当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

オードリー若林「シャツのボタンが…」シャツを特注する衝撃の理由を暴露

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事通信フォト

9日に公開されたテレビ朝日公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」。

同局で放送された『激レアさんを連れてきた。』での未公開トークを放送しました。

いったい、どのような放送内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

若林正恭「シャツのボタンが全部留められないから特注」服の悩みを明かす

9日に公開されたテレビ朝日公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」。

同局で放送された『激レアさんを連れてきた。』での未公開トークを放送しました。

「服にまつわるお悩みトーク」に移り、弘中綾香アナからお笑いトリオ・ハナコの岡部さんはここ何年かで大食いにより体型が大きくなり、体に入る洋服のサイズがなくなってきたことを告白。

今では「(ホンジャマカの)石塚さんが広告されてる店で(買うしかない)」と、「大きいサイズの紳士服」というキャッチコピーで有名な洋服のサカゼンで購入していることを明かします。

オードリーの若林正恭さんが話を振られると、「アメフトって首を鍛えるから、シャツは(ボタンが)全部閉まんない。だから特注でないと(首が入らない)」との悩みを吐露しました。

視聴者からは

《大学の体育で年配層相手に絶対手加減しない若林さんだもんね》

《今、若林さんの画像みたら、たしかに首太いですよね》

《首が鍛えられてむち打ちになりにくいのかなぁ…なんて思いながら若林さんを眺めてる。まぶしい》

など、納得の書き込みが寄せられました。

スポンサーリンク

若林正恭、早稲田大学にアメフト推薦の声をかけられるほどの実力

今回、アメフト経験者であるが故の洋服の悩みを吐露した若林さん。

父親の影響でラグビーやアメリカンフットボールに興味を持ち、中学ではラグビー経験、高校時代にはアメリカンフットボール部に所属し、ランニングバックのポジションで、高校2年次には東京都のベスト4になったときのレギュラーメンバーでもあったそうです。

ディフェンスが全員でブリッツ(ディフェンス側の戦術の一つ)して入って来たため、ピッチが空いた所を突いて70ヤードほど独走すると、早稲田大学から「ぜひ推薦の枠で来てくれ」と猛プッシュされたこともあるとか。

オードリー が司会を務める『オードリーのNFL倶楽部』(日本テレビ系列・開幕中の9月〜翌2月まで放送)では、アメフト経験者であり芸能界きってのファンであることから、テンション高めで「トゥース!」ではじまるあいさつを忘れるという、らしからぬミスを犯すなど、熱量高めに取り組んでいます。

耳から下の首の太さが襟元まで同じと、アメフトへの取り組みの本気具合が垣間見れた今回のお悩み。

シャツの特注は、衣装合わせなどで不便を感じることはあるかもしれませんが、素晴らしい悩みですね。

(文:Quick Timez編集部)