菊池風磨、空自の美人パイロットを目の前に「生き別れの双子の可能性が…」

文:服部慎一
ジャニーズ事務所モデル
スポンサーリンク

画像:時事

6日に放送された「超絶限界 ~陸上・海上・航空自衛隊 ソコまで見せる!?大百科~」(フジテレビ系列)。

同番組でSexyZoneの菊池風磨さんが生き別れた双子のような女性(ジャスミンさん)と、運命の再会を果たしました。

スポンサーリンク

SexyZone・菊池風磨、空自の美人パイロットを目の前に「生き別れの双子の可能性が…」

6日に放送された「超絶限界 ~陸上・海上・航空自衛隊 ソコまで見せる!?大百科~」(フジテレビ系列)に、MCとして出演をしたSexyZoneの菊池風磨さん。

ジャニーズ事務所の所属タレントとして初めてとなる、航空自衛隊のF-15戦闘機に試乗をしました。

同戦闘機に乗るにあたり「航空自衛隊 入間基地」にて、座学や気圧に関する実技訓練を行なった菊池さん。

「座学を4時間受けるなんて、本当に大学ぶりですから…」と、途中睡魔に襲われながらもなんとか座学をクリア。

そしてチャンバーとよればる、低圧訓練装置の中で、酸素が地上の4分の1まで低下する環境下で酸素マスクを外し、計算をするという過酷な訓練も。

簡単な引き算の問題が出題されていましたが、最後の方には計算ミスを連発。

しかしながら、「苦しいとか、気持ち悪いとかそういうのはないんですよ。」と、低酸素状態についてもコメントをしていました。

実際に戦闘機に搭乗をするため、「航空自衛隊 千歳基地」へと移動をした菊池さんは、ここで運命の出会いを果たします。

パイロットは、空で名前を呼び合う際に「TACネーム」と呼ばれる愛称を用いるのですが、同基地で一番若いパイロットとして、TACネーム・ジャスミンこと藤井百香さんが紹介されます。

ジャスミンさんは、航空自衛隊でわずか数人しかいない女性パイロットで、菊池さんが配属された201部隊では唯一の女性パイロットの方。

「去年乗り始めたのは、F-15は2年目になります。」と、自己紹介をしたジャスミンさんに、菊池さんは、「おいくつなんですか?」と、質問。

すると「27歳です」との回答が。

これに食い気味で菊池さんが「何年生まれの、27歳ですか?」と発すると、「95年の3月です」と、ジャスミンさんも自衛隊らしくハキハキと答えます。

「え、俺とめちゃくちゃ近いですね」と、テンションマックスの菊池さんは「俺は、95年の3月7日なんですよ。」と、嬉しそうに話すと、ジャスミンさんが「あっ!同じ誕生日です!」と、興奮気味。

生年月日が同じだったことを受け菊池さんは、「え?マジで??俺、コロナ禍じゃなかったら、今ハグしてるわ。可能性としては生き別れの双子の可能性がある」と、コメントを残していました。

スポンサーリンク

生年月日だけじゃない!菊池風磨とジャスミンさんとの意外な共通点

生年月日が一緒ということで、盛り上がりを見せた2人ですが、さらに奇跡的な共通点が。

「女子校出身で、慶応義塾大学を卒業してから、就活で自衛隊を…。」と、自衛隊入所の経緯を語ったジャスミンさんに、「ちょっと待って、俺とほぼ同じ人生を歩んでいる。僕は男子校で、大学慶應で…」と、菊池さん。

実は菊池さんは、SexyZoneとしてデビューをし活動をする傍ら、慶應義塾大学にも通っていた経験があり、2013年に同大学を卒業しています。

この運命的な出会いに、ジャスミンさんも「もしかしたら、どこかですれ違っていたかもしれませんね。」と、コメント。

菊池さんも、「マジじゃん!今日、F-15に乗らずに、ずっと2人で喋ってていいですか?」と語り、笑いを誘っていました。

(文:服部慎一)