当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

鈴木保奈美、「TOKIOカケル」での辛口コメントに批判殺到…「失礼すぎだろ」「感じ悪いな〜」

スポンサーリンク
俳優・女優

画像:時事通信フォト

1月13日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)。

この日は、ジャニーズの大御所・東山紀之さん、女優・鈴木保奈美さんがゲストとして出演。

鈴木さんは今ハマっているものとして「くるみパン」について語り、色々な職人のパンを食べ比べするコーナーも。

しかし、鈴木さんの発言に対し「職人さんに失礼」「偉そうに否定するなら自分で作ればいいのに」など批判の声が集中してしまったようです。

どのような様子だったのでしょうか。

スポンサーリンク

鈴木保奈美、「TOKIOカケル」での辛口コメントに「失礼すぎる」と批判殺到

1月13日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)。

この日は、ジャニーズの大御所・東山紀之さん、女優・鈴木保奈美さんがゲストとして出演。

ゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれたことがないであろう質問をTOKIOがぶつける<生まれて初めて聞かれました>のコーナーでは、鈴木さんが「くるみパン」にハマっていることを語りました。

それを踏まえ、番組後半には「No.1くるみパン探し」と題し、色々な職人のくるみパンを食べ比べする企画も。

以前にも同番組でくるみパン好きを公言し、第3回目となったこの「No.1くるみパン探し」ですが、過去2回同様に鈴木さんの強すぎるくるみパンへのこだわりが爆発。

「もっと皮は厚い方が好き」「生地はもっと荒いほうがいい」「酸味が少ない」など否定的なコメントが目立ち、職人の方が「あっ…」と絶句する場面も。

また、結果を伝える際も「3つの中だったらこれが良いかな」「No,1は見つかってない」など、終始辛口なコメントが目立ちました。

これを見ていた視聴者からは、

「否定コメントばっかりで職人さんに失礼」

「こういう、まず否定から入る人って感じ悪いな」

「パン好きなら作る人にもう少しリスペクトするべきだと思う」

「偉そうに否定するなら自分で作ればいいのに」

「こんな人に審査されたくない」

など批判の声が集中してしまいました。

スポンサーリンク

鈴木保奈美は審査員にも抜擢!?芸能界に広まるパン好きの輪とは

今回、「TOKIOカケル」に出演し、その強すぎるくるみパンへのこだわりから辛口コメントが批判を呼んでしまった鈴木保奈美さん。

一方で、

「本当にくるみパン好きなんだろうな」

「パン好きっていう女優さん、最近多いな」

など、鈴木さんのこだわりを評価する声も。

実は、番組中で鈴木さんが語っていたように、木南晴夏さん・常盤貴子さんなど、女優の間でパン好きの輪が広がっている様子。

木南晴夏さんは自身がオススメするパン屋を特集した「キナミトパンノホン」(講談社)を出版したり、「パン旅。」(NHK-BSプレミアム)に出演するなど、パンに関連した仕事も増えているようです。

当の鈴木さんも、カリフォルニアくるみ協会日本支部が主催する「くるみパン オブ・ザ・イヤー」で鈴木保奈美賞の審査員を務めるなど、大好きなくるみパンに関連した仕事を行っている様子。

このような審査員の経験から、今回の「TOKIOカケル」でもつい厳しい目線で評価してしまったのかもしれないですね。

(文:Quick Timez編集部)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
俳優・女優
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez