当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

麒麟川島、SnowMan佐久間大介の「ウマ娘」への課金額を耳にし絶句「本物の馬買えるよ」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

1日に放送された「川島明のねごと」(TBSラジオ)。

川島さんがSnowMan・佐久間大介さんの「ウマ娘」に対する課金額に絶句するシーンがありました。

スポンサーリンク

麒麟川島、SnowMan佐久間の「ウマ娘」への課金額を耳にし絶句「本物の馬買えるよ」

1日に放送された「川島明のねごと」(TBSラジオ)。

同番組ではこの日、人気スマホアプリ「ウマ娘」に言及するシーンがありました。

同ゲームは、Cygamesが展開するスマホアプリ(一部PCでも利用可)で、競走馬を萌え擬人化したキャラクターである「ウマ娘」を育成するというもの。

累計ダウンロード数は900万回を突破するなど、今、大注目のアプリとして知られています。

そんな人気アプリの「ウマ娘」をめぐって、話を展開した麒麟の川島明さん。

「いや、ちょっと驚いていることがあってね。自分、NHKの夜に生放送でね『シブヤノオト』っていう歌番組でMCやらせてもらってるんですよ…。んで、この間ウマ娘の人たちが来て、『うまぴょい伝説』っていうのを披露して…」と、自身がMCを務める番組での出来事を語りました。

その日のゲストには、人気アイドルグループ・SnowManもいたそうで、放送終了後にメンバーの佐久間大介さんと川島さんが会話をしたそう。

「佐久間君と正直、終わってからおしゃべりしたのよ。『課金ってどれぐらいしたん?』って言ったら、全くこのラジオで言われへん額やったよ。」と、川島さんは絶句。

さらに、「もう、たとえてもアカン額やったわ。なんかね、『車が買えますよ』とかじゃない。もう『嘘やろ?』って言ったもん、でっかい声で。」と続け、驚愕したことも明かしました。

あまりの金額に目が眩んでしまった川島さん。

競馬好きとしても知られることから「俺、佐久間君にも言いたいんですけど、本物の馬買えるよ、それ。」とツッコミ、笑いを誘っていました。

スポンサーリンク

SnowMan・佐久間大介、「ウマ娘」への課金額はいくら?

麒麟川島さんも絶句をしたという佐久間さんの課金額。

いったい、いくらほど課金をしているのでしょうか?

佐久間さんは大のアニメ好きを公言していることもあり、以前はアニメから派生したスマホアプリ「プリンセスコネクト! Re:Dive」に課金をしていると暴露したことも。

「シブヤノオト」に出演をした際には、「ウマ娘」の面白さについて。「アプリゲームとかが今、流行っていますが、一番はテレビアニメシリーズなんですよ。なんと言ってもレースシーンが、デッドヒートがすごかったり…。レースに向かうまでの、彼女たちの覚悟『絶対に勝ちたい!』とかに感動して、毎回レースを号泣してみています」と、熱弁。

加えて、全キャラクターを所持していることも明かしていました。

全キャラを所持するということは相当なようで、1日に放送された「川島明のねごと」(TBSラジオ)に川島さんと一緒に出演をしていた、天津の向さんも「それを聞いた時点でひっくり返ってます」とびっくりするほど。

向かいさん自身は3桁ほど課金をしていると同番組で公表していましたが、佐久間さんはそれ以上に課金をしているということで、1000万円以上を課金している可能性も浮上します。

競走馬の1頭あたりの平均購入額は、1000万円前後であり、川島さんの「ラジオでは言えない」「車で例えられない」等のリアクションから、1000万円以上の課金は十分にあり得るでしょう。

それほどまでに人を虜にする「ウマ娘」。

やはり、何かハマるだけの秘密があるのだと思います。

(文:服部慎一)