当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

ロンブー・田村淳、菅義偉首相の答弁を『演技』と指摘…視聴者ブチギレ「バカにして楽しいか?」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

昨日国会で行われた衆院予算委員会で、野党側から新型コロナウィルス対策の厳しい追及を受けた菅義偉首相。

追及を受ける態度が低姿勢だったことを27日の「グッとラック!」(TBS系)が取り上げると、番組コメンテーターのロンドンブーツ1号2号・田村淳さんがコメントを口にしました。

しかし淳さんのコメントに視聴者は騒然、「妄想を垂れ流すな」と批判が相次いで寄せられています。

スポンサーリンク

ロンブー田村淳、菅義偉首相の低姿勢に違和感「演技できると思う」

27日、昨日国会で行われた衆院予算委員会に参加した菅義偉首相が、新型コロナウィルス対策の効果について野党側から厳しい追及を受けたことを「グッとラック!」(TBS系)が紹介。

番組コメンテーターのロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが菅首相の態度に持論を述べました。

昨日、喉の痛みを訴えながらも衆院予算委員会に参加した菅首相。

質疑では立憲民主党・辻元清美副代表から新型コロナウィルス対策について「国民の感覚と総理の感覚にズレがあると思う」と政策の失敗を追及され、そのほかにも自宅療養で亡くなっている事例が相次いでいることにも言及されると「必要な時に必要な検査が受けることができない、体制ができていなことを責任者として申し訳ないと思う」と謝罪。

その後も東京オリンピック・パラリンピック開催を巡る質疑等が行われ、菅首相は体調不良も影響してなのか、終始、低姿勢で答弁に臨みました。

この菅首相の低姿勢に番組MCの立川志らくさんは「菅首相かわいそうというネットの声もある」と紹介。

その上で「虐めているように思われるかもしれない」と野党の追及の仕方を指摘し「リーダーを持ち上げた方が良い」と菅首相を擁護するコメントを口にしました。

一方で淳さんは、菅首相の態度に違和感を覚えたのだそう。

明確に答弁できない部分はあるにしても「今弱々しくいった方が、どうせ『弱々しい』と思われているなら僕は切り替えたと思った」と、強硬な態度から国民の同情を誘うような路線に向いたという自身の考えを明らかに。

さらに「こんだけ頑張って、こんだけ疲弊してるんですよと演出が入っているんだと思います」、「それだけ政治家って演技できると思いますよ、うつろな演技とかも」と淳さんは菅首相の低姿勢を演技と指摘したのでした。

この淳さんの推論にスタジオからも驚きの声が上がり、「騙されちゃいましたけど」と淳さんの演技論に納得する出演者も姿もありました。

スポンサーリンク

ロンブー田村淳に視聴者ブチギレ…「バカにしてそんなに楽しいか?」

菅義偉首相が衆院予算委員会で見せた低姿勢に対し、「演出」、「演技ができると思う」と持論を述べた田村淳さん。

スタジオの出演者からは一部納得するような意見も聞かれましたが、番組を観ていた視聴者は淳さんに「演技疑惑」に反発。

「淳、言いたい放題だな」

「国のトップに対して演技してるってなんだこの番組…淳は橋下徹がいる時はどうせこんなこと言えないくせに」

「今の発言、非常に不快感を覚えた」

「淳、なんという暴言を吐くんだ。弱々しい態度が演技だと?言って良いことと悪いことがある」

「演技だってバカバカしい。スタジオをもそれを正解みたいに言うなよ。あくまでも個人的な解釈ですくらい入れろよ」

「朝からバカな芸人が人をバカにしてそんなに楽しいか?」

「菅総理は本当に疲れていると思うけどな。淳さんだんだん性格悪くなってない?」

「おまえは池の水でも抜いてろ!」

「この番組出るようになってからロンブーの淳が無理になった。言いたい放題」

などと批判が集中したのでした。

菅首相の低姿勢を「演技」と指摘して淳さん。

政治に批判が必要だとしても、国内トップの人物に対し体調不良を意図的に見せているという憶測での指摘は今このタイミングで必要な発言だったのでしょうか。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お笑い芸人
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez