当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ひろゆき「頭の悪い人に配慮する必要はない」子供のハーネス着用へ相次ぐ批判をバッサリ

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

タレント・蒼井そらさんが抵抗を感じつつ子供にハーネスを着用したとブログにつづったことを特集した8日の「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

すると、MCひろゆき氏が子供のハーネス着用を批判する声に対しコメントを述べました。

スポンサーリンク

ひろゆき、子供のハーネス着用へ批判の声に「頭の悪い人に配慮する必要はない」

8日、事故防止のため子供にハーネスを着用することに批判の声が寄せられていることを特集した「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

その特集に対し、MCひろゆき氏が批判の声を一蹴するシーンがありました。

この日、タレント・蒼井そらさんのブログを取り上げた同番組。

蒼井さんは2歳になる双子の子供にハーネスを着用させたことをブログで報告、しかし「否定的な思いを抱く人がいる」、「使用には抵抗があった」と周囲の目を気にしてハーネス着用に抵抗を感じたとつづったのでした。

また実際ネット上では「見た目がペットみたいでかわいそう」、「子供の手をしっかりつないでいればいいじゃないか」という否定的な意見を紹介すると、ひろゆき氏は「『見た目がペットみたいでイヤだ』っていう頭の悪い人に配慮する必要はないと思います」と否定的な声をバッサリ。

さらに「子供が交通事故に遭った時に責任持たないわけじゃないですか、頭の悪い人たちは。だから赤の他人の頭の悪い人たちの意見をいちいち間に受けないのが大事なんじゃないかと」とコメントすると、平石直之アナウンサーも「そのバッサリについては完全に同意します」と同意。

その後、番組がリュック型のハーネスを紹介すると突如笑みを浮かべたひろゆき氏。

「リュック型じゃなくても普通にハーネス使えばいいと思うんですよね」と指摘すると、「こっち(フランス)だと見ても誰も文句は言いませんけど、ハーネスだと転んだ時に持ち上げることができて痛い思いをして嫌な思いをすることがなくなるので子供が歩くことに積極的になったりするんですよね」と通常ハーネスの利用を訴えました。

スポンサーリンク

「言い方は悪いけど…」ハーネス着用に視聴者の意見は?

子供のハーネス着用に批判的な声に対し、「配慮する必要はない」と言い切ったひろゆき氏。

さらに放送終了後にも自身のSNSで「子供用のハーネスの議論は、無責任で頭の悪い他人の意見と、子供の命と、どちらが大事という簡単な話だと思う」と投稿していました。

すると、ひろゆき氏の意見に対し番組を観ていた視聴者からは、「保育士ですが、子供へのハーネスは正しいと思います。小さい子供ほど予測不能な動きをするので」、「言い方は悪いけどひろゆきに全面同意。じゃあ事故に遭ったら責任取れよって話」などと共感する声が。

また、ハーネスを着用することは適切な行いだと言います。

「幼い子供が事故で死亡するケースの半数以上が急な飛び出しによるものです。なのでその数字からもハーネスを着用させて事故を予防するというのは正しい処置だと思います。数十年前から子供にハーネスを着用することへ否定的な声が上がっていましたが、ある程度のデータを揃った今、その否定的な意見の方が誤りだということを指摘していかなければならないのでしょう」(ライター)

いまだ抵抗感があると多くの人が感じている子供へのハーネス着用。

事故を一件でも減らすために今後ハーネスを着用する層が増加することを願うばかりです。

(文:有馬翔平)