当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました
文:服部慎一

ドラマ『最高のオバハン 中島ハルコ』、結婚詐欺師の役名『小室敬』が大炎上

スポンサーリンク
TV番組

(※画像はイメージです)

24日に放送されたドラマ「最高のオバハン 中島ハルコ」(フジテレビ系列:東海テレビとThe iconの共同制作)。

同番組に出演をしたとある登場人物をめぐって、物議が醸されています。

スポンサーリンク

フジ系列のドラマ「最高のオバハン 中島ハルコ」、結婚詐欺師役の役名が大炎上

24日に放送されたドラマ「最高のオバハン 中島ハルコ」(フジテレビ系列)。

同番組は、毎週土曜23時40分〜放送されているドラマで、東海テレビとThe iconの共同制作により放送されています。

原作は、林真理子さんの「最高のオバハン」シリーズ小説で、大地真央さんが演じる美容外科医・中島ハルコがと松本まりかさん演じる弱小出版社の編集者・菊池いづみとの生活を描いた痛快エンターテインメント。

24日の第3話では、女医御用達の婚活パーティー「女医コン」に参加するといった内容が放送されました。

そこで、いづみは古澤蓮さんが演じるイケメン精神科医が出会って良い感じとなったのですが、経歴を詐称していることに罪悪感を感じながらも急接近をしていきます。

意外な結末にネット上も盛り上がるなど話題となっていましたが、それ以上に物議を醸したのが古澤さんが演じるイケメン精神科医の役名。

その役名が「小室敬」となっており、結婚詐欺師として紹介されていたのです。

この役名が明らかとなると、ネット上では瞬く間に炎上。

《フジテレビさすがにやり過ぎだと思う》

《ひたすらに悪趣味だし、いじめ的陰湿さがある。制作に関わる人、何十人もいたはずなのに誰として疑問の声をあげられなかったのか。》

《どうみても集団リンチ。人権侵害レベルに達しており、BPOで問題にすべき》

《法的な問題は無いとは思いますが、訴えられるリスクはありますよね。さすがに本人からの訴えがあれば名誉毀損的な意味で

《完全に一線超えてるよね?これってBPO案件では。バカ視聴者に迎合して悪ノリ過ぎる。》

などの意見が数多く寄せられていました。

スポンサーリンク

「小室敬」は小室圭さんを彷彿とさせている?

集団リンチやBPO案件などと批判が殺到していた「最高のオバハン 中島ハルコ」でありますが、なぜ炎上をしているのかといえば、この役名の「小室敬」が小室圭さんを彷彿させている可能性があるからです。

小室圭さんは、2017年9月に眞子さまとの婚約が内定していました。

しかし、実の母親と元婚約者の間で金銭をめぐるトラブルがあったと報じられており、結婚が今まで延期の状態となっているのです。

同ドラマでも古澤さん演じる「小室敬」は、母親の浪費癖による借金問題を抱えており、いづみにその借金の代理返済をお願いしてきたといいます。

こういった一連の流れを揶揄していると思われるため炎上したのでしょう。

制作は東海テレビとThe iconの共同制作とのことですが、東海テレビは以前も「セシウムさん騒動」という騒動を引き起こしている過去があります。

東日本大震災が発生から5ヶ月が経過した2011年8月、同局が報じたローカル番組内の通販内で、岩手県のお米を3名にプレゼントするという企画の際に放送事故が発生。

なんと、当選者の発表の画面が切り替わると、「怪しいお米 セシウムさん」や「汚染されたお米 セシウムさん」といった文言が映し出されたのです。

本来、「怪しいお米」や「汚染されたお米」の欄には当選者の住所が、「セシウムさん」の欄には当選者の氏名が載せられる予定でしたが、あまりにも不適切な内容だったことから同番組アナウンサーの「考えられないような不謹慎な内容でした」と番組内で謝罪。

同社の社長も急遽記者会見で謝罪をするなど、前代未聞の事件へと発展したのです。

こうした経緯などがあることから、今回の「小室敬」という役名も「東海テレビだからわざとやっただろ」という意見があるほど。

もし仮にわざとやっていたとするのであれば、相当悪質な行為といえるでしょう。

(文:服部慎一)