当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

京都大学出身のリップグリップ岩永、お笑いを始めたきっかけを明かす「ハイスクールマンザイの決勝を見て…」

スポンサーリンク
インタビュー

2人とも京都大学出身という高学歴なコンビ・リップグリップ。

なぜお笑いの道に進むことになったのか、そのきっかけやコンビとしての将来像などについてインタビューをしてきました。

スポンサーリンク

京都大学出身のリップグリップ岩永、お笑いを始めたきっかけを明かす

――まず、お2人がお笑いを目指されたキッカケからお伺いできればと思うのですが、岩永さんいかがですか?

岩永さん:僕ら勉強ばっかりやってる学校の中学・高校の同級生なんですけど…。

元々お笑いが好きで見てる側だったんですけど、「ハイスクールマンザイ」っていう高校生だけが出られるお笑いの大会があって、それの決勝をテレビで観て「ここなら優勝できるだろう」っていうので、ネタをとりあえず作ってたんですけど…。

誰からも良い返事をもらえなくてもう辞めるかなって時に、倉田が「このネタは面白いからイケる!」って言ってくれてコンビ組んだ感じですね。

ーー最初はお一人でやられてたんですか?

岩永さん:ネタを作った状態で、相方は後で探せばいいやって感じだったんですけど。

やっぱみんな勉強ばっかやってるんでお笑いに興味なかったりするし、実際にネタを見ても「こういうの恥ずかしいからやりたくない。」みたいな感じだったんですよ。

でもやっぱりそこで、“恥”とかいう常識が比較的に抜けてる倉田は…喜んでね?(笑)

倉田さん:なんか2分くらいのネタを書いたのが昼休みに回ってきてて、中3の文化祭で漫才やりたいんだって感じで。

たまたま教室で本読んでた僕に回って来たって感じだったんです。

進学校だったんでテレビとか見せてもらえなかったんですけど、テレビ見てないなりにそのネタを見て「めっちゃ面白いじゃん。」と思って、それで一緒に始めたみたいな。

ーーお笑いの知識がない中で、面白いと思われたのはすごい事ですよね!

倉田さん:たまに土曜日の夜に親と一緒に「めちゃイケ」見るくらいで、もしくは「笑う犬」とか。そういうのを家族で見るだけだったんで、当時はダウンタウンさんも知らなくて。

岩永さん:たぶん漫才とか見た事ないよね?

倉田さん:そうですね、漫才っていうものを知らなくて、2人の会話が書いてあったんでそれを読んだら面白かったっていう(笑)。

「これが漫才っていうんだ。」ってその時初めて日本の文化に触れましたね。

「なんでだよ!」ってあるじゃないですか?「これの理由が分からないから、なんでだよって言ってるんだよね?」とか聞いてたんですよ。

ーーお2人とも関東のご出身ですが、京都大学を選ばれた理由などは?

倉田さん:京都大学にしようって言ったのは岩永ですね。

岩永さん:高校2年生くらいの時に、毎月K-PROさんの学生お笑いライブに出させてもらってたんですけど…。

「大学受験したいからお笑い辞めるかもしれないです。でも将来的には続けたいです。」みたいなことを作家さんに話をしたら、「どこの大学にするの?」って聞かれて、「東大です。」って言ってたんですけど、コンビ2人でストレートで行けるとなると倉田がちょっと危ないかもって感じだったので、京大だったら行けるだろうってことで。

ーーちょっとお話がハイレベル過ぎて(笑)

岩永さん:蓋開けてみたら、倉ちゃんがちょっと…ね?

倉田さん:そうですそうです、浪人しました。本当は入れるはずだったんですけどね!

岩永さん:倉田が落ちた時にメールもらって、「漫才はずっと一緒にやっていきたい。」って言ってくれて、今後2人でやっていくんだって思いましたね。

倉田が落ちたことで分かったんで、落ちてくれて良かったなって思いますね本当に(笑)

ーー関東の他の大学ではなく、“京都大学”っていうのには何かこだわりがあったんですか?

岩永さん:1人暮らししたかっただけっていうので、東京に実家があるから慶応とか早稲田にしちゃうと実家から通わなきゃいけなくなって嫌だなぁって。

だから、関西にしようって感じでしたね。

ーーご両親はお笑いをやることに対してどうでしたか?

岩永さん:僕の両親は好きにすればって感じで。京大に行くのも直前に伝えて、お笑いやるのも事後報告みたいな感じでそれも全部許してくれましたね。

倉田さん:僕の親は嫌がったというか、京大入ったからその間は良いよって感じで、卒業したら3年で結果が出ないならやめなさいみたいな感じだったんですけど、コロナになっちゃったんで今全部をうやむやにしてますね(笑)。

実際にライブとかも出れてなかったですしね。

今ずっとロスタイムですね。

出来れば早いことテレビでも出れたら、親も納得するかなとは思うんですけどね。

ーーマセキ芸能社さんを選んだ理由はありますか?

