦手で、みんなと食べたくないって言って暗がりみたいなところを自分で作ってそこで1人で食べてるんですけど、自分でそうしたのに「1人で寂しい。」って泣いてて。

みんなと関わるのは嫌だけど1人も寂しい、みたいな、変なことしてたなぁって記憶はありますね。

ーーそこからお笑いに繋がるキッカケになるようなことは?

福島さん:キッカケは小学校5年生の時に、友達が「すごいよ‼マサルさん」の3巻を持ってきてて初めて読んで、主人公のマサルさんがすごい破天荒でふざけて変なこと言うんですけど、それにすごい憧れて真似したりとかしてたら友達が笑ってくれて、最初はマサルさんみたいになりたいなって思ってお笑いが身近になった感じですかね。

ーー見る側ではなくてやる側になりたいと思ったんですね?

福島さん:そうですね、マサルさんを目指そうって。

図工の授業で隣の子の似顔絵を描こうっていうのがあって、隣の女の子の絵を描かないといけなかったんですけど、最後に発表するときに富士山の絵を出した時に全然ウケないし女の子泣いちゃうし。

何かちょっと人と違うことをするっていうのがマサルさんイズムであって、今やってることのキッカケになってるのかもしれないですね。

ーーお笑い芸人さんとかではないんですね!

福島さん:そうですね、ドッジボールのクラブチームにも入ってるようなスポーツ少年だったんで、ちょっと時間が空いたら観るくらいの感覚でしたね。

でも、たまたま観たオードリーさんがすごい面白いなっていう記憶があって。

すぐにこうなりたいとかは思わなかったですけど、カッコいいなっていうのはありましたね。

ーーありがとうございます。高木さんはいかがですか?

高木さん:僕の親がすごいお笑いが好きで、「爆笑オンエアバトル」を放送開始直後くらいから母親がずっと録画したのを見せてくれてて。

放送が深夜だったんで、たまーに起きてていいよって言われて生で観れるのがめちゃくちゃ嬉しいっていう。

最後までずっと観てたんでギリギリ出れなかったのがちょっと悔しいですけど、お笑い自体はずっと好きで、「М‐1グランプリ」とかもずっと観てましたね。

ーーそこから芸人さんになりたいと思ったんですか?

高木さん:いや、なりたいとかは全然思ってなかったです。

なれるとか1つもイメージしてなくて、観るものって感じでしたね。

ーー養成所に通われた経緯は?

高木さん:高校で部活が一緒で(福島さんと)知り合うんですけど、なんか面白いことしたいっていうのがあって、僕もギャグ漫画が好きで最初に買った漫画が「すごいよ‼マサルさん」で…。

それで仲良くなって、2人でふざけるみたいなのはやってたんですよ。

変な練習着きて練習するとか(笑)。

男子校だったんですけどミスコンがあって、女装して漫才をやるとか。

福島さん:2人でPAFFYをやりました。

女装して歌って、その前にオリジナルの漫才もやって結構しっかりやってましたね。

ーーもうその時点でコンビとしては仕上がってた感じですね!

高木さん:でも、お笑い芸人になろうとかは思ってなくて、好きだしやりたいけど「俺らイケんじゃね?」とかは1ミリも思ってなかったですね。

福島さん:僕ら色々やってたんですけど基本スベってて、むしろスベることの方が嬉しいというか。

芸人としてはあるまじき姿なんですけど、スベった方が楽しくて嬉しくて。

高木さん:そうだね、高校3年間で最後のネタだけウケたけど、それ以外は普通の人の致死量くらいはスベってるよね。

ーーマサルさんの影響力すごいですね(笑)

福島さん:バイブルですね。そこからたまたま同じ大学に入ったんですけど…。

ーーたまたまなんですか!?

福島さん:たまたまです。

基本うちの高校って国公立の大学を受けるんですよ。

でも僕は私立第一志望で慶応受かって、こっち(高木さん)は東大のスベり止めの慶応は受かってて浪人したくないからそのままって感じで。

その話は全くしてなかったですね。

そして、慶応のお笑いサークル(お笑い道場O-keis)に入って。

学年は違うんですけど、昨年「M-1グランプリ」で決勝に行った真空ジェシカとか、吉本の令和ロマンとかもいて。

ーーお2人で入ろうって話し合われたんですか?

福島さん:いや、それも話してないですね。

僕は僕で違う友達と見に行ってて、サークルの部室で先輩たちがゲームしてたんですよ。

お笑いサークルだから何かやってやろうと思って、そのゲームキューブを倒して終わらせたらウケるかなって。

そしたらウケるどころかキレられたんですけど、僕それを4、5回くらい繰り返して本当にブチ切れられて、お笑いサークル出禁になったんですよ(笑)。

その数日後にこいつは別で勝手に行ってて、普通に入ってますね。

高木さん:勝手にってなんだよ、なんでお前の許可がいるんだよ(笑)。

福島さん:大学入って半年くらい会ってなかったんですけど、同窓会で久しぶりに会って話したらそのサークルに入ってて、出禁になったことを話したら「まぁ大丈夫だよ」って言ってくれて。

そこからちゃんと謝って入ったんで、ちょっと時間差あるんですよね。

ーーそこから養成所まで一緒に行かれたんですか?

