千原ジュニア「芸人やったら覚悟決めて来い」アンジャ渡部へ送ったラブコールの返事に喝

文:有馬翔平
千原ジュニアお笑い芸人
スポンサーリンク

画像:時事通信フォト

今月15日に千葉テレビで放送された「白黒アンジャッシュ」で、芸能活動復帰を果たしたアンジャッシュ・渡部建さん。

20日の「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)がこれを取り上げると、千原ジュニアさんが渡部さんへラブコールを送っていたことを明らかにしました。

スポンサーリンク

千原ジュニア、アンジャ渡部の復帰番組に「『黒黒アンジャッシュ』やで」

20日、1年以上も芸能活動を休止していたアンジャッシュ・渡部建さんが復帰を果たしたことを特集した「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

その放送の中で、MC千原ジュニアさんが復帰番組を観た感想を口にしました。

千葉テレビで15日に放送のされた「白黒アンジャッシュ」で復帰した渡部さん。

「僕がしでかした馬鹿げたことで大変なご迷惑をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます」という言葉から始まり、終始謝罪の言葉を述べ続けました。

この番組について「僕もこれ観させてもらいましたけど…」と視聴したという千原ジュニアさんは「ねえ?暗かったなあ」と番組の雰囲気に苦笑。

「もうずっとあれやで?『黒黒アンジャッシュ』やで。まったく白ないから。こうするんかと思ったよね」とジョークを交えると「たまたまこれがあった次の日に別の番組のコメンテーターでこれ振られて、まあまあいじるしかないし」とコメント。

さらに「この後のゲストが『ザ・マミィ』っていう後輩が来るって」と次回のゲストが後輩芸人だということにも触れ「後輩が先輩のなかなかいじりにくいし、同期かちょい上のボロクソに言えるヤツがボロクソにいじった方が『ほんならね』という風になりやすいんじゃないか」と、持論を展開しました。

番組の雰囲気に注文をつけた千原ジュニアさん。

「不祥事起こした吉本の芸人もそれで何とかやってきたから」と実績についても口にしていました。

スポンサーリンク

千原ジュニア、渡部へラブコールも…

渡部建さんが復帰した番組に対し、「暗かった」と注文を口にした千原ジュニアさん。

さらに放送の中では「俺なんか呼んでもらったら全然行きますけどねって、それをコメントで言ったわけ。生放送で。ほんならウチのマネージャーすぐに動いたらしくて」と、渡部さんに舞台「千原トーク」への参加を呼びかけた事実も明らかに。

「舞台やったらテレビ局さんとかスポンサーさんとか関係ないから『ウチにきてもらったらやるけどね』言うたらマネージャーが人力舎に連絡したんやて」と所属事務所に連絡したというマネージャー。

しかし、その返事は「今は『白黒アンジャッシュ』だけでやっていきたいと思ってます。お声がけは嬉しいんですけど」と丁重に断られてしまったのだそう。

ただ、その返事に千原ジュニアさんは納得していないようで「俺はどこかね、芸人やったら覚悟決めて来いよと。せいじと2人並べてボロクソやるけど」と苦言を呈していました。

すると千原ジュニアさんの提案に、この日スタジオに出演していたTKO・木本武宏さんも「その時TKO混ぜてもらえないですか?」と便乗。

「来てください。やろうかそれ。3人に思いっきりペットボトルぶつけて」と千原ジュニアさんのブラックジョークにスタジオからは笑い声が上がっていました。

(文:有馬翔平)