当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

さらば森田「APに嫌われたら売れない」TV番組のキャスティングの裏事情を暴露

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事通信フォト

6日に放送された「あちこちオードリー」(テレビ東京)。

同番組に出演をしたさらば青春の光・森田哲矢さんが、相方の東ブクロさんをめぐるスキャンダルについて語る場面がありました。

スポンサーリンク

さらば森田、相方東ブクロのスキャンダルをめぐり恐怖の一言を言われたと明かす

6日に放送された「あちこちオードリー」(テレビ東京)。

同番組ではこの日、大手の芸能事務所などに所属せず、フリーあるいは個人事務所を設立して奮闘している芸能人招き、様々なトークが繰り広げられました。

ゲストとして登場したのは、武井壮さんとラランドのサーヤさん、そしてさらば青春の光の森田哲矢さんの3人。

この3人の共通点は、大手の芸能事務所に所属せず、フリーや個人事務所を設立して活動をしているという点。

武井さんを除く2人は個人事務所の社長という立場で、キャスティングや出演時のギャラ交渉、従業員への給与分配、税金関係の支払いなどを行っているのだとか。

武井さんは、会社を設立すると色々な摩擦が起きるとのことから「未だに個人事業主としてやっている」と説明。

「フリーなので、僕に芸能の方がオファーをくれている状態」と、自身の置かれた環境について話していました。

個人事務所の社長として相方の扱いについて聞かれた森田さんは、「相方副社長です。徐々に平社員にしたろうかな」とした上で、ラランドのニシダさんを引き合いに出し「(ニシダは)クズはクズでもエンタメクズだから…。こっちはエンタメにしないクズだから」と、東ブクロさんのスキャンダルは笑えないと話します。

東ブクロさんをめぐるスキャンダルは後を絶たず、「ほんまに謝罪文出しましたから」と、森田さんもお手上げの様子。

「社長としては人事もやるの?」と質問を受けた森田さん。

「一応、定期的にヒアリングは…」と、社長業としての仕事を告白していました。

そのヒアリングの現場で森田さんは東ブクロさんに「どうですか、最近記事になる様なことはあるんですか?」と聞くのだそう。

事前に聞いておく理由として森田さんは「昔、週刊誌から電話かかってきて『10件ほどあるんですけども』と言われた」と暴露。

そして森田さんは、件のスキャンダルについて東ブクロさんを問い詰めた際「分からない」と恐怖の回答が返ってきたとし、スタジオの笑いを誘っていました。

スポンサーリンク

さらば森田「APに嫌われたら売れない」TV番組のキャスティングの裏事情を暴露

社長業として、TV番組の制作サイドからオファーが直接来るという森田さん。

基本的にはマネージャーが仕事の精査をしている様ですが、番組のキャスティングをめぐり「キャスティングするのはAPさんなんですよ。会議で決まったキャスティングを連絡するのもAPさんなんですよ。」と暴露。

「でも、そのAPさんがタレントのこと嫌いやったら、『電話した』って言うて、その後に『スケジュールダメでした』って言って会議で返すんですよ。電話もしてないのに」と、APさんに嫌われると番組に出られないと話していました。

TV番組のキャスティング権は全てこのAP(アシスタントプロデューサー)さんが握っているとした森田さん。

「これは、ほんとに由々しき事態ですよ。」と嘆き、笑いを誘っていました。

(文:服部慎一)