当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ひろゆき「突き抜けちゃってもいい」小室圭さんの結婚を熱烈応援

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

先週、およそ3年ぶりに日本のメディアの前に姿を現し反響を呼んだ小室圭さんを24日、「ABEMA Prime」(AbemaTV)が特集。

長髪でメディアを無視する様子にバッシングが相次いだことに対し、MCのひろゆき氏が持論を述べました。

スポンサーリンク

ひろゆき、小室圭さんへ突撃したメディアを嘲笑「気にしすぎ」

24日、同日3年ぶりにメディアの前に姿を現した小室圭さんを特集した「ABEMA Prime」(AbemaTV)で、MCのひろゆき氏が相次ぐ小室さんへのバッシングに持論を述べるシーンがありました。

FNNのカメラが捉えた小室さん。

長髪でワイヤレスイヤホンを耳にし、記者の問いかけを一切無視する様子に「感じが悪い」などSNSでは批判が。

すると、一連のバッシングにひろゆき氏は「見ましたけど、あれは完全にパパラッチですね」と小室さんではなく記者の取材に言及し、「嫌がらせしてるからメディアが悪いだろうと僕は思いました」とコメント。

このひろゆき氏の持論に、「『話す必要のある立場の人』でもあるかなと思うんですけども、ここはどうですか?」と反対の立場だった平石直之アナウンサーから問いかけを受けることに。

しかし、ひろゆき氏は「一個答えちゃうと他のメディアもガンガン来ちゃうので、立ち行かなくなっちゃうんですよね」、「誰であっても答えないというのが正解だと思いますけど」と反論。

さらに、ひろゆき氏は「姿を捉えられてないって、普通に生活していただけだと思いますよ。メディアに出るのが仕事じゃないので」と苦言を呈し、「メディア側と一般国民と呼ばれる方が、あまりにも2人のことを気にしすぎだと思ってるんですよ」と一騒動となっていることを一蹴しました。

スポンサーリンク

「突き抜けちゃってもいい」小室さんの結婚を後押し

小室圭さんをめぐる報道に苦言を呈したひろゆき氏。

その後、「20代の男女が結婚します、好きにしたらと僕は思うんですよね」とすると「その方がたまたま天皇家の子孫だろうと、天皇家の中にいるのがいやだ、じゃあ外出て結婚します、それはいいと思うんですよ」と結婚を応援。

また、皇族についても「平成に天皇だった方が『天皇やるのいやだ、辞めるわ』と言って辞めたわけじゃないですか」と言及。

「一生懸命やってくれている令和の天皇とかはすごいと思うんですけど、でももうできないという人が自由に生きたいと言ったら、『じゃあもう勝手に生きてください。自由にしてください』で僕いいと思うんですよ」と皇族の方々への人権配慮を求めたのでした。

さらに、ひろゆき氏は「なんで20代の男女の結婚をみんな、『あれが良くない。これが良くない』とか『親がどうだ』とか騒ぐ方が僕はおかしいと思う」とも述べ、「突き抜けちゃっていい」と指摘。

「『俺は日本を出て結婚します』ということで印象を残してアメリカで成功してもらった方が、若い人たちにとっても重圧を抜け出してアメリカで成功するってカッコイイよねとなる思うので、僕は好きな道を進んでもらった方がいいんじゃないと思いますけどね」と若者の目標になるとも述べたのでした。

小室さんの結婚について理解を示したひろゆき氏。

一時は小室さんにバッシングの矛先を向けたネット上でしたが、ひろゆき氏の言葉に「確かにそうかも」、「メディアもひどい」と頷く声が広がっていました。

(文:有馬翔平)