お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

『テラハ洗濯事件』を受け、元凶となった男性メンバーと同姓同名の一般人にも誹謗中傷の被害が

スポンサーリンク
TV番組

(※画像はイメージです)

今月23日、22歳という若さでこの世を去った女子プロレスラー・木村花さん。

木村さんをめぐっては、出演していた人気恋愛リアリティショー「テラスハウス」(Netflix/フジテレビ系列)での言動にSNSで誹謗中傷がされたことにより、自殺したと考えられています。

その「テラスハウス」ないで起きたとある事件において、一般人にも波紋が広がっている模様です。

ad
スポンサーリンク

木村花さん死去を受け、「テラハ洗濯事件」を引き起こした男性と同姓同名の一般人にも誹謗中傷が

今月23日、22歳という若さでこの世を去った女子プロレスラー・木村花さん。

同日に所属団体「スターダム」が公表したのですが、あまりにも若すぎる女性の死に日本中に波紋が広がりました。

死因については詳しいことは分かっていないものの、自宅から遺書のようなメモが発見されたことから、ほぼ間違いなく「自殺」と考えられており、その自殺の原因がネット上からの誹謗中傷だった可能性が浮上。

木村さんは、女子プロレスラーとしてだけでなく、2019年10月から放送の、人気恋愛リアリティショー「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」(Netflix・フジテレビ系列)に出演するなど、タレントしても活動していました。

しかし、同番組内に出演した際に、一つの事件が勃発します。

それが、「コスチューム洗濯事件」。

木村さんは、プロレスのコスチュームが命の次に大切だと語っていました。

作中では、洗濯機に洗いを終わったコスチュームを入れたまま外出をしてしまったそうで、その事に気がつかなった他の男子メンバーが誤って洗濯。

2度洗濯されてしまった事により、コスチュームが縮んでしまうのですが、これを受け「もう使えない」と木村さんは激怒。

男子メンバーは謝罪をしていましたが、怒りは収まる事がなくそのまま放送は終了しました。

この一件を受け、木村さんのSNSには誹謗中傷が殺到し、これに絶えられくなったため、自殺をしてしまったと考えられています。

しかしながら、木村さんの訃報を受け、世間では正義を振りかざす視聴者が別の攻撃の標的を見つけて、誹謗中傷を繰り返す結果に。

コスチュームを誤って洗濯してしまった男子メンバーと、同姓同名の一般男性に対し、 Twitterで悪口を書き込むなどの被害も発生したのです。

「何件かこのアカウントに誹謗中傷が来まして…」と悲痛の胸のうちを明かした、一般の男性。

テラスハウスがもたらした悲劇の余波は、思わぬところにも広がりを見せています。

 

スポンサーリンク

加速しすぎた「テラハ」の暴走

1人の尊い命を奪ってしまった、恋愛リアリティショー「テラスハウス」。

同番組は、「用意したのは素敵なお家と素敵な車だけです。台本は一切ございません。」という謳い文句で一斉を風靡し、ドキュメンタリーであることを強調してきました。

しかしながら、スタッフの証言によれば、指示通りに撮影できない時は「テイク2」や「テイク3」にまで発展する事があるのだそう。

出演者も、「売れたい」という一心から、必死でスタッフの指示通りに動き、その結果リアルとの境界線が分からなくなり、誹謗中傷などのトラブルも頻繁に発生してしまったのです。

また、同番組では以前、出演者同士による強制わいせつ事件なども発生しているそうで、示談交渉が成立して事なきを得た事例も。

さらに、「収録中の出来事は口外しない」や、「収録中の出来事は番組は一切責任を負わない」といった契約書にまでサインをさせられるのだそう。

「テラハの暴走」と言われ、Twitterでは一時、トレンド入りする事態となった「テラスハウス」。

台本のない”リアル”な生活を描いていた作品であっただけに、その失った代償はあまりにも大きなものとなりそうです。

(文:服部慎一)