橋下徹「問題ないという認識なのかね?」『ヒトラー発言』めぐり立民・泉健太氏と直接対決

文:有馬翔平
橋下徹タレント
スポンサーリンク

画像:時事

昨年、立憲民主党の党首に当選した泉健太氏が出演した29日の「NewsBAR橋下」(AbemaTV)。

すると先週末に菅直人元首相がSNS上で発信した「ヒトラー」発言に対し、橋下徹氏と意見を交わしました。

スポンサーリンク

橋下徹、ヒトラー発言めぐり泉健太氏と直接対決「問題ないという認識なのかね?」

29日、立憲民主党の党首である泉健太氏が出演した「NewsBAR橋下」(AbemaTV)。

その放送の中で菅直人元首相がSNSで発信して物議をかもした「ヒトラー」発言について、橋下徹氏と意見を交わしました。

この日、オープニングのトークもそこそこに「こう言いながら、泉さんよく来てくれたなと」と切り出した橋下氏。

「政治とネットいう狭い世界の中で今ちょっと、『ヒトラー問題』というのが」と、菅氏が橋下氏を「ヒトラーを思い起こさせる」とヒトラーになぞらえたことに言及しました。

橋下氏は「これTwitterとか、あとは党と党の問題なので僕がイチイチ言うことじゃないですけれども、公党の代表(泉氏)として有権者としてちょっと確認させてもらいたいと思ったのは僕のツイートがどうとか置いておきます。気になったのがね、菅さんを応援する人とか立民の一部の国会議員がこういう風に言ってるんですよ」と「ヒトラーを称賛することはダメだけれども、ヒトラーを使って個人を批判することは問題ない」という認識を問題視。

「国会議員も『そうだそうだ』と。『ヒトラーを称賛することはダメだけれどもヒトラーを使って批判することは問題ないんだ』、『橋下が問題視してることがおかしい』と言うんだけど、党を代表してどうのこうのよりも、ヒトラーを持ち出して個人を批判することは泉さんは政治家として問題ないという認識なのかね?」と泉氏に質問を投げかけたのでした。

すると「橋下さん、すごく大人だなと。受け止め方が」と冷静だった泉氏は「なんら問題ないというのはそれぞれの批判によると思うんですよ」、「ただあり得る。警鐘を鳴らすというのはあり得ると思います」とコメント。

旧民主党もヒトラーと批判された事例を持ち出しながら「揶揄、批判、場合によっては警鐘を鳴らすといったことは枚挙にいとまがない話」と回答しました。

これに「それをダメだよと言うかどうか」と追撃した橋下氏。

しかし泉氏は「僕は一律ダメとはならないですね。いいとか悪いとかではなく一律ダメとはならない」とケースバイケースだという考えを明らかにし、物議をかもした出来事へ深く言及することを避けていました。

スポンサーリンク

直接対決…それぞれの支援者の反応は?

党と党の問題にまで発展している「ヒトラー」発言に対し、番組で向かい合った橋下徹氏と泉健太氏。

しかし「一律ダメとはならない」と今回の出来事への言及を避けた泉氏に対しては、「泉健太は菅を怖がっているのか?」などという指摘が。

その一方で橋下氏にも、「以前ヒトラー発言してて俺はいいんだは通用しないって」などと、過去の発言からダブルスタンダードという指摘が飛び交ったのでした。

直接対決の機会も解決には至らなかった今回の放送。

まだしばらく、この話題は尾を引きそうです。

(文:有馬翔平)