当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ひろゆき「おかしな人が多い」ジェンダー問題を主張する層へ辛らつ見解

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

先日行われた衆議院選挙で野党が押し出した「ジェンダー問題」の政策。

しかし結果的に野党が大敗した理由について5日、「ABEMA Prime」(AbemaTV)でひろゆき氏が持論を述べました。

スポンサーリンク

ひろゆき、ジェンダー問題を主張する層へ辛らつ見解「おかしな人が多い」

5日、先日行われた衆議院選挙を特集した「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

結果的に大敗した野党が掲げた「選択的夫婦別姓制度」や「ジェンダー平等」などの問題について、ひろゆき氏が持論を述べました。

立憲民主党や共産党が掲げたジェンダー問題。

しかし結果的にどの世代も自民党に投票した割合が多く、ジェンダー問題政策が支持されないという結末に。

その結果についてひろゆき氏は「声の大きいマイノリティが騒いでいるので、ネット上で見ると割と大きく見えるってだけで、一般社会でジェンダーどうたらって言う人はそんなにいない」、「一般社会とは違うよねと至極当たり前の結果だった」とコメント。

また、新潟5区で当選した米山隆一氏がジェンダー問題を「余裕のある人の趣味として見られている」と指摘したことには「余裕のある人っていうのもそうなんですけど、なんかそれが一番大事だと経済対策よりも大事だと言ってる人にちょっとおかしな人が多い」と分析。

30代以下にアンケートを実施し、ジェンダー問題が最重視されていると発表した「NO YOUTH NO JAPAN」に対しても「『NO YOUTH NO JAPAN』の方々って社会を良くしようとしてやってるんだと思うんですけど、現実を見ていないような人たちが現実を見ていないような結果を出すことで、分断というよりコイツらの言うこと聞くのやめようってマイナスの影響を与えてません?」と辛らつな意見を並べました。

スポンサーリンク

「言っちゃった」ひろゆきの持論に視聴者からも反応続々

ジェンダー問題を重視する層へ辛らつな見解を示したひろゆき氏。

その後も「『NO YOUTH NO JAPAN』以外の世論調査でジェンダー低いよねということは事実としてあるわけじゃないですか。明確な事実を受け止めることができないっていくら高学歴でも頭悪くないですか?」と、持論を述べ続けました。

また、ひろゆき氏は「本当に大事な問題だと思ってるわけでもない人が多いと思う」とも指摘。

「世の中に同性愛の人多いから『私、受け入れるから』みたいな進歩的なキャラを表に出すこと自体オシャレであるという風潮だったりとか、『ゲイの友達ほしいよね』みたいにゲイをアクセサリーに使うみたいな」とマイノリティを「道具」として見ている人物の存在を挙げると「ゲイの友達とカテゴライズする時点でおかしい」とコメントしました。

すると、ひろゆき氏の見解に番組を観ていた視聴者からは「何言ってんだ」、「おかしいだろ」と声が上がったものの、「言っちゃった。でも選挙の結果からもこれが真理だと思う」、「ひろゆきは苦手だけど、これだけはド正論」などと支持するコメントが多数寄せられていました。

度々議論されるジェンダー問題。

しかし、短期的に解決すべき最重要課題と捉えられていないということなのでしょう。

(文:有馬翔平)