当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

古舘伊知郎「○○がなくなったんです」岸田新首相の話術をプロ目線で評価

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

先日、第100代内閣総理大臣に指名された岸田文雄氏について議論を交わした9日の「NewsBAR橋下」(AbemaTV)。

この日、ゲストで出演した古舘伊知郎氏が話術のプロ目線で岸田氏の変化を指摘しました。

スポンサーリンク

古舘伊知郎、プロ目線で岸田文雄氏の話術を評価「振れがなくなった」

9日、先日第100代内閣総理大臣に就任した岸田文雄氏について出演者らが意見を交わした「NewsBAR橋下」(AbemaTV)。

この日、ゲスト出演した古舘伊知郎氏が1年前とは異なる岸田氏の変化を指摘するシーンがありました。

岸田氏の所信表明演説を視聴したという古舘氏。

すると「しゃべりが努力されて上手くなってきたな」と岸田氏の話術を絶賛。

これまでは「大義名分しか言わない印象を与えていた」と岸田氏の話術を分析、さらに「発話もスポーツなので左右に振るんですよ」話す際のクセも見抜いたものの、「言うべきことはキチッと鮮明に言うんだというので、あんまり『いー』、『うー』がなくなった」と、岸田氏の話術に見られた変化を指摘したのでした。

「左右の振れがなくなった」、「ボクシングでいうところのウェービングがなくなったんです。それに関しては岸田さん、すごく努力されたんだろうな」と変化を絶賛した古舘氏。

また放送ではその話術が変化したきっかけについても言及。

「まず二階さんに対してくさびを打ったじゃないですか」として「特定の名前を言ったじゃないですか。あれで自分できっかけを掴まれたなと思ったんですよ」とコメント。

そして、「官僚に対して怒鳴り散らすものじゃないんです。官僚と上手くやっていくんです」と河野太郎氏を意識したであろう発言を2つ目として、「個人を名指ししないで、わかる人はわかるでしょっていうところで弾みつけてウェービングがなくなっていった」と分析を披露していました。

スポンサーリンク

橋下徹もカンニング竹山も気づいた岸田氏の変化

昨年出馬した自民党総裁選時と比べると格段に岸田文雄氏の話術が向上したと指摘した古舘伊知郎氏。

すると古舘氏の分析に、MC橋下徹氏も共感を示し、「名前出してないですけど二階さんじゃないですか。そこに喧嘩を売っていったのは戦国武将だなと思いましたもん」と述べると、「明らかに違う」、「完全に武将」と岸田氏の変化を感じていたことを明らかに。

また、岸田氏の話術に称賛を送ったのは古舘氏、橋下氏だけではないのだとか。

「カンニングの竹山さんも同様に岸田首相の話し方を褒めていました。今月4日、首相に就任した際の会見を中継した番組での発言です。『前総理と比べて会話になってる、受け答えになってる』と。前政権では発信力にマスコミからも野党からも苦言を呈される場面が多く見られましたし、岸田首相は昨年の総裁選でもその話し方が問題視されていました。どのような理由かはわかりませんが、古舘さんが分析した通り練習はしたのでしょう」(ライター)

多くの著名人が気づいた岸田新首相の話術の変化。

ただいまだ完全に制御できているわけではないようで、橋下氏も「明日(10日)また岸田さんとご一緒させてもらうので、これ(ウェービング)見ます」と岸田氏のクセに興味を示していました。

(文:有馬翔平)