当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

千原ジュニア「なんか…すごく感じ悪いね」西野未姫が明かしたAKBの代役事情にあ然

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事通信フォト

先週、芸能界に蔓延した新型コロナの影響で各テレビ局の番組が代役のタレントを用意したことを特集した23日の「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

すると元AKB48・西野未姫さんが明かしたアイドル界の代役事情に、千原ジュニアさんが苦笑を漏らすシーンがありました。

スポンサーリンク

千原ジュニア、AKBの代役事情に思わず苦笑い

23日、新型コロナの影響でタレントが番組出演を見合わせるケースが続出したことを特集した「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

その放送の中で、元AKB48・西野未姫さんが明かした代役事情に千原ジュニアさんがあ然とするシーンがありました。

先週、再び猛威を振るいはじめた新型コロナの影響でタレントが相次いで番組出演を見合わせ。

各局で代役のタレント争奪戦が勃発している報道にちなんで、「代役」についてトークが繰り広げられました。

その中で「アイドル界はいかがですか?」と千原ジュニアさんに水を向けられた西野さん。

「アイドル界は代役でいうと、このコロナとかではなくて選抜メンバー16人が歌番組を収録する際のリハーサルは、AKBの売れてない子が代役をやっていました」とAKBの代役を告白。

「え?スタンドインなの?」と千原ジュニアさんも驚く中、「リハーサルだけ売れてない子がやって、本番は選抜メンバーがいるって感じでした」と「前田」、「大島」など人気メンバーの名前が書かれたフリップを首から下げてリハーサルを行っていたと補足したのでした。

すると「で、リハーサルして帰るっていう」と世知辛い代役に、千原ジュニアさんは「なんか…すごく感じ悪いね」とあ然。

ただその後「たぶんその時は選抜メンバーの人たちは忙しくて、お仕事でリハーサル出れないとかなんですよ。だからその代わりにダンスの先生が入ったりしてたんですけど、私代役でリハーサルだけ出たことがあります」と西野さんがフォローしていました。

スポンサーリンク

TKO木本も代役を経験…その本命に愕然とした過去

勃発する代役争奪戦にちなんで、西野未姫さんが明かしたAKB48の代役事情。

その後、放送では他の出演者らも自身が経験した代役を語りました。

「ロケで前日急に『明日行ってくれ』って言われて、絶対代役じゃないですか」と切り出したのはTKO・木本武宏さん。

「で、(ロケ現場に)到着して、スタッフの方に『代役ですよね?』って聞いたら『いやいや、もともとお呼びしたかったんで』みたいな、そこは誤魔化してるというか言わないんですよね」と代役という雰囲気は感じつつも事実は明かされなかったのだそう。

しかし「それで台本読んだら木本って書いてあるんですけど1か所だけ訂正ミスで『狩野』って書いてあるんです。狩野の英孝ちゃんですよね?」と思わぬところで代役という事実、さらに本命の相手までもが発覚。

その事実に木本さんは「『ああ狩野くんやったんや』って。でも狩野くんで僕が代役って遠いじゃないですか、キャラ的に。だから急遽そうなってしまって色んな人にあたってあたってあたってあたって…僕が空いてて僕呼んで」と衝撃と受けたと悲痛な表情で語ったのでした。

「だからスタッフ、しぶしぶ僕呼んだんだなって」と物悲しげに振り返る木本さんに、千原ジュニアさんらは苦笑を浮かべていました。

(文:有馬翔平)