バカリズムは夢眠ねむとの結婚を匂わせていた?アメトーークでの発言が話題に

スポンサーリンク
お笑い芸人

ピン芸人のバカリズムさんこと、本名・升野英知(ますの・ひでかず)さんと、アイドルグループ「でんぱ組.inc」の元メンバー、ねむきゅんさんこと夢眠ねむさんが結婚を発表しました。

バカリズムさんは根っからの「胸好き」であることを公言しておりますが、夢眠ねむさんとの結婚にも関係がありそうです。

この記事では、バカリズムさんと夢眠ねむさんの結婚について、過去に「アメトーーク! (テレビ朝日系)」に出演した際の発言が、交際を匂わせているという噂などについてまとめております。

スポンサーリンク

バカリズムと夢眠ねむが結婚を発表

24日、お笑い芸人のバカリズムこと本名・升野英知(ますの・ひでかず)さんと、アイドルグループ「でんぱ組.inc」の元メンバー、ねむきゅんさんこと夢眠ねむさんが結婚をしたことが明らかとなりました。

結婚については、バカリズムさんの所属する、マセキ芸能社の公式HPで発表されたほか、夢眠ねむさんも自身の作品配信サイト「note」において、結婚を報告しております。

バカリズムさんのお相手である、夢眠ねむさんは、アイドルグループの「でんぱ組.inc」の元メンバーでありましたが、今年1月にグループを脱退、3月には芸能界を引退しており、現在は自身が運営をする「夢眠書店」という、東京都世田谷区下北沢にある書店の経営に携わっているそうです。

バカリズムさんはマセキ芸能社のホームページにおいて、「仕事を通じて知り合い、数年間の友人関係を経てお付き合いが始まり、この度結婚する運びとなりました」と、報告をしております。

この突如の結婚報道を受けて、

「バカリズムさん、お相手のことあまり知らないけど、顔が似てるしお似合い」

「ねむきゅんもバカリズムも大好きなのでとてもハッピーです」

「バカリさんとねむきゅんの結婚とか、何だよこのクリスマスプレゼントは」

などの、祝福のコメントが寄せられました。

 

スポンサーリンク

バカリズムは夢眠ねむとの交際を匂わせていた?

自他共に認める女性の「胸」好きとして知られるバカリズムさんでありますが、2019年11月28日放送のテレビ朝日系列の人気トークバラエティ「アメトーーク! 」に出演をした際に、夢眠ねむさんとの交際を匂わす発言をしていたのです。

11月28日放送の「アメトーーク! 」では、トークテーマや括りを決めずにフリーで話す、「立ちトーーク」という企画が放送され、フットボールアワーさん、オアシズ・大久保さん、とにかく明るい安村さん、品川庄司・品川さん、中川家・礼二 さん、バカリズムさん、霜降り明星さん、 アンタッチャブルの山崎さんらが出演をしました。

O.A.の中では、バカリズムさんは数多くのトークを披露しているのですが、中でも際立ったのが女性の胸に関する話です。

根っからの胸好きであるバカリズムさんは、近くで見たいがあまり顔を近づけるそうですが、それでは全体像が見えなくなってしまうため、結局、心が満たされないという内容でした。

夢眠ねむさんは、現役時代、グラビア活動なども積極的にこなしており、抜群のプロポーションがウリだったのですが、そのことをバカリズムさんが「アメトーーク! 」の番組内で匂わせていた?と、ネット上では話題です。

「アメトーーク! 」の番組収録の時点で、夢眠ねむさんとは交際をしていると思われますから、急遽、この話題を話したのかもしれません。

これが、匂わせと言われる理由です。

 

スポンサーリンク

夢眠ねむもバカリズムとの交際を匂わせていた?

夢眠ねむさんと、バカリズムさんの交際のきっかけや馴れ初めに関しては、こちらの記事で詳しく解説をしておりますが、どうやら番組共演がきっかけだった模様です。

2019年3月19日に放送されたネット番組「猫舌SHOWROOM 豪の部屋(SHOW ROOM)」に出演した夢眠ねむさんですが、その際にはバカリズムさんへの感謝は尊敬の気持ちを、以下のようにコメントしております。

「升野さんも大好き。天才ですね」

「天才だし、私が病まなくなったのって升野さんのおかげで。」

こうしたコメントの節々に、バカリズムさんとの交際を匂わせていたのかもしれません。

また、夢眠ねむさんは「升野軍団」という軍団に属しているそうで、夢眠さんの他に、土岐麻子さんや、小出祐介さん、ハマ・オカモトさんなどもいるそうです。

この軍団に所属していることからも、夢眠ねむさんは、以前からバカリズムさんとは親しい関係性にあったという何よりの証拠でしょう。

細かいところではありますが、バカリズムさんを呼ぶ際に、本名である「升野さん」と呼んでいるあたりに、匂わせの雰囲気を感じてしまうのも無理はありません。

(分:F.S)

 

コメント