当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

EXIT兼近「俺、こんな女の人イヤなんだけど…」高級車ナンパ実験での女性の態度にドン引き

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

加速していると言われて久しい若者の「車離れ」。

しかし近年は自動車の購入率だけでなく、免許を所持しない若者も30%を超えたということから5日の「ABEMA Prime」(AbemaTV)で、自動車は必要、不要の議論を交わす特集が放送されました。

すると、MCであるEXIT・兼近大樹さんが女性のある行動にドン引きするシーンが。

スポンサーリンク

EXIT兼近、自動車の必要性を正直に告白「都内にいる限り…」

5日、若者の急速な車離れについて自動車ジャーナリスト、自動車不要論者、様々なゲストを招いて議論を交わした「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

その特集の中で、自動車番組も担当しているEXIT・兼近大樹さんが持論を正直に述べるシーンがありました。

様々なメディアで若者の「車離れ」が取り上げられてから久しいですが、自動車免許すらも取得しない若者が3割を超えたという現在。

兼近さんは、「北海道に住んでる時は本当車って必要だなと感じていたんですけど」と、地元・北海道在住時には自動車の必要性を感じていたものの、「都内にいる限り、本当趣味以外の必要性はないなと正直感じてて、やっぱ『カッコイイ』とか『ステータス』として持つとか人に見せる自慢する、あと旅行に行く時しか使う時がないんで」と、都内に住んでいる現在はその必要性をあまり感じていないと明らかに。

そして、自動車の番組を持っていることからの遠慮なのか「正直、不要論者の一員なのかなと思ってしまいますよね」と、自身が不要論者に近い立場であることに苦笑を浮かべていました。

スポンサーリンク

兼近、高級車ナンパ実験での女性の態度にドン引き

自動車の必要性に対し、「不要論者の一員なのかなと思ってしまう」と自身も不要だと感じていることを告白した兼近大樹さん。

しかし番組ではその後、自動車の必要性に関係なく兼近さんがドン引きする事態が。

それは「高級車はステータスか?」という議題に対し、同番組が紹介したYouTubeチャンネル「ゲンキジャパン」の動画。

件の動画では路上で女性に声をかけるいわゆるナンパをし、断られた後高級車に戻ったら女性はどのような反応を示すのか実験する様子が映し出されていました。

すると、黄色いスポーツカーに男性が戻っていくと一度はナンパを断った女性が踵を返し、男性に対し「カッコイイですね」と声をかけ、さらにそのままデートに出かける姿に兼近さんは「マジ?これ?マジ?」とあ然。

高級車を見て態度を変える女性に「俺、こんな女の人イヤなんだけど…怖くないですか?」、「怖い!怖い!あんなんでついて来られたら…怖すぎるよ」と絶句した様子を見せました。

ただ、兼近さんが顔を引きつらせたことに番組を観ていたファンはどこか安堵したよう。

《『こんな女の人ヤダ』と絶句する兼近さん、ものすごく素直でよろしい。》

《高級車についてくる女子いやだは激しく同意笑笑》

《見栄っ張りな男も最悪だけど、態度変える女はもっと無理。鳥肌立ったよ》

などと、真っ当な兼近さんの反応を絶賛していました。

男性からの人気が高い一方、女性が選ぶ「迎えに来られたらダサいと思う自動車」には近年ランクインしている高級車。

しかし、高級車を目の前に態度を一変させる女性が一番ダサいというのは男女共通の認識のようです。

(文:有馬翔平)