当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

小山田圭吾と元妻・嶺川貴子の離婚理由!父親の介護疲れや不倫が原因だった?

スポンサーリンク
歌手

(※画像はイメージです)

19日、自身のTwitterを更新した小山田圭吾さん。

自身が楽曲を担当する東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、担当から辞任することを発表しました。

過去のいじめ騒動が原因だった小田さんですが、息子さんや元妻・嶺川貴子さんに対しても誹謗中傷が相次いでいます。

スポンサーリンク

小山田圭吾の元妻・嶺川貴子さん、いじめ問題で飛び火し誹謗中傷が寄せられる

19日、自身のTwitterを更新した小山田圭吾さん。

自身が楽曲を担当する東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、担当から辞任することを発表しました。

小山田さんは、25年前に音楽雑誌のインタビューで、障害を持った同級生に対して壮絶ないじめをしていることを嬉々として語っており、その内容が明るみに出ると瞬く間に炎上。

発覚からわずか4日間で、辞任に追い込まれてしまいました。

小山田さんは2000年に、ミュージシャンだった嶺川貴子さんと結婚。

翌年に息子さんの小山田米呂さんを授かりますますが、2012年に離婚をしております。

小山田さんからしてみれば、嶺川さんは元妻という立ち位置になるのですが、この元妻だったという肩書きが災いしてしまい、嶺川さんのSNSにも誹謗中傷が飛び火。

「元旦那を強く注意する事が必要だな」などのコメントで溢れかえってしまった結果、嶺川さんは現在、ツイートを非公開にしています。

息子さんにも、元妻にも飛び火してしまっているこのいじめ問題。

小山田さんの息子さんについて詳しくはこちら→小山田圭吾の息子・小山田米呂さん、父のいじめ問題によりSNSのコメント欄が大荒れに

息子さんや元妻に対して攻撃的なツイートがされていることを受け、実業家のひろゆきさんも自身のTwitterで、「どういう理由で正当化出来てるのかわかる人います?」と疑問を投げかけていました。

スポンサーリンク

小山田圭吾と元妻・嶺川貴子の離婚理由!父親の介護疲れや不倫が原因だった?

そもそも、小田圭吾さんと元妻・嶺川貴子さんはなぜ離婚をしてしまったのでしょうか?

嶺川さんは離婚をした当初、写真週刊誌の突撃取材を受けており、そこで離婚の真相を語っていました。

当時、極秘離婚と言われていた小山田さんと嶺川さんですが、嶺川さんによれば「離婚は隠していなかった」とのこと。

離婚した理由については、「理由は皆さんと同じで、気持ちのすれ違いの重なりです」と答えていました。

また、離婚してもなお、小山田さんが休みの日は息子さんと過ごしたりしていると発言をしたり、「保護者会で遅れたから、これから夕飯を作る」など、インタビューでは赤裸々にプライベートを告白していました。

気持ちのすれ違いに関してですが、当時小山田さんの両親と同居をしていた嶺川さんは、小山田さんの父親を介護しており、介護疲れが原因との見方も。

また、小山田さんがナイトクラブで不倫相手と共に遊んでいた、との目撃情報も当時はあったりようです。

不倫や介護疲れが原因で、気持ちのすれ違いが起きてしまい、結果的に離婚をしてしまったのでしょうか?

一方の嶺川さんも、小山田さんと同じ「Flipper’s Guitar(フリッパーズ・ギター)」のメンバーだった、小沢健二さんと過去に交際していたという噂もあります。

小沢さんが映画「リバーズ・エッジ」のために書き下ろした楽曲「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」の歌詞内に、

「僕の彼女は君を嫌う 君からのファックス隠す 雑誌記事も捨てる」

「その彼女は僕の古い友人と結婚し 子供を産み育て離婚したとか聞く」

という歌詞が出てきます。

僕の古い友人と結婚して子供を産み、離婚をしたというこの意味深な歌詞は、元彼女だった嶺川さんと小山田さんのことを歌い上げたと、音楽業界やファンの間では有名な話のようです。

結果的に嶺川さんにとって小山田さんとの離婚は、今の炎上状態を考えると、正解だったのかもしれません。

(文:服部慎一)