岩永さん:僕がマセキにしたい!っていうのがあって。

なんかマセキのオーディションが1番僕らに向いてないと思ったんですよ。

マセキって、出川さんとか狩野さんとか、ちょっといじられキャラみたいな感じの人たちが多いイメージだったんで、僕らみたいなお高く留まってるみたいなのは受け入れらないんじゃないかなって。

逆にそこに受け入れられたら1個扉開けるんじゃないかなみたいな。

倉田さん:関西にいてもマセキは良いって話は広まってたんで、入れるものならマセキが良いねって。

岩永さん:でも最初にネタ見せした時の無反応さに、「あ、これ終わったわ。」って思ってその時に折れかけましたね。

ダメだって思ったら電話あって、後で聞いたら実は面白がってくれてたけどあえて笑わなかったみたいなことを聞いて、こっからまたもうひと頑張りしないとダメだなって思いましたね。

ーー京大に通ってるときは、吉本さんとか松竹さんとかに行こうなどは…?

倉田さん:最初はよしもと入れれば良いかなって感じだったんですけど、僕らが始めた時にちょうどNSC入らないと吉本に入れないみたいに制度が変わって、NSCに入るのはちょっと違うよねって感じで。

ーー養成所には通われてないんですね。ライブオーディションがメインでしたか?

倉田さん:そうですね。「スパンキープロダクション」っていう事務所の方に声をかけてもらって籍を置かせてもらって、事務所ライブとか寄席とかちょっとずつ出させてもらってました。

岩永さん:最終的には東京でマセキでって思ってたので夢が叶いましたね。

ーー今もネタは100%岩永さんがお作りになってますか?

岩永さん:そうですね、今も。

でも僕は完成度とか綺麗さみたいなのを意識しちゃってて、それを倉田がお客さんに伝わりやすいように簡単な言葉に直してくれたりして、ネタは100:0ですけど、披露する漫才になった時には倉田の力が3%くらい…。

倉田さん:でも最近、なんだかんだ岩永が書いたままの方が面白いんじゃないかって説も浮上してて。

ーーそれはどなたかに言われたんですか?

倉田さん:いや、僕の中でなんですけど。

「M-1グランプリ」とかで勝てる漫才ってなったら、逆にそんな簡単にしない方が良いかもって思ったり…。

岩永さん:マセキのライブが昼と夜であるんですけど、台本のままでやるのと倉田っぽくやるのとで全然違うネタみたいになってますね。

ーー学歴がない私が見ても不思議と内容が入ってきて面白いと思えるのですが、その辺りも考えて作られてますか?

岩永さん:正直、僕ら自身も何でウケてるか分からないネタがたくさんあるんですけど、お客さんの気持ちが分からない時がたくさんあって。

「ここウケるんだ!」ってことだらけなんですよ。お客さんの勘が最近鋭すぎるというか…。

ーー最近は色んな所からお笑いに触れあえますもんね

岩永さん:そうなんですよ。

理解してなくても、その空間を楽しんでるお客さんもいれば、こういうことが起こるんだろうって予想して笑ってるお客さんもいれば、分からないっていうので笑わないお客さんもいる。

でもみんな楽しんではいる、みたいな状態で。

「とりあえずネタ置いとくんで、色んな楽しみ方してください。」って丸投げにしてることが多くて。

ライブによっては大外しの時もありますし、逆に言えば他の人には出来ない作り方なんじゃないかなと思いますね。

リップグリップのプロフィール

名前(左):岩永 圭吾(いわなが けいご)

生年月日:1994年6月4日

血液型:A型

出身地:東京都江東区

学歴:京都大学法学部卒業

資格:免許 (準中型自動車免許、普通自動二輪車免許)

趣味:読書、サッカー観戦(レアル・マドリードの試合は18-19シーズンから全試合見てます)、音楽鑑賞、ゲーム

特技:勉強の指導(教え子を模試で全国1位にしました)、海外の実際にある変な法律を言える

名前(右)倉田 紘顕(くらた ひろあき)

生年月日:1994年6月11日

血液型:B型

出身地:神奈川県横浜市

学歴:京都大学総合人間学部卒業

趣味:「ハリー・ポッター」研究

特技:17世紀エリザベス朝の英語でシェイクスピアを演じられる

岩永と倉田の2人からなるお笑いコンビ・リップグリップ。2人とも京都大学を卒業している高学歴コンビで、高学歴を活かし学問を絡めたネタが多いのも特徴。ライブシーンでも高く評価されており、2人にしか作れない唯一無二のネタは必見。

スポンサーリンク

パンキッシュガーデンガーデンアワード2021〜今年一番デカい花を咲かせたのはどいつだ!?〜

カナメストーンの2人も出演をするお笑いライブ「パンキッシュガーデンガーデンアワード2021」。

同ライブは、マセキ芸能社の定例ライブ「パンキッシュガーデン」を通して、様々な部門から表彰する笑いあり涙ありの表彰式ライブです。

2021年の最優秀賞に輝くのは、一体誰なのでしょうか?

名称:パンキッシュガーデンガーデンアワード2021〜今年一番デカい花を咲かせたのはどいつだ!?〜

日付:12月15日(水)

時間:18:00開場 19:00開演

場所:野方区民ホール(東京都中野区野方5-3-1)

料金:全席指定 前売\2,500(税込) 当日\3,000(税込)

販売:https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2129362&rlsCd=001

MC:きしたかの、スタンダップコーギー

出演:カナメストーン/パーパー/サスペンダーズ/春組織/徳原旅行/リップグリップ/カトゥー/かが屋 /寺田寛明/安原カラス/高田ぽる子/おべんとばこ/ガクヅケ木田/ニッキューナナ/カントリーズ福田/シンプソンマック

※都合により出演者が変更になる場合がございます。

(文・取材:Quick Timez編集部)

(写真:RYOSUKE MAEJIMA)