当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

カナメストーン東峰「ご飯よりも先にチップ渡す系の高級な温泉に…」狩野英孝との初対面を明かす

スポンサーリンク
インタビュー

斬新なボケに一度聴いたら忘れないツッコミを武器に、ライブシーンで活躍をする芸人からの支持が厚いお笑いコンビ・カナメストーン。

今回は、カナメストーンの東峰零士さんと山口誠さんのお2人にインタビューを敢行。

様々なお話を伺ってきました。

本記事では、インタビューの後編をお送りしますので、前編をご覧になっていない方はこちらからご覧下さい。

スポンサーリンク

カナメストーン東峰、オーディションライブ後に狩野英孝からDMが寄せられ「ニセモノか?」

ーー賞レースにかける思いなどがあればお聞かせいただけますか?

東峰さん:賞レースねぇ…。今年は結構行くんじゃないか?って言っていただいてて、その中で「M-1グランプリ」3回戦で負けてしまったっていうのが、自分たちの中で悔しいって気持ちもあるんですけど、期待していただいてた方達をもっと喜ばしてあげたかったっていう気持ちが強いですね。

山口さん:そうね、もう2022年はマジで…うん。

東峰さん:賞レースだけで言ったら、もう気持ちは2022年に向いてますね。

ーーやっぱり「M-1グランプリ」をメインに考えてますか?

東峰さん:もう「M-1グランプリ」しか考えてないですね。

漫才の才能も別にあるわけじゃないんですけど、コントの才能は本当の本当にないんで(笑)。

山口さん:いやもう本当にやめた方がいいよね(笑)。

ーーネタを拝見させてもらった感じだと、コントでも行けそうな感じもするのですが…?

東峰さん:そう言ってもらえることもあるんですけど、なんだろうなぁ…。

お笑い始めた当初だったら出来たかもしれないですけど、今もう恥かしくて出来ないんですよね。

何かの企画とかでユニットコントとかなら楽しいんですけど、2人でコント作ってそれをお披露目するっていうのが今はちょっと考えられないですね。

山口さん:昔、俺ら「キングオブコント」1回出たんですけど、NSCの講師に「漫才から逃げるな。」みたいなこと言われたんですよね。

東峰さん:未だにそれがね。

大阪と東京の対抗戦みたいなので、コテンパンに負けたんですよ。

その直後にコント1本やってみようかってなった時に、「逃げてるな」って言われてそっから漫才しか作ってないですね。

山口さん:「M-1グランプリ」以外から売れていくとかも考えられないですね。

ーー「ABCお笑いグランプリ」とかは、芸歴制限の関係で…?

東峰さん:ABCは芸歴制限で出られないんで、出られるんだったら出たいくらいです!

オズワルドも獲りましたからねぇー。

なんかもうオズワルドにもどんどん差つけられて…同じライブ出てたよな?

あいつら優しいんで未だに俺らの名前とかちょくちょく出してくれますけど、早く追いつかないとなって思いますよ本当に。

なんなら、オズワルドに漫才勝ちたいよね。

ーーお2人がライバルだと思うコンビはいらっしゃいますか?

山口さん:俺的には三四郎さん倒したいんですよね、ずっと。

東峰さん:めちゃくちゃ憧れが故にね。未だにお2人に良くしてもらってますし。

山口さん:オズワルドに関しては、昔ずっと一緒にライブとか出てましたけど、負けたなって思ったこと1回もなくて。

東峰さん:あいつらは俺らのこと良く言ってくれてんじゃん(笑)。

山口さん:だからそれは、あいつらには勝ってるからリスペクトしてくれてるんだよ。

東峰さん:なるほどね。世間は全くそんなこと思ってないけどね(笑)。

山口さん:そうなんだよ、だからずっと悔しいんだよね。

東峰さん:くそー!ってなるけど…良い奴だし(笑)。

山口さん:悪い奴じゃないから、悪口は絶対に言わないけどね!

ーーマセキさんの中で仲良くされてる方はいらっしゃいますか?

東峰さん:三四郎さんにはめちゃくちゃ良くしてもらってますね。

頻繁に遊んだりとかではないんですけど。

山口さん:「M-1グランプリ」のあとも相田さんが連絡くれて、「お前ら絶対決勝行けたよー。」って。

東峰さん:やっぱり面白い人って優しいんだよね!

