当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

古市憲寿「オリンピック1秒も観てなかった」堂々の告白に視聴者から大反響

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

開会から4日目、体操個人総合で金メダルを獲得した19歳の橋本大輝選手。

内村航平選手に続く日本勢3連覇、そして体操界に現れた新星を29日の「めざまし8」(フジテレビ系)が特集すると、コメンテーターの古市憲寿さんがある指摘を口にしました。

スポンサーリンク

古市憲寿「オリンピック1秒も観てなかった」堂々の告白に永島優美もあ然

29日、昨夜行われた東京オリンピックの体操個人総合で見事金メダルを獲得した橋本大輝選手の快挙を伝えた「めざまし8」(フジテレビ系)。

その放送中、コメンテーターの古市憲寿さんが初めてオリンピックに対して持論を述べました。

10代で金メダルと日本体操史上の快挙に、出演者らが興奮した様子で伝えた同番組。

すると、MC谷原章介さんが「普段スポーツ観ない古市さん、体操は観てたそうですね?」と古市さんへ水を向けるシーンが。

この谷原さんからのパスに「いや昨日『めざまし8』のスタッフから『オリンピック何観ましたか?』って言われて、1秒も観てなかったので慌ててテレビ点けたらたまたま体操やってたんですよ」と古市さんは釈明。

他の出演者とは異なる温度感に永島優美アナウンサーも思わず「ええ!」と、驚きの声が漏らしていました。

しかし、急遽つけたテレビにもかかわらず古市さんはその後、「点けた瞬間が吊り輪の問い合わせ?をしてる瞬間で、『この点数果たしてどうなんだ』ってすごい議論が行われていて」と現場が混乱していた状況に言及。

「人間って宙ぶらりんな状態が一番ストレスじゃないですか。悪いなら悪いで、気持ち切り替えられるんだろうけど、わかんないって状態で次の跳馬というのも選手としてはやりにくいところですよね」と、橋本選手を気遣う様子を見せました。

スポンサーリンク

「見習いたい」視聴者からは拍手

急遽観戦した男子体操個人総合種目について、選手を気遣うコメントを述べた古市憲寿さん。

以前からオリンピックだけでなく、スポーツ観戦に「興味ない」と主張し続けた古市さんが的確にコメントを出す様子に、谷原章介さんも「1秒も観ていないと言いつつ、具体的なことをピンポイントで指摘する」と絶賛。

しかし、視聴者は谷原さんとはまったく別のところで古市さんに感銘を受けたよう。

《世の中にはコロナじゃなくてもオリンピックというか、スポーツに関心のない人だっているんだ。その中で自分を貫く古市さんすごい》

《多く著名人が手のひらを返す中、今も興味ないと言い続ける古市。ある意味すごい》

《永島アナのリアクションにビックリだよ。全員がオリンピック観なきゃいけないの?》

などと、ある意味で芯の通った古市さんのスタンスに拍手が巻き起こっていました。

その後、「いつも実況ってすごいんですか?『イケル』とか『ヨシ』とか騒いでるだけの実況って多いんですか?」と、通常通りスタジオを騒然とさせる毒を吐いていた古市さん。

ただ、ここまでくると一周回って清々しさを感じることができるのかもしれません。

(文:有馬翔平)