当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

博多大吉、『あさイチ』鈴木菜穂子アナ初回登場もいきなり謝罪…ゾッとする特集に「申し訳ない」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

近江友里恵アナウンサーの卒業によって、「あさイチ」(NHK総合)のメインキャスターに就任した鈴木菜穂子アナウンサー。

30日に就任初の放送を迎えましたが、記念すべき第一回目の特集に博多大吉さんが思わず謝罪する事態に。

スポンサーリンク

博多大吉、鈴木菜穂子アナ初登場の特集に平謝り「申し訳ない」

30日、近江友里恵アナウンサーの後任として「あさイチ」(NHK総合)のメインキャスターに決定していた鈴木菜穂子アナウンサーが一日遅れで番組に登場。

記念すべき放送回にもかかわらず、クセの強い特集になってしまったことに博多大吉さんが謝罪するシーンがありました。

昨日登場予定だった鈴木アナ。

しかし悪天候のため順延となった選抜高校野球の影響で、初回登場がこの日に延期していました。

すると「甲子園の順延で一日ズレたから、鈴木さんの初回の放送がこのようなテーマになったことを番組を代表して本当申し訳ないです」と、番組冒頭で鈴木アナへ謝罪を述べた大吉さん。

さらに「ゲストの方にも申し訳ないです。別に他意がございませんのでね」とも。

この日、「あさイチ」が特集したのは最も嫌われていると言っても過言ではない「ゴキブリ」。

専門家によるゴキブリの駆除方法が紹介されましたが、時折モザイクがかかりながらも画面に映る本物の映像には視聴者からも「朝食を食べているのに画面にGの卵、卵鞘が映り気持ち悪くなって半分以上残してしまいました」と苦情のメールが。

終始目を背けたくなるような内容に「申し訳ございません」と謝り倒した大吉さん。

フェルト素材でゴキブリをデフォルメした模型を用意するなど、番組スタッフの涙ぐましい努力がそこかしこに感じられましたが「フェルトで作ればいいって問題じゃない。限度があるよ」と長時間にわたるゴキブリ対策に思わず苦言を呈していました。

スポンサーリンク

大量のモザイク、ボカシ表現…涙ぐましい努力に「感心した」

その姿を見ることさえも嫌厭されるゴキブリ対策特集を放送したことに対し、終始頭を下げ続けた博多大吉さん。

放送中にも苦情のメールが届いたように、番組を観ていた視聴者は「ごめんなさい反射的にチャンネル替えた」、「もう無理」などと次々と限界を迎えていきました。

しかしその一方、モザイクをかける、実物の映像が出る際には事前に告知を行う、そしてデフォルメしたフェルトゴキブリを代用するなど創意工夫をこらしたスタッフの演出に、

「朝からG特集なんて見たくないよ~と思ったら、フェルトで可愛くなってた(笑)これならギリ観られる」

「今日のあさイチは勉強になるなあ。さすがにホンモノの映像は怖かったけど、フェルトGは『よくここまで作ったなあ』とスタッフさん(もしくは作家さん?)に感心してしまった(笑)」

「フェルト×ストップアニメーションで可愛く演出ね。スタッフよく頑張った」

「ゴキブリ特集でイヤーーーと思ったけど、恐る恐る見てたらカワイイゴキブリが出てきた」

「どなたが作ったのかフェルトのGは良くできていると思います。ちょっとかわいく見えてきたし…(笑)」

などと、拍手が巻き起こりました。

これから気温、湿度の上昇とともに出現しはじめるゴキブリ。

「春先の対策が大事」というメッセージを伝えるために採った、様々なアイディアが見受けられた放送回でした。

(文:有馬翔平)