当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ブルーザー・井上ポイント、事務所の先輩・ずん飯尾の車をめぐり「申し訳なくて借りづらくなった」

スポンサーリンク
インタビュー

強烈なキャラと、独特の世界観や設定によるネタが特徴的なお笑いコンビ・ブルーザー。

所属する浅井企画の事務所ライブでも常に上位に位置するなど、結果を残している同コンビに、Quick Timezではインタビューを敢行。

様々なお話を伺ってきました。

スポンサーリンク

ブルーザー井上、事務所の先輩・ずん飯尾の車をめぐり「申し訳なくて借りづらくなった」

ーーまず、お2人がお笑いを始められたキッカケからお聞かせいただけますか?

井上さん:僕は小さい頃からお笑いが好きで、小学校高学年か中学校の時に、お正月の「爆笑ヒットパレード」をいとこと見ていて昭和のいる・こいるさんで大爆笑したんですよ。

腹痛くなるくらい笑って、お笑いやってみたいなって思ったのがキッカケですね。

あともう1つが、横山やすしさんが亡くなった時に、追悼番組を見てすごい面白い人がいるんだなって思ったのもキッカケですね。

ーー見る側ではなくやる側になりたいと思ったんですね

井上さん:そうですね、最初は見るのを楽しんでましたけど、漫才とか芸人とかやってみたいと思ったのがキッカケですね。

今はコントやってますけど…。

ーー永吉さんはいかがですか?

永吉さん:そうですね、はるか昔の話なんであんまり覚えてないですけど、周りが就職活動をし始めた頃にですね、ずっと消防士になりたいと言っていた友人が何故か日野自動車の営業マンになったんですよ。

私の時代だとちょうど就職氷河期で、1人何十社も受けるような時代でして。

あれだけ消防士になりたいと言っていた友人が妥協したのか営業マンになった姿になった姿を見て、「なんか違うなぁー。」って思って。

じゃあ自分は何が好きかなと思った時に、人を笑わすのは好きかなっていう安易な気持ちで入ってしまったが為に、こういう人生になってしまったんですよね。

後悔しかないですね。

ーーえ!そうなんですか!?()

永吉さん:ちゃんと真面目に就活しとけば良かったなっていうのしかないですね(笑)

ーー幼少期に周りの人を笑わせたりとかされてたんですか?

永吉さん:そうですね、面白かったかは分からないですけど、人を笑わすのは好きでしたね。

具体的に何かがウケて、エクスタシーみたいな経験は特にないんですけどね。

ーー井上さんがどうでしたか?

井上さん:僕は…。

永吉さん:ウケた事ないもんね?(笑)

井上さん:そんなことないよ(笑)。

小学校の時にお楽しみ会でネタをやった記憶があって、その時にウケたのが嬉しかったのがありますね。

確か、ココリコさんかロンドンブーツ1号2号さんのネタをそのまま真似した気がします。

ーーお2人が出会われたキッカケは?

永吉さん:それぞれ入り方は別で、彼は元々浅井企画にいて僕は別のところでやっていて、そこから自分のコンビが解散したり紆余曲折あってここに辿り着いた時に会ったのが最初ですね。

ーー浅井企画さんに入られた時は別々のコンビだったんですね?

永吉さん:そうですね。

お互いフリーになったんで、「じゃあ、やりますか?」みたいな感じになったのが第2の間違いの始まりですね。

ーー序盤でもう2つ目の後悔が…(笑)。どちらから声を掛けたんですか?

井上さん:僕ですね。

僕が先にコンビ解散したんですけど、解散する前から面白いなと思ってたんで声かけたんです。

最初は仮で組んでみようって話で、それが今でも続いてる感じですね。

ーー今も仮状態なんですか?(笑)。

井上さん:まだOKもらってないので。

永吉さん:仮のままなのかもしれないですね。

僕は彼の事を面白いと思った事は一度もないので。

思うような事があれば昇格するのかなっていうのはあるかもしれないんですけど。

大人な関係と表現していただければ間違いないかなと。

別に仕事場以外は一切会いませんし。

ーーじゃあもう完全に仕事のパートナーですか?

