当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

東出昌大、芸能界を引退か?所属事務所のブチギレ文章にネット騒然「もう二度と表舞台には出られん」

スポンサーリンク
俳優・女優

画像:時事

15日、俳優の東出昌大さんをめぐり、所属事務所が契約を解消をしたことを発表しました。

その事務所の文章に、ネット上からは様々な声が上がっています。

スポンサーリンク

東出昌大、所属事務所が契約解消を発表「怒りというよりも徒労感と虚しさ」

15日、芸能事務所「株式会社ユマニテ」が、俳優の東出昌大さんを14日付で契約を解消したことを発表しました。

同社は公式ホームページを通じ、「弊社は2022年2月14日をもって 東出昌大との専属契約を解消いたします。」と報告。

「2020年1月の東出昌大の不祥事以来、2年間にわたって、弊社はさまざまな問題に全力で対処してまいりました。そして、また、彼の俳優としての再生への道も模索してまいりました。」とした上で、「真摯に1つ1つの作品を重ねてゆくことで、東出昌大の俳優としての再生の可能性をいつか見つけられるかもしれないという思いでした。当然、それは彼自身も、同じ思いで進んでいるはずだと思っておりました。」と、胸中も吐露。

しかし、東出さんの度重なる不祥事が発生してしまったことを受け「昨年秋、東出の配慮に欠ける行動でその再生への道は頓挫いたしました。 その時、私たちが感じたものは 怒りというよりも、徒労感と虚しさでした。 そして熟慮の末に、これ以上共に歩くことはできないという結論に達しました。」と、怒りを滲ませていました。

一方、「改めて東出昌大の作品の1つ1つを思い返しました。それらは東出にとっての宝であると同時に、我々にとっても大切な足跡であります。 それだけに今回の決断は、苦渋の選択でありました。」と、選択自体は苦渋の決断だったとも記した同社。

「本日、専属契約は終了いたしますが、いくつかの未公開の作品もございます。 東出昌大が大切なものは何かということを捉え直して、再生への道を歩き出してほしいと思います。」と、締めくくっていました。

スポンサーリンク

「ブチギレてるやん」「よっぽどクソなんやな」東出昌大の前所属事務所のコメントに注目集まる

所属事務所との専属契約が解消されてしまった東出昌大さん。

東出さんをめぐっては、2020年に女優の唐田えりかさんとの不倫が報じられると、同年には女優の杏さんと協議離婚が成立。

しかし、昨年10月には撮影の滞在先ホテルにて、ハーフ美女のOLを自身の部屋に3連泊させたなどと報じられていました。

こうした事態が重なった結果、契約解消されてしまったのですが、所属事務所による忖度のないストレートな表現に、ネット上からは

《東出昌大さんを解雇した事務所のコメント全文、ここまで丁寧に「あいつはクソだった」と書き込むのも珍しいので、よっぽどクソだったんだなと思いました。》

《そりゃ、事務所もブチギレるわなぁ。もう二度と表舞台には出られんでしょ》

《ブチギレすぎwwwもう、引退して俳優以外の道へ進んだほうがいいだろう。同じことをやり続けるとは思うけど》

《想像の100倍重い文章だった。東出にはこれでも響かんのやろなぁ》

《正直公式文書でここまで感情表に出すの普通はアウトやと思うんやが、芸能の世界ならオッケーなんかな》

《事務所ブチギレで草。よっぽど東出くんがクソなんやな》

などといった声も。

東出さんは不祥事からの再起を図っていただけに、この専属契約解消は相当な痛手となったことでしょう。

芸能界引退も視野に入れるのも、悪くはないかもしれません。

(文:服部慎一)