『ミヤネ屋』、ウクライナの地図をロシアと誤表記する放送事故で大炎上「謝って済まされる問題じゃない」

文:服部慎一
日本テレビTV番組
スポンサーリンク

画像:時事通信フォト

15日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系列)。

同番組ではこの日、悪化するウクライナ情勢を特集したのですが、その際の映像に視聴者もドン引きする放送事故が発生してしまいました。

スポンサーリンク

「ミヤネ屋」、ウクライナの地図をロシアと誤表記し大炎上

15日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系列)。

この日の放送では、悪化するウクライナ情勢についてポーランドとウクライナの国境付近であるコルチョバから、難民の受け入れなどを現地から中継しました。

ロシアによる侵攻の影響で、自国からの退去を余儀なくされているウクライナ民。

ポーランドとウクライナの国境付近では、およそ280万人以上もの避難民が来ているのだそうで、その様子を伝えていました。

一方TV画面には、コルチョバの場所を示すために付近の地図が映し出されます。

そこには、キエフと書かれたウクライナの場所も掲載されていましたが、その国名が「ロシア」となっていたのです。

放送ではおよそ20秒ほど、ウクライナの地名がロシアと誤表記された地図が映し出されており、その後は正規の表記に。

番組を担当する、澤口実歩アナウンサーも「先ほど画面に出た地図の表記の一部に誤りがありました。大変失礼いたしました。」と、謝罪をしていました。

ウクライナをロシアを誤表記してしまったことを受け、番組アナウンサーが謝罪をしていたものの、放送中にはネット上を中心に大炎上。

《ミヤネ屋の放送事故が、今のところ今年ダントツのヤバさ》

《「大変失礼いたしました」では済まされる話ではない。》

《番組史上最大の放送事故やろこれ…謝って済まされる問題じゃないね》

《ミヤネ屋これ本気か?これ、番組終了というか打ち切りになっても仕方ないやろ》

《こんな間違いは普通絶対起きない。誰かが意図的にやったと考えた方が自然。間違いではすまないタイミングなので調べるべきだと思う》

などの意見が、大量に寄せられていました。

スポンサーリンク

ミヤネ屋の放送事故、セシウムさん騒動に匹敵?

ウクライナの地名をロシアと誤表記したことで物議を醸している「ミヤネ屋」。

誤表記をめぐる放送事故に関しては、2011年8月4日に放送された「ぴーかんテレビ」(東海テレビ)内でも発生しています。

同番組の通販のコーナーの最中、同コーナーとは無関係の画面が表示されると、「岩手県産のお米・ひとめぼれ3名プレゼント」の当選者発表の画面に切り替わり、当選者の欄に「怪しいお米 セシウムさん」との表記が。

東日本大震災が発生して5ヶ月が経過していた頃であり、原発問題が騒動の渦中だっただけに番組ではアナウンサーが「考えられないような不謹慎な内容でした。本当にすみませんでした」と謝罪をしていました。

しかし、視聴者はじめスポンサーや自治体などからもクレームが入り社会問題へと発展した同騒動。

結果的に「ぴーかんテレビ」は打ち切りに追い込まれてしまったほか、番組を放送した東海テレビの当時の社長は、役員報酬を3か月間50%カットするなどの影響が出ています。

ウクライナをロシアと誤表記した「ミヤネ屋」、番組打ち切りとなってもおかしくないでしょう。

(文:服部慎一)