当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

EXIT兼近「嫌な気分になりましたけど」りんたろー。がトイレに置いた装飾品に悲鳴

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

先日、今年1月に開催された「ニューイヤー駅伝」で優勝した富士通が優勝旗を紛失した問題を特集した16日の「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

すると、トロフィーを相方に譲っているというEXIT・兼近大樹さんがその置かれている場所に悲鳴を上げるシーンがありました。

スポンサーリンク

EXIT兼近、相方のトイレにある装飾品に悲鳴「嫌な気分になりましたけど」

16日、今年1月に開催された「ニューイヤー駅伝」で優勝した富士通が優勝旗を紛失した問題を特集した「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

するとその放送中、EXIT・兼近大樹さんが相方に譲ったトロフィーの飾り方に悲鳴を上げる場面がありました。

今年1月の「ニューイヤー駅伝」で12年ぶりに優勝を勝ち取った富士通。

しかし先月末に優勝旗が見当たらないことに気づくと、日本実業団陸上競技連合に報告し紛失したことが明らかに。

するとスタジオでは優勝記念品は必要、不必要という議論が巻き起こり「僕こういうのいらない派の人で」と主張した兼近さん。

「だからもう2人で獲った賞とか、トロフィーとかあるじゃないですか漫才の。それも全部あげてますし」とりんたろー。さんへ譲渡していることに言及し、「マジでいらないなって」と改めて述べたのでした。

一方、兼近さんからもらったトロフィーの保管場所について尋ねられたりんたろー。さんはというと「トイレに飾って来た女の子たちにマウント取るってことに使ってます」という事実を暴露。

驚きの事実にスタジオから「そんなことしなくても十分マウント取れるでしょ?」とツッコミの声を上げる中、兼近さんは「トイレに飾ってんですよ。色んなトロフィー」、「絶対入るからそこで見るっていうね」と苦笑を漏らしました。

その後、平石直之アナウンサーから「でもいいですよね。トイレに入る度にいい気分ですよね」とフォローされ「そうなんですよ」と頷いたりんたろー。さん。

しかし兼近さんは「俺は嫌な気分になりましたけどね」と即座にツッコミを入れてスタジオの笑いを誘っていました。

スポンサーリンク

トイレにトロフィー…実はよろしくない?

兼近大樹さんが「俺は嫌な気分になりましたけどね」とツッコんだりんたろー。さんの自宅トイレ事情。

すると、トロフィーを飾っているという事実に番組を観ていたファンは、

《トイレにトロフィーw何それ観てみたい》

《来た女の子にトロフィー見せてあげるとかチャラ笑笑》

《かねちーも嫌だとか言いつつトイレ入る度にニヤニヤしてるんだろうな…w》

などと興味を惹かれた様子。

しかし、トイレにトロフィーを置くという行為は風水的にあまりよろしくないのだとか。

「基本風水ではトイレにカレンダーや世界地図など、その場に長くいさせてしまうようなものを飾ること行為はNGです。と言うのも風水でトイレは穢れた場所としていますので、長時間その場にいるとその穢れが体に付いてしまうとされています。トロフィーも『この次も頑張ろう』と瞬間のやる気スイッチならいいのでしょうが、眺めるために置くのは運気的にはオススメできません」(ライター)

トイレにトロフィーを飾っているというりんたろー。さん。

しかし、運気的には別の場所に移した方が吉なようです。

(文:有馬翔平)