SNSで最新の記事を受け取る

嵐『K-POPのルーツ発言』で非難集中との報道…ファン「おかしい」「悪意しかない」との声

スポンサーリンク
トレンド

画像:時事

4日、K-POPのルーツが「ジャニーズ」にあると発言したとして嵐が世界から批判を受けているという記事が波紋を広げています。

非難集中する現状に嵐ファンの反応は?

ad
スポンサーリンク

嵐、「K-POPのルーツはジャニーズ」で非難集中?ファンは「おかしい」と疑問を指摘

昨日、新国立競技場で「アラフェス2020」を開催した嵐。

新型コロナウィルスの影響で無観客ライブだったにもかかわらず、動員数500万人、経済効果300億とも言われ大盛況でライブを終わらせました。

しかし翌4日、その嵐が口にしたとされるある発言が波紋を広げることに。

それは韓流ポータルサイト「wowKorea」が報じた記事に記載されていた発言で、同サイトによると「アラフェス2020」の直前にアメリカ芸能メディアの取材に応じていたという嵐。

取材では昨年死去したジャニー喜多川氏の功績に松本潤さんが「不滅の功績を作りあげた」と言及し、「現在の日本人以外のグループもジャニー氏が作り上げた基礎にルーツを置く」と述べたのだそう。

これが世界のK-POPファンから非難殺到していると同サイトは報じたのでした。

ただ、非難集中の報道を耳にした嵐ファンは冷静。

「一言もK-POPはジャニーズがルーツなんて言ってなくない?」

「記事が悪い。対立を煽ろうとしているように感じる」

「ねじまげてるだけじゃん」

「ものすごい悪意を感じる」

などと、記事の印象操作を指摘し、K-POPファンへの批判をしないよう広く呼びかけました。

 

スポンサーリンク

ジャニーズを参考にした例もある

しかし実際には過去、K-POPがジャニーズを参考にしたというエピソードも。

東方神起や少女時代など、日本でも知名度のあるグループが所属している「SMエンターテインメント」、その創始者であるイ・スマン氏はジャニー氏が作りあげたアジアのダンスパフォーマンスと、アメリカンポップスを掛け合わせて「K-POP」を誕生させたのだとか。

ただ今回は、過去の「J-POP」と「K-POP」の関係性を一切無視し、国際問題を匂わせるメディアの手法に批判が及ぶことに。

実際のK-POPファンが嵐に対してどのような感情を抱いているのか、その実情も把握したいところです。

(文:有馬翔平)