当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

ひろゆき「岸田政権の政局争いの結果」『アベノマスク』在庫8000万枚報道に疑惑の目

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

昨年、各家庭に配布された「アベノマスク」が現在8000万枚の在庫を抱え、保管費用として6億円をこれまでにかかっていることに議論を交わした24日の「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

するとその放送中、このタイミングで報道が出たことにひろゆき氏がある疑惑の目を向けるシーンがありました。

スポンサーリンク

ひろゆき、アベノマスク政策へ評価下す「責任を取るべきではない」

24日、大量の在庫を抱えていることが明らかになった「アベノマスク」について出演者らが議論を交わした「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

その放送中、ひろゆき氏が批判殺到するこの報道に見解を述べました。

昨年の春にかけて各家庭に配布された「アベノマスク」。

しかし現在8000万枚が余り、保管費用に6億円が費やされていることが報道されると批判の声が。

この件にひろゆき氏は「今でも世界中でマスクをしているので、もしアベノマスクが有用であれば配ってもみんな『欲しい欲しい』ってなると思うんですけど、今ですら欲しがる人がいなくて余っている状態なので、政策としては失敗と評価としてはそれでいいと思う」とコメント。

一方で「ただ、責任を取るべきではないと僕は思うんですよね」と指摘すると「あの状況で『アベノマスクをやります』と言った後に中国がマスクの増産を決めて世界中にマスクを配りまくったんですよ。その結果マスク不足が解消したんですけどそうならなかった可能性もあるのであの時点でガーゼのマスクを配るという判断をしたことは間違いではないと思います」とも。

その後も「ただ結果としてやったことは無意味で無駄でしたと。あの状況であの判断をするというのは仕方ないよねということで、全て正しい判断を求めるということは無理なので」と、愚策であることは否定し続けたひろゆき氏。

「無駄だったけど責任を取るべきじゃないというオチでいいと思います」とアベノマスク政策に評価を下していました。

スポンサーリンク

アベノマスク『6億報道』は意図的?ひろゆきは「政局争いの結果」

「アベノマスク」政策に対し、失策ではあったものの愚策ではなかったという評価を下したひろゆき氏。

しかし、在庫8000万枚を来月14日まで厚生労働省が希望者を募っていることには「厚生労働省の無能さがここに表れていますよね。電話可能にしてる時点で人件費を考えたら絶対にそうじゃないですか」と苦笑。

さらに、岸田政権になってこの報道が浮上したことへも「僕これ、岸田政権の政局争いの結果だと思ってるんですけどね」と疑惑の目を向けました。

「安倍さんがやらかしたことはよくなかったよねということで、安倍さんが岸田さんに対抗するのを止めるために『失敗したでしょ』ということを明確にするために廃棄を決めたと思う」とひろゆき氏が述べると、この日有識者として出演していた高橋洋一氏も「政治的にはそうですよ」と肯定。

すると、番組を観ていた視聴者からも、「深読みしすぎだと思うけど、案外そうなのかも」などと同様の意見を抱いたというコメントが。

政策決定から間もなく2年が経過しようとしている「アベノマスク」。

ここになって様々な情報が浮上している背景に何かしらの思惑があるのかもしれません。

(文:有馬翔平)