当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

DAIGO、初心者感満載の料理番組に出演し大反響「大成功のキャスティング」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

4月から始まった新番組「DAIGOも台所 ~きょうの献立 何にする?~」(テレビ朝日系列)に、ミュージシャンのDAIGOさんが登場。

DAIGOさんは、料理初心者らしく慣れない手つきで挑戦していますが、その健気な姿勢がジワリと人気に火をつけているようです。

スポンサーリンク

DAIGO、初心者感満載の料理番組で視聴者共感「大成功のキャスティング」

4月から始まった新番組「DAIGOも台所 ~きょうの献立 何にする?~」(テレビ朝日系列)。

ミュージシャンのDAIGOさんが出演しました。

番組公式サイトによると「毎日の献立の悩みを解消する番組」とあり、日々の料理のお悩みに応える献立の提案がコンセプトのよう。

料理初心者ながら、自身の冠番組ということもあり、月曜~木曜は講師陣にポートを受けながら料理のイロハを学び、金曜は1人での調理に挑戦する流れができています。

料理初心者であるというDAIGOさんは、「台所で戦力になりたい」、「娘のお弁当を1人で作る」といった目標を持ってこの番組に臨みますが、慣れない手つきで料理をする姿はとても危なっかしいもの。

初回の放送では、簡単に野菜の皮を剥けるピーラーでさえ、手元がおぼつかずハラハラドキドキして長い尺を取りました。

その他にも「小さじ2/3」が分からず、「すりきり」のテクニックを伝授されるDAIGOさん。

今までは繊維に沿って切っていた玉ねぎも「繊維に逆らって切る」と指示されると、目線はあさっての方向へ。

3ミリ幅で玉ねぎを切る指示に対しても明かに太く、DAIGOさんは「3ミリって色々ある」とマイペースぶりを崩しません。

フライパンで鶏肉を炒めているときには、跳ねる油に「あっつい!」と悶絶するだけでなく、自分では火を止められずに先生に止めてもらうなど、さながら子どもの「はじめての料理」を身守っているようで、ネットには

《DAIGOさんにオファーした人ほんと凄い、大成功のキャスティング》

《昔から料理が嫌いで不器用な私の様な人間にとっても凄く良い番組》

《結論、めちゃくちゃ面白い(笑)》

《先生との掛け合いも絶妙で、天然のDAIGOさんならではの、計算ではできないであろうハプニングの連続に笑いが絶えない》

など、共感してつい見守ってしまう視聴者からの書き込みが多数寄せられています。

スポンサーリンク

DAIGO、親近感あふれ真面目に取り組む姿勢が支持を得る

DAIGOさんは、2016年に女優の北川景子さんと結婚し、2020年に第一子である女児が誕生するなど公私共に順調です。

父親になってからは、育児雑誌の表紙を飾った他、子ども用オムツのCMに出演するなど、すっかり家庭的な「良き父親」としての顔が多くみられることになり、幅広い世代から支持を得るようになったDAIGOさん。

結婚当初は北川さんが主に家事を担当していたとのことですが、産後すぐに復帰したことや共に暮らすうちに「帰宅が早い時には自分が家事をする」といった方向に意識が変わったと雑誌インタビューで語っています。

育児についての積極参加はもちろんのこと、家事についても、夫婦で協力しながら生活を送っていることがうかがえるエピソードですが、DAIGOさんの真面目で誠実な姿勢が好感度に直結しているのは間違いないよう。

番組内では、DAIGOさんが料理に集中するあまり、トークも無く「あわや放送事故」と間違いしてしまうほどの無音の時間が流れます。

それでも「大丈夫かな。ガンバレ」とつい応援してしまいたくなる内容で、長寿番組を切望する声が出るのも納得の新番組がスタートしたようです。

(文:Quick Timez編集部)