当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

吉沢亮「オーラが消える」『晴天を衝け』で目の当たりにした俳優・草なぎ剛を明かす

スポンサーリンク
俳優・女優

画像:時事通信フォト

今月で最終回を迎える大河ドラマ「晴天を衝け」に出演している俳優・吉沢亮さんが5日、「7.2新しい別の窓」(AbemaTV)に登場。

同ドラマで共演した草なぎ剛さんの役者像に感銘を受けたことを明かしました。

スポンサーリンク

吉沢亮、『晴天を衝け』撮影現場で目撃した役者・草なぎ剛に「オーラが消える」

5日、現在放送中の大河ドラマ「晴天を衝け」に出演している俳優・吉沢亮さんを迎えて放送された「7.2新しい別の窓」(AbemaTV)。

その放送中、吉沢さんが草なぎ剛さんに対して「本心」を打ち明けるシーンがありました。

この日、吉沢さんを迎えて行われた同番組の「ホンネトーク!」。

「晴天を衝け」で徳川慶喜を演じた草なぎさんについて現場での印象を尋ねられると「僕、初めていうんですけどめちゃくちゃ大ファンだった」と幼少期からSMAPのファンだと告白。

そのため、撮影現場で草なぎさんを目の前にして「すごい緊張しちゃって…どうしようみたいになっちゃった」と舞い上がり「何も話せなかった」という状態に。

しかし、渋沢栄一として草なぎさんと向き合うとまた印象が変わったのだそう。

「草なぎさんとのお芝居は普段フランクな方なんですけど、いざお芝居になると草なぎさんのオーラが消えるというか」と草なぎさんの演技力に言及すると「本当にそこに慶喜としてただ立っているという状況になる」として「いい意味で緊張感も生まれますし、やってて色んなものを受け取れた気がしてすごく楽しい時間でしたね」と撮影を振り返しました。

一方で草なぎさんも吉沢さんとの共演に「僕も亮くんと芝居してて緊張もしていたし、またそういう先輩方とは違って若い人たちのエネルギーというものがすごい伝わってくるんですよ」とコメント。

「自分にはこういうエネルギーというものはないから、違うところを慶喜として出さないとなといつも現場で思っていて」と刺激をもらったことを明かしました。

すると、真面目な雰囲気の草なぎさんに香取慎吾さんが「ちゃんとしてますね!」と驚き。

「この番組で見たことないですよ!」とツッコミを入れてスタジオを沸かせていました。

スポンサーリンク

各方面から絶賛される役者・草なぎ剛

「晴天を衝け」で共演し、草なぎ剛さんの演技力を目の当たりにした吉沢亮さん。

「オーラが消える」という独特な表現で草なぎさんを称賛していましたが、実際吉沢さんと同じような感覚を抱いている業界関係者は多いのだと言います。

「昨年、映画『ミッドナイトスワン』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した草なぎさんですが、同映画で草なぎさんは映画関係者をいい意味でざわつかせました。香取さんもSNSに『芝居を辞めようと思った』とつづるくらい衝撃を受けたようですしね。しかしみな口を揃えて言うのは『自然体』ということです。草なぎさんはその役を違和感なくこなすことができ、三谷幸喜さんをはじめ作り手を魅了してしまうのだとか」(ライター)

自身の色を消すことが最大の武器である草なぎさん。

さらに「新しい別の窓」の放送で吉沢さんからも刺激を受けたことが明らかになると、

《吉沢亮さん、いい子やわー推せる!》

《大河ドラマ観てつよぽんが引っ張ってる印象もあったんだけど切磋琢磨してたんですね。吉沢亮さんありがとうございます》

《いやー来年も楽しみだな》

などとファンからはさらなる飛躍に期待の声が。

日本アカデミー賞に続き、大河ドラマでも視聴者を魅了し続ける草なぎさん。

来年以降もその活躍から目が離せません。

(文:有馬翔平)