当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ひろゆき「やりたい人だけやればいい」忘年会・新年会文化の根絶訴え

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

新型コロナウィルス感染者の全国的な減少に伴い、飲食店への制限が解除となりつつあることを特集した22日の「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

すると、今年の忘年会・新年会の開催事情にMCひろゆき氏が「忘年会・新年会廃止論」を提案しました。

スポンサーリンク

ひろゆき、忘年会・新年会文化の根絶訴え「やりたい人だけやればいい」

22日、新型コロナウィルスの感染者減少に伴い各地で飲食店への制限が緩和されていることを議題に挙げた「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

その放送中、今年の忘年会・新年会の開催事情にMCひろゆき氏が持論を述べました。

この日、感染が下火になっても忘年会の予定がないという企業が7割も存在することを扱った同番組。

7割と多くの企業が忘年会に消極的なことに、感染症アドバイザーの堀成美氏は感染者が出た場合に「叩かれるから」と、批判を受けることを恐れているという見解を示しました。

すると、この数字にひろゆき氏は「忘年会、新年会を楽しみにしてる人って大体若手じゃなくて年いってる人が、飲み会やりたいとかじゃないですか」とコメント。

さらに、ひろゆき氏はその後「これを機にやりたい人だけやればいいと。『私は飲み会とか行きたくないです』って人は行かなくていい、そういう文化に変えていった方がいいと思うんですよね」と忘年会・新年会の廃止を提案。

「なんか会社だから強制参加みたいな、あの文化自体が間違いだと思うので」とコメントすると、堀氏も「それを批判しないことが重要だと思います」、「その中で感染する人も出てくると思いますけど、その人たちを批判しないようにもするべき」とひろゆき氏の持論に賛同を示していました。

スポンサーリンク

忘年会は廃止するべきなのか…視聴者の反応は?

各企業が忘年会開催に消極的という特集に、「やりたい人だけやればいい」と忘年会・新年会の廃止を訴えたひろゆき氏。

その後も「人によっては既往症があってワクチンを打てない、高齢者の方と同居しているので飲み会なんか行ってる場合じゃないんですみたいな人もいるわけじゃないですか」とも述べ再度、廃止を主張しました。

すると、番組を観ていた視聴者はこの廃止論を支持、「忘年会は廃止してよし。特に誰も困らない」、「給料出さないのに幹事とかアホかって思う」などと、忘年会・新年会を廃止することへコメントが殺到しました。

ただ、そもそも忘年会を開催することに嫌気が差している人々は多かったのだという。

「2019年。コロナ禍直前にとある企業が採った『忘年会・新年会参加の意思』にまつわるアンケートの結果があります。結果を見ると『参加したくない』という割合が7割。コロナ禍関係なく忘年会など会社で開催される飲み会にはいい印象を抱いている人は少なかったのです」(ライター)

新型コロナに関係なく悪印象を抱かれていた忘年会。

ひろゆき氏の提案通り、忘年会・新年会は廃止すべき悪習なのかもしれません。

(文:有馬翔平)