おぎやはぎ小木「自分の力が衰えていることに気づいてない」大御所芸能人をめぐり持論を展開

文:Quick Timez 編集部
小木博明 お笑い芸人
スポンサーリンク

画像:時事通信フォト

・9月17日放送のゴッドタン(テレビ東京)に、おぎやはぎの2人が出演。

・未公開大放出スペシャルとして、番組のコーナーである「スナック 眉村ちあき」にていつもはゲストの話を聞く小木さんが、実は相談をしていたシーンが放送されました。

・小木さんが語った悩みに注目が集まっています。

スポンサーリンク

おぎやはぎ小木「俺もそうなっているんじゃないか」悩みを告白

9月17日放送のゴッドタン(テレビ東京)に、おぎやはぎの2人が出演。

小木博明さんが悩みを吐露し、話題となっています。

「スナック眉村ちあき」コーナーにて、小木さんが吐露したのは「毒が言えなくなっている」という悩み。

誰にでも毒を吐ける小木さんがこのような悩みを持っているのは、なぜなのでしょうか。

その原因は「年齢とキャラのギャップ」。

小木さんは毒を吐いている自分のことを、若いと思ってしまう節があるそう。

「年齢的に番組内で長老的なポジションになった時に毒を吐くと、大御所が若手に毒をはいているみたいになり、見え方がすごい悪くなる」と、年齢と毒舌キャラのジレンマに悩まされているようです。

また、小木さんは大御所として扱われることへの切実な危機感も吐露。

大御所になると周りが気を使って愛想笑いをするようになり、スベったという感覚がなくなるそうで、「大御所はそこに気付いていない。自分の力が衰えていることに。これウケてんなって思って気分よく帰っていくその後ろ姿を見ると悲しくなってくる。でも、俺の場合は愛想笑いだと気づいている。」と、相変わらずの毒舌で大御所芸人を揶揄する場面も。

この毒舌に対して、相方の矢作兼さんは「小木に関しては安心している。ちゃんとスベるから」と鋭い返しでスタジオの笑いを誘っていました。

スポンサーリンク

プライベートでも言えなくなっている?小木の過去を矢作が暴露

番組にて毒が吐けなくなっているという悩みを話した小木さん。

そんな小木さんですが、プライベートでも過去にかなりまずい発言をしていることが暴露されました。

小木さんの「自分は毒舌じゃなくて口が悪いだけ」という発言に対し、劇団ひとりさんは、「そんなに小木さんは口が悪いと思っていないんだけど、どうなの実際?」と矢作さんに質問。

すると矢作さんは、「例えば飲み会で女の子に対して、『ちょっと鼻が曲がっているよね』とか思っても言えないことを言う」と、衝撃の暴露。

しかし小木さんはこの暴露に焦る様子もなく、「昔はこういうことも言えたんだ。最近は言えなくなっている」と、開き直っている様子でした。

この態度に「言えたんだじゃなくて、言っちゃいけないことだから」、「言わなくていいんだよ」などと共演者からはツッコミが入り、スタジオ内は笑いに包まれました。

毒を笑いに昇華するのは素晴らしいことですが、発言には気を付けてほしいところです。

(文:Quick Timez編集部)