当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

朝ドラ『おかえりモネ』、キンプリ永瀬廉の苦しすぎる告白に視聴者「吐き気がしてきた」

スポンサーリンク
ジャニーズ

画像:時事

King&Prince・永瀬廉さんが出演する朝ドラ「おかえりモネ」(NHK総合)。

2日放送の79話では永瀬さん演じる及川亮が、ヒロイン・永浦百音(清原果耶さん)に自分の想いを伝える重要なシーンが放送されました。

しかしその告白シーンに「吐き気がしてきた」、「重すぎる」と視聴者から反響が巻き起こる事態に。

スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』、ついにりょーちんが告白「わかってんでしょ?」

2日、今週回で気仙沼の幼馴染がモネこと永浦百音(清原果耶さん)の下宿先に「汐見湯」集まった「おかえりモネ」(NHK総合)。

その第79話となる回で、及川亮(永瀬廉さん)がモネに想いを伝えるシーンが放送されました。

モネにだけ悩みを相談する亮、医師である菅波(坂口健太郎さん)が気になるモネ、そして亮が姉のことを気にかけていることに苛立つ妹の未知(蒔田彩珠さん)…という四角関係状態となっている同ドラマ。

この日、築地へと買い出しに出かけた幼馴染らの輪に、「みんな、あっちでさっき買ったお土産分けるって」とモネが亮を誘う際に話題のシーンが。

お馴染みのところへ「行こう」と亮に促すモネ、するとその瞬間にモネの腕を掴む亮。

驚いた顔で振り向くモネに「ごめんな」とつぶやくと、「俺、昨日なんかモネに変なこと言った」と電話で「ごめん。俺なんかモネしか言える人いない」と伝えてしまったことを謝ったのでした。

これに「別に変なことじゃないよ。話したいなら聞くし」と返答するモネ。

しかし、亮は「違う。そういう意味じゃない」と否定するとモネを引き寄せ「わかってんでしょ?」と、自身の言葉が文字通りではないと、隠してきた気持ちがそこにはあると口に。

そんな亮の想いにモネは「なんでもするって思ってきたよ。りょーちんの痛みがちょっとでも消えるなら」とした一方、「でもこれは違う。私はりょーちん(亮)のこと、かわいそうだとか絶対に思いたくない」と拒絶。

そして「それでもいい」と食い下がる亮に、「これで救われる?」と毅然とした態度を取ったのでした。

モネの言葉に「怖え…こういうのほんと怖えわ。ごめん、俺誰かを好きだとかそもそもいいんだった」我に返った亮。

「怖えじゃん死ぬほど好きで、大事なヤツがいるとかさ」、「その人が目の前から消えたら、自分が全部壊れる…そんなの怖えよ」と再び自分の気持ちに蓋をしました。

スポンサーリンク

「吐き気がする」朝ドラ史に残る名シーンに反響続々

曲がりに曲がった告白シーンを放送した2日の「おかえりモネ」。

さらにその後、姉が告白されているところを目の当たりにした妹・未知が「正しいけど、冷たいよ」とモネにきつくあたると視聴者の感情が大爆発。

《朝からこれは重い…これは朝ドラじゃなくて月9あたりの内容。でも見入っちゃう》

《りょーちんの『わかってんでしょ』も、モネの『これで救われる?』も苦しすぎて吐き気がしてきた…》

《ついに告白と思ったらすごい展開だった…朝ドラ史に残る名シーンですよ》

などと、続々とコメントが寄せられることに。

「視聴率が悪いことから頻繁に『駄作』なんて言われる『おかえりモネ』ですが、今日のシーンは鳥肌が立ちました。もう心が弱り切っている亮。亮を受け入れたらダメになることがわかっているからこそ突き放したモネ。若さ故に姉にあたる未知。言葉数は少ないものの、若者の心の弱さと強さを表現できた朝ドラでも数少ないシーンだったと思います」(芸能ライター)

いびつ過ぎた告白シーン。

しかし目をそむけたくなる展開も、その生々しさに称賛が集まったようです。

(文:有馬翔平)