永吉さん:そうですそうです、考え方も全く別なので。

彼は節約とかポイントとか言ってますけど、私はギャンブルに命を注いでますから。

ーー井上さんは早稲田大学ご出身ですが、親御さんからの反対などは?

井上さん:母親を小さい時に亡くしてるんですけど、父親がろくでもない奴だったんですよ。

僕、学費を自分の奨学金とバイト代で払ってたんですけど、支払いの期限を何回か過ぎちゃったんですよ。

「もうこれで本当に最後です。」って言われた時に、自分でお金を用意していて机の中に何十万か入れといたんですよ。

その日に飲みに行って帰ってそのお金を確認したら10万円少なかったんですよ。

でも泥棒入った形跡ないし、弟か父親しかいないんですよ。

父親に確認したら「盗った」って言うからその時にブチ切れて後ろから蹴とばしたんですよ。

それで本当に退学通知も来て1回退学になったんですよ。

でも何とか復学さしてもらって卒業したんですけど…。

父親に対して恨みはないけど、お金にだらしなくてムカついてたんですよ。

大学卒業するときに、お笑いやるっていうのはひとこと言ったんですけど、自分の金で大学行ってるし文句は言わせなかったです。

ーーそういう経験からポイントとか節約が身についたのもあるんですかね?

井上さん:そういうのもあると思います。しっかりしないといけないっていうのがあったので。

ーー相方さんのお金遣いについて何か思うことはないですか?

永吉さん:あの、僕はギャンブルはやりますけど全て研究をしてるので。

こういう買い方をしたら負けるとか、年を通して計画性を持ってやっているので。

そこはエクセルでちゃんとつけてますし、自分の買った馬券の傾向とか自分で分析してやってるんで、そのへんのギャンブル云々言ってる人達と一緒にしないでもらいたいですね(笑)。

そこまで借金も膨れ上がってるわけではないので。

井上さん:借金とか作ってないから

永吉さん:いや、借金はあります(笑)。

井上さん:ギャンブルに対してそこまで無いから、そこの金銭感覚は別に良いかなと思いますね。

永吉さん:食費を最小限にカットして、それをギャンブルに充ててるって感じですかね。

借金って言っても40万くらいしかないので。

井上さん:いや、結構あるよそれ(笑)。

永吉さん:40万を15年くらい維持してるって感じですね、キープなんです。

バブル以降の日本経済と一緒ですね。

井上さん:全然違うだろ(笑)。

ーーギャンブルで出来た借金ではなく、生活費ということですかね?

永吉さん:僕、昔ファミリーマートでアルバイトしてたんですけど、その時の店長が「ファミマTカード作らなかい?」って言ってきて、当時20代前半だったからあんまり詳しい事分からなくて…。

リボ払いっていうシステムをそこまで理解してなかったんですよね。

あれは金利がすごいんですよね、どんどん金利が膨れ上がって行くっていうシステムだっていうことに気付かなかったんで、いつの間にか膨れ上がってたっていう。

キャッシングとかだと過払い金が発生しますけど、リボ払いだと無いんですよね。

なので未だにその店長を憎んでます(笑)。

ーーお笑いの養成所などは行かれましたか?

永吉さん:僕は浅井の前にNSCに行ってます、東京10期生ですね。

ーー同期だとどなたがいらっしゃいますか?

永吉さん:オリエンタルラジオ、はんにゃ、フルーツポンチ、トレンディエンジェルとかですかね。

ーー皆さん割と早めに売れた印象がある方達ですが、何か思うことはありますか?

永吉さん:もう全く。他の人の人生なので。

僕は自分のことで精一杯なので、どうぞご勝手にやってくださいって感じですね。

ーーライバル視したりとかもなかったですか?

