当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

上白石萌音、『カムカムエヴリバディ』での松村北斗との撮影秘話を明かす「バチバチみたいな…」

スポンサーリンク
俳優・女優

画像:時事通信フォト

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」でヒロイン・安子を演じる上白石萌音さんが17日、「あさイチ」(NHK総合)に登場。

すると、同ドラマで安子の夫を演じたSixTONES・松村北斗さんとバチバチになったあることについて明かしました。

スポンサーリンク

上白石萌音、松村北斗との撮影秘話「バチバチみたいなものはありました」

17日、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」でヒロインの安子を演じる上白石萌音さんが「あさイチ」(NHK総合)に登場。

すると、安子の夫である雉真稔を演じたSixTONES・松村北斗さんと「バチバチ」になる出来事について明かすシーンがありました。

この日、上白石さんの出演に合わせてVTRで登場した松村さん。

共演した上白石さんの印象について尋ねられると「絶対的な信頼感と安心感があった」、「緊張したり悩んでしまう瞬間も、話すわけではないですけど上白石さんがいると前向きな気持ちに変わりましたし」と好印象だったことを語りました。

一方、上白石さんも松村さんの印象について「素敵でしたね本当に」、「私も同じ信頼感を感じていました。不思議な引力をお持ちの方で。あんまり自分からガツガツっていうタイプの方ではないんですけど、自然と人が集まる魅力をお持ちの方でしたね」と回答。

「本当に色々なシーンを引っ張ってくださってめちゃくちゃ感謝しています」と感謝の言葉を口にしていました。

ただ、そんな上白石さんと松村さんの間で互いに譲れないものが。

それは、安子が想像の中で稔と娘・るいの家族3人で過ごすシーンの撮影に差し掛かった時のこと。

この撮影について「父親としての在り方が理想的で、るいもめちゃくちゃ懐いていましたし。一緒に遊ぶ遊び方もすごく上手でなんか『ああ稔さんがここにいたらな』と、心から思いましたね」と述べた上白石さんは、松村さんの撮影時の様子に「めちゃくちゃ楽しそうにるいと遊んでましたね」とコメント。

しかし「本当に一瞬でるいが懐いたので、結構私に対してドヤってる感じが」、「るい役の翠咲ちゃんもこの日が初日だったんですよ。初日ですごい懐いてて、すごい『どうだ?』みたいな顔をされたので、『いやいや私これからいっぱい一緒に時間過ごしますから』みたいな」と子役の子に懐かれる度合いを巡って火花を散らしたのだとか。

この穏やかな確執に「ちょっと水面下でのバチバチみたいなものはありました。どっちが懐かれるかって」と満面の笑みをこぼした上白石さん。

博多華丸さんが「親権争いが起こりました」とツッコミを入れると、スタジオは笑いに包まれていました。

スポンサーリンク

「愉快な親権争い」世界一平和な確執にファン爆笑

互いに「信頼感がある」としながらも、子役の共演者をめぐって「バチバチ」に対立したという上白石萌音さんと松村北斗さん。

すると、「親権争い」という博多華丸さんのツッコミも相まって番組を観ていたファンからは、「翠咲ちゃんを巡ってバチバチしてた現場。こんな愉快な親権争いが他にあるかね?」などと、2人の撮影秘話に思わず頬が緩んでしまった様子が。

来週から二部がスタートする「カムカムエヴリバディ」。

同ドラマのツカミとなった一部は上白石さんと松村さんの意気投合もあってか、上々の滑り出しとなったようです。

(文:有馬翔平)