福島さん:自主ライブとかを3年生くらいまでずっとやってて、大学4年生の時に「学生HEROES!」っていうオードリーの春日さんがMCをやってる番組があって、そこに大学生ながら1年間ずっと出て、ネタやらせてもらってたんですよ。

2人とも芸人になるって決めてたんですけど、養成所がお金が必要だし、一応アマチュアでずっと漫才やってたし養成所行かなくてもいいんじゃないかってなって。

そしたら「学生HEROES!」の方に声をかけていただいてそこに入ったんですけど、オーディションとか全くなくてちょっとしんどいなってそこ辞めてどうしようって思ってたら、

ヤマザキモータースさんていう先輩が太田プロで講師をされていて、そこに特別に来ていいよって言っていただいて、芸歴3年目の時に半年だけ養成所に通ったって形ですね。

そのまま今日まで太田プロさんにお世話になってます。

ーーお笑い芸人になることに対して、親御さんに反対されませんでしたか?

福島さん:僕は大学卒業間近に芸人になるって言った時に、母親には大泣きされて反対されてたんですけど僕が引かなくて。

そしたら母親がしびれを切らして、「あんたは誰の事も笑わせることは出来ないし、誰の事も幸せにすることは出来ない。」って言ってきて、実の息子にそんな強い言葉を言うほどやめさせたかったみたいで(笑)。

ーーすごい強い言葉ですね!本心ではないけどあえて強く言ってみた感じなんですかね?

福島さん:本心もちょっと入ってると思うんですけどね(笑)。

波はあるんですけど未だにそんな感じの接し方をしてきます。今日もさっき実家で、「そろそろ結婚を考える歳だけど、あんたみたいなのと結婚する人は不幸せになるから。この世の中にいらない職業やってて本当にどうしたもんかなぁ。」って今日も言われて来ました。

それでも母親の生姜焼きは美味しかったです。

ーー高木さんはいかがでしたか?

高木さん:僕も最初は反対されてたんですけど、今はもう応援してくれてます。

最初の頃はめちゃくちゃ泣かれて、慶応まで出したのにっていうのもあったと思うんですけど。

でも、そもそも母親キッカケでオンエアバトル観てるんで、泣きながら反対してる姿見ながら「いや、お前がオンエアバトル見せたからなんだけどなぁ。」って思いながら交渉してましたね。

未だにお笑い好きなので結構チェックしてくれてると思いますね。

ーーなるほど!高学歴が故の悩みみたいなのもありますか?

福島さん:正直、出してほしくないですね。

やっぱり鼻につくし、そう言われて出てきて笑えるかなって客観的に見ても思うんですけど、自分たちにキャラクターがないし、キャッチコピーがなさすぎてそこはもうしょうがないというか。

高木さん:芸歴8年でテレビ出る度に色んな方に「慶応出てるんだすごいね!」って言ってもらうんですけど、色んな返ししてきたけどよくスベッてますね。

色んな返しのパターン考えてみたんですけど、1回もウケたことないです(笑)。

ーー他の高学歴の芸人さんも同じこと仰ってたので、皆さん同じ悩みを抱えてらっしゃるんですね!

高木さん:まぁ1個でも言う事あるならまだいっか~って感じですね。

福島さん:うっすらずっと悩んでるけど、自分たちの出来る事をやっていくしかないのかなとも思ったりしてますね。

ストレッチーズのプロフィール

名前(左):福島 敏貴(ふくしま としき)

生年月日:1992年3月19日

出身:埼玉県

血液型:O型

趣味:酒蔵めぐり、男はつらいよ

特技:全国のドッジボールチーム名を50音からすぐ言える

出身校:慶應義塾大学総合政策学部卒

名前(右):高木 貫太(たかぎ かんた)

生年月日:1991年7月24日

出身地:埼玉県

血液型:O型

趣味:麻雀・ぷよぷよ・スラムダンク

特技:数学(数学検定準1級・高校数学教員免許所持)・ルービックキューブ

出身校:慶應義塾大学理工学部卒

お笑いコンビ・ストレッチーズ。ボケの福島とツッコミの高木は同級生で、両者とも慶應義塾大学を卒業しているインテリコンビ。福島の奇想天外なボケに高木が鋭くツッコむという正統派漫才を武器に、ライブシーンなどで活躍をみせる。「M-1グランプリ」等の賞レースでの活躍にも期待できる、今注目の若手コンビ。

スポンサーリンク

ストレッチーズ出演!太田プロ主催「月笑」が2年ぶりに開催決定

ストレッチーズの2人も出演する、太田プロダクション主催のお笑いライブ「月笑」が、およろ2年ぶりに開催されることが決定しました。

是非とも会場に足を運び、生の笑いを体感してみてください!

【公演日】2022年4月11日(月)

【会 場】半蔵門東京エフエムホール

東京都千代田区麹町1-7 エフエムセンター2F

【時 間】開場18:30 開演19:00 ※21:00終了予定

【出演者】

[MC/アシスタント]タイムマシーン3号/中村守里

[G1]さすらいラビー/ストレッチーズ/ぐりんぴーす/サルベース/初代ウメちゃん/イノセントキラー/青色1号

[G2]ハマノとヘンミ/ガッチキール/ガキフランキー/ヒヒ/ロックス 他 (3/27 Jr.ライブ上位3組出演予定)

【ゲスト】未定

【チケット】全席指定席

先行・一般 \2,000-/当日 \2,500-

<FC先行受付>

2022年3月14日(月)12:00~2022年3月21日(月)23:59

詳細はOHTA PRO FAN CLUBにログインしてご確認ください

<一般販売>

楽天チケットにて発売予定

2022年3月26日(土)10:00~2022年4月7日(木)23:59

▼ストレッチーズ出演情報

・ラジオアプリGERA「ストレッチーズのプリ右でごめん」

→毎週水曜日に最新回配信中!

・ニコジョッキー「ストレッチーズの恋のダンクシュート」

→毎月第3水曜日22:00より生配信!

・K-PROライブ多数出演中

リンク先⇒https://kpro-web.com/

(文・取材:Quick Timez 編集部)

(撮影:RYOUSUKE MAEJIMA)