当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

長嶋一茂「ずっと○○って読んでました」地震被害で明るみになった恥ずかしい勘違いを告白

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

昨日、関東地方で発生した地震の影響を伝えた8日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)。

震度5強の揺れで脱線した「日暮里・舎人ライナー」の状況を伝えると、長嶋一茂さんが「勉強になった」と頷くある出来事が。

スポンサーリンク

長嶋一茂、地震で被害に『日暮里舎人ライナー』に驚き

8日、昨夜関東地方で発生した最大震度5強の地震の被害を伝えた「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)。

その被害を伝える報道で、長嶋一茂さんがある知識を得たことに深く頷くシーンがありました。

昨夜、関東地方を襲い停電や水道管の破裂、またそれに伴う帰宅困難者の出現など甚大な被害を出した地震。

中でも震度5強を計測した東京・足立区内を走る「日暮里・舎人ライナー」は、地震の影響で走行中の車両が脱輪、乗客がケガを負うなどの被害が。

そして地震の情報を伝え、特集を一通り終えてエンディングを迎えた同番組。

すると一茂さんは、「あの…ずっと『しゃじんライナー』って読んでました僕」、「あれ『とねり』って読むんですね」と、「舎人(とねり)ライナー」を誤読していた明かしました。

この事実にコメンテーターの玉川徹氏も大爆笑。

また、一茂さんは「いつからですか?」と羽鳥アナに問いかけると、羽鳥アナは「昔から。大昔に『とねり』っていう職業…」と説明しようとするも「まあいっか」と断念。

「『しゃじん』じゃない?」と食い下がる一茂さんへ、「『とねり』でお願いします」と指摘していました。

スポンサーリンク

「コメンテーター失格」知識不足に辛らつも声が上がる一方で…

「日暮里・舎人ライナー」を「しゃじんライナー」と勘違いしていたことを明かした長嶋一茂さん。

番組はそのまま、羽鳥慎一アナウンサーが「勉強になったそうです」と一言でまとめて終了を迎えました。

「舎人」といえば平安時代に以前に、皇族・貴族の身辺警護などを担当した職業の一つ。

しかし義務教育の日本史でも学ぶ単語を覚えていなかった一茂さんに対し、「舎人も読めないならコメンテーター失格だろ」などと辛らつなコメントが。

ただ、「舎人ライナー」を初見で読める人は少ないという。

「一茂さんが読めないことに厳しい声の集まった『舎人ライナー』ですが、ネット上では一茂さん同様に読めないと言う声がたくさんありました。そのほとんどが関東外に住んでいるであろう人々。やっぱりいくら日本史で学んでいようが、舎人という言葉を初見で読める人は少ないですよ」(ライター)

また今回の地震であの有名なアナウンサーも誤読を起こしていたのだとか。

「『newsZERO』の有働由美子アナは昨日、埼玉の免許センターがあることで有名な『鴻巣(こうのす)』を『ごうのず』と誤読してましたよ。難読地名の中には『北島』で『きったじま』というところもあります。批判するのではなく、難読地名を即座に正確に伝えようとすることへ拍手を送ってほしいものです」(前同)

全国各地にある難読な地名。

それをタレントやアナウンサーにすべて把握しておくことを望むのは酷すぎる話のようです。

(文:有馬翔平)