当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

二階俊博氏、爆問太田の発言に「君が決めることじゃない」「失礼!」とブチギレし「完全に放送事故じゃん」の声

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

爆笑問題の太田光さんが衆院選開票特番「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」(TBS系列)に出演し、自民党の二階俊博前幹事長に失礼な質問を連発。

視聴者からは放送事故を心配する声が多数寄せられました。

一体、どのような放送内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

二階俊博氏、爆問太田に「失礼!」と激怒し放送事故さながらの事態に

10月31日は衆院選が行われました。

爆笑問題の太田光さんが衆院選開票特番「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」(TBS系列)に出演。

太田さんは、自民党の二階俊博前幹事長に質問をぶつけるべく生中継で繋がります。

生中継で二階氏と繋がるや否や「人相悪いんですけど、怒ってますか?」といきなり挑発的な質問。

二階氏も「君よりずっとましだよ」と返す刀のジョークで応じます。

安倍晋三元首相が進めた憲法改正については、「我々の側から憲法を変えようとばかり騷ぐ必要はない」と、国民主導であるべきと主張しました。

すると太田さんは、「じゃあ安倍さんのことは気に入らないということですか?」と意地悪な質問。

二階氏は「いやいや、安倍さんは立派な総理として今日までずいぶん活躍されました。気に入ってますよ。失礼ながら」と、ここまでは穏やかに対応をします。

中継の残り時間が少ない中、太田さんは「いつまで政治家続けるおつもりですか?」と直球で質問。

明らかに不快そうな表情で「それは選挙民の皆さんが決めることで、君が決めることではない」と答える二階氏に、太田さんは「俺は決めないですよ。死ぬまでやるということですか?」とツッコミます。

二階氏はムッとした表情でついに「だいたいね、今日は当選したばっかりで、いつまで政治やるんだって失礼だよ?言葉を選びなさいよ!」と声を荒らげると、太田さんは「失礼じゃないよ。当然、国民の権利じゃん、そういうの聞くの」と動じずに反論するなど、押し問答。

時間切れとなり、あえなく中継はブツ切れで終了となりましたが、視聴者からは

《言い方ってあると思うんだよね。選ばれた人に対して非難するかのようにいつまでやるのかって…気分悪くするの当たり前だと思う。 》

《太田の発言は酷すぎる。 茶化してるだけだ》

《見ててハラハラした》

《完全に放送事故じゃん!さすがに太田さんの発言は失礼すぎたかな?》

など、失礼すぎる発言からヒヤヒヤした視聴者が数多くいたようです。

スポンサーリンク

太田光の妻・太田光代、Twitterでは擁護の意見も

今回、二階氏への失礼すぎる発言の数々に、肝が冷えた視聴者ですが、「面と向かって言えないことを聞いた。その勇気は認める」、「政治家だけ定年がないっておかしいよね」など、国会に目立つ高齢の議員ばかりという点への切り込んだ質問として、筋が通ったものであるという意見もみられました。

一方で、太田さんは甘利幹事長に対して番組中に「ご愁傷様」と発言。

これに批判が殺到していることを受けて妻の光代さんは自身のTwitterを更新。

「ご愁傷様についてです。 この言葉。決して悪い言葉ではありません。ご愁傷様は、おきのどくさまです。です。漢字でもご理解いただけるように。 ご愁傷様です。これは、心を慮りのゆえです。が、アーリン帰宅したら怒ります。」と、擁護をするような意見も。

また、「それがなにか? 政治家は税金で働く。あたりまえだわ。民間人は納税してるの。皆さんもでしょう。 それで政治家が偉い人と思うの。 政治家は国民の代表であって、国民の偉い人ではないのよ。」や、「アーリンに礼節など無理です。ただ、皆さんは礼儀正しく美しく。生きているのですか? そんな人は芸人出来ません。 少なくとも馬鹿ですよ。芸人は。 政治家は?政治家の人に。私は礼節を重んじます。とか聞いたことないですよ。 やっぱり馬鹿じゃないと出来ないのでは無いかと思います。」など、太田さんの意見に賛同するかのような書き込みを連投しました。

光代さんの擁護に対しては、「見事なまでの逆ギレ」や「ご愁傷様。これは人の死を悼む、大切な方を亡くされたときに、その人に向かって心の痛みを気使う言葉です。 ヘラヘラと笑いながら吐く言葉ではない」と、日本語を勉強した方がいいのではないかと指摘する声も。

光代さんはしょっちゅう、お酒に酔っぱらった状態でツイートをすることがありますが、今回の投稿も泥酔状態で正常な判断ができていなかったのかもしれません。

(文:Quick Timez編集部)