当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

大島由香里「食育ではない」『100日後に食われるブタ』に苛立ちあらわ

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

春先にYouTubeにチャンネルが開設され、注目を集めていた「100日後に食われるブタ」。

先日、ついに100日目が公開されると国内外から批判を集めたことを5日、「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)が特集。

すると、100日目に公開されたその動画に大島由香里アナウンサーが持論を述べました。

スポンサーリンク

大島由香里、『100日ブタ』に顔を引きつらせ「ナンセンス」

5日、今年の春先にYouTubeチャンネルが開設され賛否を集めていた「100日後に食われるブタ」について特集を組んだ「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

先日、ついに公開された100日目の内容に大島由香里アナウンサーがコメントを発信しました。

物議をかもす中で公開された「100ブタ」の100日目。

「最後は食べないのではないか」と推測される中、公開された動画では飼育していたミニブタらしきブタを丸焼きにする様子が流れ、その様子に国内外から批判の声が。

しかし、動画の最後では「この動画はフィクションです」と真相を有耶無耶にさせたことにこの日、「本当に食べたか食べてないのかは、あえて炎上を回避するために曖昧にはしている部分ではあるんですが」と回答した投稿者。

さらに、「食べ放題の店とかで安易に食べきれなかったら残すみたいな人が、ちょっと頭によぎるだけで必要以上に頼むのはやめておこうかなとか、そういったきっかかけに少しでもなれば」と改めて動画投稿の目的を訴えました。

ただ、この投稿者のコメントにスタジオ出演者らは「よくわからなくなった」、「許せないと思った」などと眉をひそめる事態に。

さらに、大島アナは「いやあ…これミニブタってそもそも食用じゃなくてペット用のミニブタなんじゃないかって」と表情を引きつらせると、「そのミニブタを100日間愛でるだけ愛でて、愛情をかけて育てて、それを丸焼きにして食べるというのは、どう考えても私の中ではナンセンス」とバッサリ。

「子供には積極的に見せようとは思わない動画」とコメントした上で、「YouTubeでバズるために、回数を稼いで儲けを出すためにやっているとしたらそれは食育ではないんじゃないのと思っちゃいます」と動画の趣旨を全目的に否定しました。

スポンサーリンク

「食育ではない」動物虐待を指摘する声も

「ナンセンス」と、飼育してきたミニブタを丸焼きにする企画を切り捨てた大島由香里アナウンサー。

ただ、その大島アナのコメントには視聴者からも「その通り」、「これは食育ではない」と意見も相次ぎ、中には「動物虐待で通報するべき」などと法律に抵触していることを疑う声もありました。

しかし、100日目までには企画を支持するファンも一定数いたものの、なぜ最終回にここまで荒れてしまったのでしょうか。

「この企画は『100日後に死ぬワニ』のオマージュなのは簡単に想像つくのですが、正直中途半端感が否めなかったというのが正直な感想です。100日までに投稿されている動画も豚の前で豚肉を食べるといった食育とはかけ離れた動画を投稿したり、最後には一度後押しをもらった2ちゃんねる創始者のひろゆき氏に『100日目はどうしたらいいですか?』と丸投げしたり…食育ならフードロスについて議論する動画内容だっていいはずですし、エンタメなら最後『やっぱり食べられませんでした』で終わればよかったと思います。結局、悪ふざけのような動画を投稿して最後に『食べ物って大事だよね』と主張するあたりが詭弁だと反感を買ったのでしょう」(ライター)

最終的には批判が殺到した件の動画。

やはりその背景には、100日間で命を軽視する描写があったからなのでしょうか。

(文:有馬翔平)