SNSで最新の記事を受け取る

『グッディ!』で熱中症のレポーターに対し、安藤優子が半笑いで取材強行させ、大炎上

スポンサーリンク
未分類

画像:時事

19日放送された、「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系列)。

同番組では、連日厳しい暑さに見舞われる全国各地の様子をレポート。

京都の中継をした女性ディレクターでありますが、熱中症の様な症状になりかけているにも関わらず、スタジオの同局・安藤優子キャスターがレポートを強行させようとし、大きな批判が相次いでいます。

スポンサーリンク

安藤優子、熱中症で呂律も回らないレポーターに対し、取材強行させるパワハラ

19日放送された、「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系列)。

同番組では、連日厳しい暑さに見舞われる全国各地の様子をレポートし、熱中症の恐ろしさや危険性を訴えておりました。

全国の中でも特に暑いと言われる、京都を取材していた同番組。

午後2時という最も暑い時間帯で、さらに炎天下という条件は最悪のレポートでありました。

レポートした女性ディレクターは、京都・嵐山にある渡月橋の前から中継。

画面がスタジオから切り替わるやいなや、「こちら京都です。かなり暑くて頭がフラフラしてきます」と暑さを訴えると、手元にある温度計を見せます。

手元の温度計で40.1℃を観測する猛烈な暑さに見舞われた渡月橋付近ですが、女性ディレクターは終始息を切らしながらレポート。

道ゆく人についても言及し、「歩く人はもちろん対策をしております。日焼け止め塗るって方ももちろんなんですけど、あとはペットボトルを凍らせて、そこにきゅうりを凍らせてきたりだとか…」と対策についてを説明。

しかしながら、「あとはですね、あの〜なんだっけな…すいません、ちょっとですね…暑すぎて頭がボケッとしてるんですね…」と用意してきた取材内容を忘れる場面も。

自身の危険を察知したのか「(スタジオに)お返ししておきますね」と発した女性ディレクター。

この突然のレポートを受け、スタジオでは安藤優子キャスターが「え〜、返しちゃうの!?」と驚愕。

「あたし、返されたのね?」と念を押した安藤キャスターは、「もう一回、お返ししていいですか?」と中継先のディレクターに確認。

これに応えようと、女性ディレクターはフラフラになりながらも必死にレポートを続けますが、呂律が回らず、支離滅裂な言葉を発します。

さすがにスタジオからは、「え、可愛そう〜」「休憩したほうがいいんじゃない?」と心配の声が。

頑張って続ける女性ディレクターを尻目に、「はい、ありがとうございました〜」と半ば強制的に中継はストップ。

これを受けてもなお、「関西の方は、きゅうり持ってらっしゃる方いますよね?」と半笑いで話を逸らした安藤キャスター。

放送を見ていた視聴者からは、

《安藤優子さんて本当に最低なんだな…人目につく仕事をするべき人じゃないね。不愉快でした》

《パワハラというか、サイコパスやんこいつ》

《きゅうりの話の前に、レポーターの体調を真っ先に心配しろ》

中継中もスタジオ戻ってからも何を1人ヘラヘラ笑っとる…イタすぎるわ。 安藤以外は心配しとるのに…ズレまくってるわ

京都の暑さ中継ほんと安藤優子ひどいな。話があっちこっちいっててヤバい状況なのは明白なのに、スタジオが引き取った後の話題が関西人のキュウリ。しかも笑ってる

と、批判的な意見が相継ぎました。

ちなみに、スタジオにいたカンニング・竹山隆範さんは「ただでさえ、渡月橋は暑いからすぐ車の中入って休んだほうがいいですよ」と、体調を気づかっている様子でした。

【関連】大相撲現役力士・勝武士さんの死去をめぐり、『グッディ!』が『たらい回し』と表現…「悪意ありすぎ」と炎上

 

スポンサーリンク

危険すぎる暑さ!熱中症の初期症状に注意

明らかに熱中症とみられる症状にも関わらず、中継を続けようと努力していた女性ディレクター。

中継中は呂律は回らず、終始息切れをしている様子でした。

暑さで体温が上昇すると、体にこもった熱を外に逃がして体温を下げるように体が反応します。

まず、皮膚の血管が広が流ことで、全身を流れる血液の量が減り、血圧低下します。

すると、脳への血流が減少することから、酸素不足に。

急激な血流や血圧の変化が生じることで、顔面から血の気が消えると共に、めまいや立ちくらみ、一時的な失神といった症状が生じるのです。

呼吸の回数も増え、脈は速く弱くなり、唇のしびれなどが起こることも。

呂律が回らず、息切れも激しく、考えてきたことがまともに喋られないグッディの女性ディレクターはまさに、熱中症の初期症状であったと言えるでしょう。

安藤優子キャスター自身は、エアコンの効いた涼しいスタジオから中継を見ているだけですので、猛烈な暑さの大変さなど全くもって理解していないのかもしれませんが、初期症状が目に見えてわかる状態だっただけに、報道する人間としていち早く気づいてあげるべきだったでしょう。

命の危険につながる熱中症。

酷暑でのロケの在り方も、見直さなければいけません。

(文:服部慎一)