当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

千原ジュニア「善意を悪意にしたのはおまえや!」TKO木下の現状に思わず説教

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事通信フォト

後輩芸人へのパワハラ報道でバッシングを浴びたTKO・木下隆行さんが21日、「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)にスタジオ初登場。

すると同番組スタッフからの悪意ある行動にクレームを述べると、MC千原ジュニアさんから耳の痛い説教を受けることに。

スポンサーリンク

千原ジュニア、TKO木下のクレームに「悪意にしたのはおまえや!」

21日、後輩芸人へのパワハラや暴行などで過去に批判を浴びたTKO・木下隆行が「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)にスタジオ初登場。

その放送中、同番組スタッフの行動にクレームをつけるとMC千原ジュニアさんから説教を受けるシーンがありました。

これまで、同番組のキャスターとして度々出演していた木下さん。

しかしスタジオ初登場となったこの日、オープニング早々に千原ジュニアさんから「この方は普通にモザイクとかはいらないんですか?」、「え?いいんですか?」と手荒い歓迎を受けることに。

さらに、千原ジュニアさんは「ちょっと待ってください!」と何か気づいたようで「目の前にペットボトルとか置いて大丈夫ですか?」と木下さんの前に置かれたペットボトルの存在を指摘。

以前、木下さんが起こした「ペットボトル投げつけ事件」を彷彿とさせると木下さん本人は「悪意あるよ。悪意あるよ。こんなにグーッて寄せて」、「楽屋にも(ペットボトルが)5,6本あったよ?」と「ペットボトルいじり」にクレームを申し付けました。

ただ、その木下さんのクレームには千原ジュニアさんも「あれは善意や!」と猛ツッコミ。

「善意を悪意にしたのはおまえや!」と厳しい言葉をストレートに木下さんに浴びせて、スタジオの笑いを誘っていました。

スポンサーリンク

「ジュニアには感謝すべき」説教に視聴者からも拍手が

「ペットボトルいじり」に不満をあらわにした木下隆行さんへ、厳しい言葉を浴びせた千原ジュニアさん。

しかし、説教はその後も続くことに。

この日、ボクシングの試合にチャレンジするということを初めて明かした木下さん。

すると、千原ジュニアさんは「そんなに絞れてる気もせえへんのやけど」と木下さんの体型に注目。

「…まあそれはもちろんヘビー級なので、全然もちろん」という木下さんの反論を「ヘビー級でも動いてたら絞れてくるやん?」と返し、また「脱いだらすごい」という言い訳にも「そんなわけないやん。(地上波に)まだ出てたころと同じやん」とツッコミを入れました。

「週2?いやいやいやいや…試合前になって週10とか週12とかいくねん。大丈夫?」とトレーニング回数が少なすぎると指摘した千原ジュニアさんはヒートアップし、以前木下さんが回った「お遍路」にも飛び火。

「お遍路さん回る言うて、アシスト自転車で回ってたやろ?そういうとこやねん!なあ!」、「自転車やない!歩いていくねん!歩いていくねん!アシストしてもらうな!」と厳しい口調で注意しました。

この千原ジュニアさんの説教に番組を観ていた視聴者は爆笑。

《木下の面白くない話を面白くさせてるんだから、木下はジュニアに感謝すべきだよな》

《さすがの返しだった。やっぱひな壇芸人を面白くするのはMCの腕によるなと実感した》

《千原ジュニア、もう芸能界の再生工場やん》

などと、不祥事を笑いに変える腕に舌を巻いている様子でした。

二度の不倫騒動があった宮崎謙介氏、二股でバッシングを浴びた山路徹氏のほか舛添要一前東京都知事などクセの強い出演者が多い同番組。

しかし、それを仕切ることができるのも千原ジュニアさんの腕があってこそなのかもしれません。

(文:有馬翔平)