当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

黒柳徹子「なかなか言えない」瀬古利彦が明かす長男との最期の会話に思わず涙

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

今年4月に長男を34歳という若さで亡くした元マラソン選手・瀬古利彦さんが1日、「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演。

息子との最期の会話を明かすと、黒柳徹子さんも感涙するシーンがありました。

スポンサーリンク

瀬古利彦、今年4月に死去した長男との最期の会話を回顧

1日、今年4月に長男を亡くした元マラソン選手・瀬古利彦さんが「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に登場。

長期間続いた長男の闘病生活、そして長男との最期の会話について明かしました。

血液のガンとも言われる「ホジキンリンパ腫」に侵された瀬古さんの長男。

瀬古さんは闘病生活についてこの日、「本人も『苦しい』だとか『痛い』だとか、一回も言わないんですよ」と振り返り「マラソン選手になるんだったらうちの子の方が向いていたと思います。あれだけ我慢できるんだから」と長男の我慢強さを表しました。

また瀬古さんと長男の間では闘病中、マッサージを習慣としていたそう。

そのきっかけも、瀬古さんがマッサージをしてあげたところ「お父さん、話がある」、「僕一日の中でなにが一番楽しみかと言ったら、お父さんのマッサージが一番楽しみだ」と長男の会話だったようで、「飲んで帰ってもマッサージしてやるから待ってろ」と、以降は毎日マッサージを行うようになったのだとか。

しかし、それでも病状は進みとうとう最期の入院へ。

すると、痛み止めのモルヒネを打つ直前に長男から電話が。

その電話に出られなかった瀬古さんに長男は「お父さん!なんで僕がこんな大事な時に電話に出ないんだ!」と激怒。

ただその後、「僕、お父さんに最期に言うね。もう声出せなくなるから言うね」、「僕、お父さんのこと大好きだよ!」と告げられたのでした。

「『ありがとう…ありがとう…』って泣いちゃった。大好きだって言われたの初めてなんです」と長男との最期の会話を振り返った瀬古さん。

「今までマッサージしてあげて良かったと思って。だから天国に行っても悔いがないんです。やり切ったんで」と悔いのない闘病生活だったと述べていました。

スポンサーリンク

黒柳徹子も思わず涙…瀬古の話に「ダメだ」と視聴者も号泣

「大好きだよ」という長男との最期の会話を明かした瀬古利彦さん。

すると、瀬古さんの話に耳を傾けていた黒柳徹子さんも涙声になり「そんなことね、なかなか男の子は恥ずかしくて言えないですよ」、「でもそう思ってらしたんでしょきっと」と震える声でコメントを絞り出しました。

また瀬古さんが明かしたエピソードには番組を観ていた視聴者も号泣。

《瀬古さん、明るく振る舞っているけれど、その辛さがわかるだけにこっちもしんどい…》

《あかん…こういう話はダメだ。涙腺が崩壊してしまう》

《瀬古さんのキャラとのギャップがある分、涙が止まらなくなった…今日は喜怒哀楽が激しい回だ》

などと、涙なしには視聴することができなかった様子。

放送内で元中日ドラゴンズ・山本昌選手の娘と次男が結婚したことも明かした瀬古さん。

孫が生まれる予定だということも明かし、「生まれ変わりだと思ってる」と孫の対面を楽しみにしていることを語りました。

(文:有馬翔平)