小宮さんから衣装バッグもいただいて。

僕がボロボロのやつ使ってたら、「誕生日いつ?」って聞かれて「来月です。」って答えたら「よし、買いに行こう!」ってライブ終わりに新宿の高島屋に連れてってくれて。

山口さん:本当に優しいよね。

東峰さん:あと、1番良くしてくださってるのは狩野英孝さんですね。

僕らがマセキに入る前のオーディションライブからずっと気にかけてくださってて、毎年、年末年始は狩野さんの実家の神社にお手伝いに行かせてもらってるっていう関係性ですね。

ーー狩野さんはオーディションライブとかにも来られるんですか?

東峰さん:その時ちょうど狩野さんがヤンチャしちゃった時期で…。

禊みたいな感じでオーディションライブのMCをされてたんですよ。

そこで僕らのネタを見てくださって。

山口さん:そうそう、ライブが終わった翌日にTwitterのDMが来て。

東峰さん:「お前ら何してる?温泉行く?」みたいなのが来たんですけど、急過ぎてニセモノか?って思って(笑)。

でもちゃんと見たらホンモノの狩野さんでした。

ご飯より先に温泉に行ったんですよ。しかも、チップ渡す系の高級なところで。

山口さん:売れてるってこういう事なんだって思ったよね!

東峰さん:宿の予約も運転も全部狩野さんがやってくださって、焼肉行っても全部狩野さんが焼いてくださって、「俺らやります!」って言っても「俺が若手だった時に、焼肉って色々やらなきゃいけなくて大変だなぁって思ったから、それを思わせたくないんだよ。」って。

ただただ美味しいご飯を頂くっていう。申し訳なくなるよね!

山口さん:それに慣れちゃって、他の先輩たちにいつかボコられんじゃないかって(笑)。

東峰さん:それは気をつけなきゃいけないよね(笑)。

ーー今後コンビとしての将来像などはありますか?

東峰さん:まず漫才が面白いっていう所から行きたいなっていうのは強いですね。

もちろん最終的にはバラエティのテレビスターになりたくて芸人始めてるんで、出させてもらえるなら「ありがとうございます!!」なんですけど、順番で言ったら漫才が先だなっていう。

山口さん:番組オーディションとかも行きますけど、最終決定権のある方のところで落とされてると思うんですよね、たぶんですけど(笑)。

東峰さん:それは分かんないですけどね(笑)。

ーー漫才を中心にとなると、全国ツアーとかも?

東峰さん:やりたいです!僕ら2人とも茨城県の鹿嶋市出身なんですけど、そこで出来たら最高ですね。鹿嶋市の仕事めちゃくちゃしたいですもん。

山口さん:今そういう仕事を全部、カミナリが持ってっちゃってるんですよねぇー。

東峰さん:隣町なんですけどね!カミナリもまた良い奴なんですよぉー。

ちょっとくらい嫌な奴だったら文句言えるんですけど、みんな良い奴なんですよね(笑)。

ーーライブの告知等ございましたら…

東峰さん:マセキの事務所ライブの「バーガンディレッド」っていうライブに僕ら月1で出させてもらってて、一応「マザーライブ」って呼んでるんでそちらに来ていただけたら嬉しいです!

ーー「パンキッシュガーデンアワード2021」に対する意気込みなどはありますか?

東峰さん:最優秀賞なんて獲ったら事務所内で注目されるので、是非獲りたいですね!

やっぱり注目されるじゃないですか!

山口さん:注目される為にやってるからね。俺らが出てるバーガンディレッドは1番注目されてないんだよね。

東峰さん:言葉を選ばずに言うと、「もう先無いでしょ~お終いだよ~。」っていう。

事務所としてはそんな別にっていう感じですね。

山口さん:言葉を選んで言うとしたら「ヴィンテージ」ですね。

東峰さん:「オシャレヴィンテージ芸人!」みんな新品を欲しがる傾向にあるけど、ヴィンテージを盛り上げて最優秀賞を獲ったらもう1個盛り上がりそうな気もしますし、気持ちいいよね!そういった意味では獲りたいですね!