永吉さん:さすがに20代くらいの時は多少あったかもしれないですけどね。

今はもう全然、それぞれ頑張ってくださいという感じですね、結構会ってないですし。

井上さん:僕は養成所とか行った事が無くてそのまま浅井企画に入ったので、同期っていうのがほとんどいないんですよ。

だからそれがちょっとうらやましいんですよね。

唯一、浅井でほぼ同期のエーデルワイスっていうコンビがいたんですけど、解散しちゃったんですよね。

ずっと仲良くやってたんですけど。

ーー浅井さんにはネタ見せか何かで入られたんですか?

井上さん:前のコンビの相方が、また別のコンビで浅井にいたんですよ。

それがお笑いサークルの先輩で、それが解散して一人だけ浅井に残ったのでそこに僕が入ったって感じです。

だからネタ見せとかではなく…。

ーー浅井企画の先輩の「ずん」のお2人と仲良くされているとか?

井上さん:そうですね。

飯尾さんが番組から車をもらったんですけど免許をもっていなくて、「いつでも車貸してあげるから。」って言ってくださって、何度か借りたんですけど。

2回くらいタイミングが合わなくて借りられなかった時があって、そしたらわざわざ別日に家まで来て「ごめんな、これでレンタカー借りてくれよ。」ってお金だけくれて、そっから申し訳なくて借りづらくなっちゃったんですよね。

永吉さん:そのお金をまた机の上に置いといたら、親父が勝手に抜き取ってな…。

井上さん:そんなことないんだよ(笑)。

ブルーザーのプロフィール

名前(左):ブルーザー永吉

生年月日:1982年11月10日

血液型:A型

出身:東京都

趣味:東京ヤクルトスワローズ、競馬、ボートレース、プロレス、青春18きっぷで一人旅

特技:公営ギャンブル予想、段ボールたたみ

名前(右):井上ポイント

生年月日:1983年5月18日

血液型:O型

出身:東京都

学歴:早稲田大学 教育学部 理学科

資格:普通自動車免許、教員免許(高校理科一種)

趣味:節約、ポイントカード達人、キャッシュレス事情、サザエさんとのじゃんけん

特技:フラッシュ暗算、数学、物理、長距離走

お笑いコンビ・ブルーザー。ボケのブルーザー永吉の強烈なキャラクターに、井上ポイントが冷静にツッコむというコントを中心に、ライブシーンで活躍する。井上は趣味であらゆるポイントを駆使し、年間で数十万のポイントを集め、嫁と子供2人を養う節約家という一面も。早稲田大学出身という高学歴を活かし、講師や家庭教師を15年以上続けるなど、真面目な性格。一方の永吉はヤクルトを愛し、競馬を愛し、一人旅を愛する変わり者として知られる一方、大喜利が得意で実は天才ではないかと注目されている。

スポンサーリンク

ブルーザー出演!1月の浅井企画お笑いライブ詳細

ブルーザーのお2人も出演する、浅井企画主催のお笑いライブ「55 NEXT」。

毎月、55・54・53のという3段階に分かれたライブを開催しており、お客さんの投票によって昇格や降格が決定します。

前回、昨年12月に開催された同ライブでお客さんの投票により2位を獲得したブルーザーは今回、どのような結果となるのでしょうか?

名称:55 NEXT

日時:2022年1月11日(火) 開場19:20 開演19:30 (~21:00頃終演予定)

会場:バティオス with 藤崎翔(新宿区歌舞伎町2-45-4)

料金:会場観覧チケット 前売1,500円/当日1,600円(整理番号付き・全席自由)

購入はこちら:https://tiget.net/events/159897

MC:どぶろっく

出演:オテンキ/リクロジー/ミスター大冒険。/あはは/マリオネットブラザーズ/アモーン/ニュークレープ/ミリオンダラーベイベー/元祖いちごちゃん/鼻矢印永井/おちもり/ブルーザー/ドドん

(文・取材:Quick Timez編集部)

(写真:RYOSUKE MAEJIMA)