当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ラランド・ニシダ、美人彼女と同棲生活を公表も…クズすぎるエピソードに批判殺到「ただただ不快」

スポンサーリンク
お笑い芸人

(※画像はイメージです)

22日に放送された「爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!」(テレビ朝日系列)。

同番組ではこの日、お笑いコンビ・ラランドのニシダさんに関する特集が組まれましたが、その内容があまりにもクズすぎるとして批判が殺到しています。

スポンサーリンク

ラランド・ニシダ、美人彼女と同棲「マッチングアプリで出会いました」

22日に放送された「爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!」(テレビ朝日系列)。

この日の放送では、お笑いコンビ・ラランドのニシダさんに関するクズエピソードが公開されました。

昨今、お笑い芸人はゴシップやスキャンダルによって活動休止を余儀なくされている現状を受け、同番組ではゴシップの卵を調査。

噂の真相を確かめるべく本人を直撃するという内容となっていました。

マヂカルラブリー・村上さんを慕う10人の女性「村上ガールズ」や、四千頭身・後藤拓実さんの彼女などについて特集される中、最も注目を集めたのがニシダさんに関するエピソード。

相方サーヤさんによれば、InstagramのDMに「ニシダに遊ばれた女」と称する女性から、メッセージが送られてきたそう。

そこで真相を確かめるべく、番組が本人を直撃すると「性に奔放な時期があった。相手の女性とはマッチングアプリで出会った」と、全くうろたえる様子もなく語ります。

さらに、自宅へと案内をされた番組スタッフでしたが、その自宅は現在ニシダさんと彼女が同棲をしているというマンションの一室だそうで、名義は彼女のものだとか。

「本当に彼女さんですか?」の質問には、「本当です」と答えたニシダさんの彼女。

「いつ頃から付き合ってるんですか?」との問いかけには、「去年の秋くらい。マッチングアプリで出会った」と、ニシダさんは明かしていました。

家賃や生活費についてニシダさんの彼女は「食費、生活費、家賃、全部払ってない。家事もしない」と暴露。

これほどまでに尽くす理由については、「レディファーストな一面もあります。何か『食べましょう』ってなったときに、『あなたからどうぞ』って言ってくれる」としていましたが、どうやらこの一本槍の様子。

この状況には「騙されてるんじゃないの」、「それだけ?」とワイプ越しのスタジオメンバーも騒然。

しかし、ニシダさんはマッチングアプリや親からの仕送りはもうしていないと誓っており、改心した様子を見せていました。

スポンサーリンク

ニシダのクズエピソードに批判殺到

スタジオに戻るやいないや、サーヤさんは「めちゃくちゃ、(マッチングアプリを)スワイプしてます。全部有料会員なんですよ。携帯代今10万円なんですよ。その10万円とかも、親に払わせてるんですよ?」と、ニシダさんの嘘について暴露をします。

続けて、「ニシダは、親をブロックしてるんですね?そのせいで、マネージャーに全部連絡がいくようになってて…『家にこういう請求書が届いてるんですけど?』っていうので、全部筒抜けで…」と、実家からの連絡がマネージャーに直接届くため、支払い関係について全て筒抜けだったと明かしました。

さらに、「携帯料金とか税金とか、カードの請求とかが全部実家。で、親が全部払ってて。、一人暮らしするって言って100万円入れてもらったりとか…。」と、100万円を振り込んでもらったと話していました。

これに対しニシダさんは「いや、本当に。家庭内振り込め詐欺みたいなことです。」と悪びれる様子もなく告白。

スタジオにいた新井恵理那さんは、「こんなの許せない!男の中のクズです」と絶句し、四千頭身の都築拓紀さんも、「今後バラエティで、こういう人面白がるのやめませんか?真面目に生きてる人がバカを見るんですよ」と怒りを滲ませていました。

視聴者も同じような感想を持ったようで、

《ラランドのニシダさんだけは笑えない…クズってだけで面白さがわからない》

《ニシダ、演出だとしてもただただ不快》

《面白くもない ただのゴミクズが笑いを取ってる・・・》

《芸人ってなんなん?ニシダってほんとに死にきかけなきゃ、変わらんのちゃう?》

《都築いいこと言った! クズで性悪なエピソードでウケをとる芸人がホント大嫌い!》

《これニシダ本人が一番悪いけど、ニシダの親も甘やかしてて悪いよなぁ。 下手したら詐欺どころか刃傷沙汰になるぞ…》

などと、批判的な意見が大量に寄せらる結果に。

実家とは絶縁状態だったり、友人宅を転々としながら女性関係がだらしなかったりと、クズエピソードを挙げればキリがないラランドのニシダさん。

視聴者や番組制作サイドに飽きられないうちに、何か武器を磨いておく必要があるでしょう。

(文:服部慎一)