ーー最後になりますが、お2人にとってのお笑いライブの舞台とは?

東峰さん:ライブは全部に繋がると思ってるんですよ。

テレビにもそうだし、お客さんに知ってもらうっていうのもそうだし。

なので、『1番大事にしてる時間』かなぁ。

ライブに出るまでの準備期間もライブに含まれるじゃないですか?

山口さん:あの、3分5分だけじゃないんだよね。

東峰さん:お客さんに見てもらうのはその時間だけかもしれないけどね。

それこそ、どんな人間なのかっていうのを探す作業を永遠にしていくと思うんですけど、それはライブで培われたものなんですよね。だから『1番大事な時間』ですね。

山口さん:そうですねぇ…絶対負けたくないんですよね。ちょっとでも負けると、人間を否定されてる気がして。

なんか安い言葉でまとめたくないんだよなぁ。

東峰さん:常に感じてることで良いと思うよ。

山口さん:シンプルに絶対ウケたい、誰よりもウケたい…尖らずに言うなら(笑)。

たぶん皆さん個人で仰ってると思うんですけど、俺らって“ニコイチ”なんですよ。

ライブの平場とかでも、片方だけとかなくてボケてツッコんで1つみたいなのがあるんで…。

お笑いライブは、『カナメストーンが1番だと証明しに行く場所』だよね。

東峰さん:キマったーーー!!!

カナメストーンのプロフィール

名前(左):山口 誠(やまぐち まこと)

生年月日:1986年6月24日

血液型:AB型

出身地:茨城県鹿嶋市

学歴:静岡産業大学経営学部スポーツ経営学科卒業

資格:教員免許(中高保健体育)、免許 (準中型自動車免許)

趣味:危険生物の動画を見る、駅伝を見る、皮膚科に通う

特技:サッカーのボランチの知識、人物描画、良い皮膚科かどうか見極められる

名前(右):東峰 零士(とうみね れいじ)

生年月日:1986年12月19日

血液型:B型

出身地:茨城県鹿嶋市

学歴:拓殖大学商学部経営学科卒業

資格:免許 (中型自動車免許)

趣味:鹿島アントラーズ、ショッピング、洗濯、カナメストーンのことを呟いてくれているツイートにいいねを押す

特技:ボクシング、大声、街でカツラの人にいち早く気付く

その他:ボクシング総合体育大会新人戦 千葉県大会優勝(高校2年生)

ボケの山口誠と、ツッコミの東峰零士の2人からなるお笑いコンビ・カナメストーン。2人は中学校からの幼馴染みでプライベートでも親交が深く、12年もの間2人暮らしをしている。山口の奇抜なボケに、東峰のハイトーンボイスでのツッコミが特徴で、ネタの爆発力はライブシーンでも高く評価されている。

スポンサーリンク

パンキッシュガーデンガーデンアワード2021〜今年一番デカい花を咲かせたのはどいつだ!?〜

カナメストーンの2人も出演をするお笑いライブ「パンキッシュガーデンガーデンアワード2021」。

同ライブは、マセキ芸能社の定例ライブ「パンキッシュガーデン」を通して、様々な部門から表彰する笑いあり涙ありの表彰式ライブです。

2021年の最優秀賞に輝くのは、一体誰なのでしょうか?

名称:パンキッシュガーデンガーデンアワード2021〜今年一番デカい花を咲かせたのはどいつだ!?〜

日付:12月15日(水)

時間:18:00開場 19:00開演

場所:野方区民ホール(東京都中野区野方5-3-1)

料金:全席指定 前売\2,500(税込) 当日\3,000(税込)

販売:https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2129362&rlsCd=001

MC:きしたかの、スタンダップコーギー

出演:カナメストーン/パーパー/サスペンダーズ/春組織/徳原旅行/リップグリップ/カトゥー/かが屋 /寺田寛明/安原カラス/高田ぽる子/おべんとばこ/ガクヅケ木田/ニッキューナナ/カントリーズ福田/シンプソンマック

※都合により出演者が変更になる場合がございます。

(文・取材:Quick Timez編集部)

(写真:RYOSUKE MAEJIMA)