当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

バービー、自殺願望告白のメーガン妃に持論…身分を超えた一言が反響を呼ぶ

スポンサーリンク
タレント

画像:EPA=時事

先日、イギリス王室を離脱となったメーガン妃がアメリカのテレビ番組で王室との過去の確執を暴露した問題。

人種差別と思われる発言などがあったことを9日の「ひるおび!」(TBS系)が特集すると、メーガン妃に対してスタジオからは訝しげに思う意見が飛び交いました。

その中、番組コメンテーターのフォーリンラブ・バービーさんのコメントに注目が。

スポンサーリンク

バービー、世界で話題のメーガン妃に同情を寄せる

9日、先日アメリカのテレビ番組に出演したメーガン妃がイギリス王室との過去の確執を暴露したことを特集した「ひるおび!」(TBS系)で、番組コメンテーターのフォーリンラブ・バービーさんが持論を述べました。

昨年、イギリス王室から離脱したメーガン妃。

すると今週になって、過去イギリス王室からアフリカにルーツがあることで人種差別的な発言を受けたり、嫌がらせ行為があったことをアメリカメディアを通じて暴露したのでした。

この日、スタジオではイギリス王室の専門家を招き、自殺まで考えるほど苦悩を抱えていたというメーガン妃に議論が勃発。

「自殺とは、一番似合わないですよね」とメーガン妃の発言に懐疑的な専門家とは反対に、「この時代どこにでもあるようなコンプライアンス感覚とか人権感覚が、うまくかみ合ってないような問題なのかなと感じました」とイギリス王室の態度に首を傾げるバービーさん。

「やっぱりヘンリー王子夫妻はそういう意識の高いところに身を置いていただろうし、王室は保守的で意見がかみ合わなかったんだろうなって思うんですけど」としながら、「でもこうやって、辛い時に助けを求めるのは強そうな人でも死にたくなるような時はあると思うので、助けを求めたのはそれ自体事実だから、それ自体は聞いてあげる、個人を尊重してあげても」と、メーガン妃の行動を擁護したのでした。

メーガン妃の暴露に一定の理解を示したバービーさんさん。

その後、「『公人だからそれはしょうがいない』じゃ済まないかなと思いました」と、今回の暴露問題に身分が関係ないことも訴えました。

スポンサーリンク

貴賤なしの悩み解決姿勢に「素晴らしいと思います」

メーガン妃がイギリス王室から受けた仕打ちを暴露したことに、理解を示したバービーさん。

するとバービーさんのコメントに、番組を観ていた視聴者からは称賛の声が。

「メーガン妃のニュース、めっちゃバービー素晴らしい意見!古い考えの人多すぎて残念すぎる…」

「『ひるおび』でのメーガン妃のニュース観ました。バービー素晴らしい意見!、まさにそう!古い考えの人多すぎて…世の中を変えてほしい」

「バービーの言葉に本当に救われた。そうだよ、どんなに強い人でも死にたくなることはあるし、公人だからってそれを表にだしてはいけないことはないし、ましてや助けを求めたのに助けられなかったことについて語ってはいけないだなんてあり得ない。差別はあってはいけない」

「バービーの言ってることがもっともだと思う。なんで被害告白をしている人をこんなに公然と嘲笑って批判できる自称専門家がスタジオにいるんだろう…貶めたくて仕方がないって感じだな」

「まあメーガン妃の意見だけを全部信じるというのは難しいけども、とりあえずこれをきっかけに議論が進めばいいよね。穿った見方をする人よりバービーの方が全然マシ」

と、バービーさんの持論に支持が広がりました。

過去のダイアナ妃の一件もあって世界中が注目するメーガン妃とイギリス王室の確執。

メーガン妃の言葉を鵜呑みせずとも、その言葉の真偽を明かすことは今後必要になるのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)