当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

『水ダウ』で検証したK.カズミは本当に実在するのか?番組が仕組んだ架空の人物説などの議論が

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事通信フォト

1日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系列)で大きく取り上げられた都市伝説級の人物、K.カズミさん。

番組内ではその真相が明かされましたが、ネット上では放送後も彼女をめぐり様々な噂が飛び交っているようです。

スポンサーリンク

K.カズミの真相に賛否両論?「オチがあっけない」との声も

Yahoo!知恵袋にのみ出現し、数々の怪物級エピソードを投下する人物・K.カズミさん。

身長は2m13cm、大食いファイター3人がかりでも食べきれない量のお蕎麦をひとりで食べきる、中華鍋を折り曲げる…といった耳を疑う逸話の数々に、彼女は実在するのか?とインターネット上で噂になっていました。

そこで同番組は徹底調査をスタート。

彼女に関する情報を軒並み調べ尽くし、K.カズミさんが実在することを突き止めました。

番組にはK.カズミさん本人が出演し、Yahoo!知恵袋のアカウントは〝なりすまし〟であること、数々のエピソードも大食いの記録以外はほぼ全てが嘘であることを明かし、放送は終了。

今回はネタバレ回避のため事前告知もなく、視聴者からは「一編のミステリーを観ているようだった」という絶賛の声が寄せられました。

またフードファイターをも唸らす「お蕎麦82段」という大食いの記録に対する称賛も多かった様子。

その一方で、この結末に疑問を抱いた視聴者も少なくないようです。

《オチがあまりにもあっけない》

《K.カズミ、色々と疑問符ばっかだったな》

《パーテーションの向こうにいたのがK.カズミとは限らない》

など、まだまだ彼女の存在を信用しきれないという声も。

中には番組側がしかけた裏テーマがあるのでは?と考察を始める人も続出しました。

スポンサーリンク

本当にいるの? K.カズミは番組が仕組んだ架空の人物説

番組ではK.カズミさんにインタビューを実施する様子が流れましたが、はたして本人だったのでしょうか?

インタビューを受けていた人物の身長は167cm程度で、体型もいたって普通に見えました。

外見に関してはなりすましの嘘情報だったとしても、実際にその場で大食いを実践してもらうわけでもなく放送は終了したため、徐々に「K.カズミは架空の人物なのでは?」という声があがりはじめています。

Twitterでは大食い記録を残した「和食麺処サガミ」を経営する株式会社サガミホールディングスについて調べたところ、創設者である加藤 佐嘉さんの奥様の名前が「加藤 和美」であると指摘する声も。

たしかに、奥様の名前「加藤 和美」をイニシャルで表記すると「K.カズミ」となりますよね。

しかし、この件に関してさらに調べを進めると、創設者や社長はまったくの別人であることが発覚。

つまり事実無根のデマだったということが判明したようです。

また、ネット上では「そもそもインタビューを受けていたのは女性ではないのでは?」という声も。

真相が明らかとなっても、まだまだ謎が残るK.カズミ論争。

はたして番組サイドから事実が語られる日はくるのでしょうか?

(文:Quick Timez 編集部)