当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

立川志らく「やれるわけがねぇだろ」五輪中止を訴える…視聴者「ひどいもの言いだな」と賛否両論

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

昨日、召集された通常国会で内閣総理大臣就任以来初めての施政方針演説臨んだ菅義偉首相。

その演説の中で菅首相が述べた今夏開催予定の東京オリンピックについて19日の「グッとラック!」(TBS系)が取り上げ、番組MCの立川志らくさんが持論を展開しました。

しかし、志らくさんのコメントに視聴者が反発。

一体どのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

立川志らく、菅義偉首相の『オリンピック準備』に猛反論

19日、昨日召集された通常国会で施政方針演説に臨んだ菅義偉首相を取り上げた「グッとラック!」(TBS系)で、番組MCの立川志らくさんが演説中にあった「東京オリンピック開催」について持論を述べました。

昨年9月に内閣総理大臣に就任してから初めての施政方針演説だった菅首相。

冒頭では新型コロナウィルスの対応に追われる医療従事者、保健所関係者、介護関係者に感謝を述べ、国民に対しては緊急事態宣言を再発令したことを陳謝しました。

さらに、来月下旬から接種開始を予定しているワクチンにも触れて、今夏に延期になった東京オリンピック・パラリンピックにも「人類が新型コロナに打ち勝った証」として、「世界中に希望と勇気をお届けできる大会を実現できる決意のもと準備を進めていく」と、開催は予定通りに行う方針を述べたのです。

しかし、国外の報道ではオリンピック開催は厳しいと報道されていることにも触れた同番組。

すると、志らくさんは「オリンピックやれるわけねえじゃないか、と言っちゃいけないみたいなんだけど…」と苦笑いを浮かべると「私は前からやれるわけねえだろと、これは私個人の感情なのでそれは正直に申し上げます」と、再度テレビ業界では禁忌とされている「オリンピック中止」を訴えました。

ただその一方で「卓球の石川佳純さんを見ていると『やらせてあげたいな』という気持ちはある」と後ろめたさを告白。

しかし「泣くのはオリンピックの選手だけじゃない。小学生だって3学期がなくなって泣いた、エンタメ業界も今しかできないものがあって泣いた、飲食店の人だってみんな泣いている。その中でオリンピックだけいいのか」と、それぞれの業界が我慢を強いられる中、オリンピックだけが開催するという不公平さに首を傾げたのでした。

そして、「コロナが収束するまでやるべきではない」、」「オリンピックが終わってから感染者が増えたら誰が責任を取るの?」と開催後の可能性にも言及。

「ワクチンが広がって本当に大丈夫になるまでは延期か、東京じゃなくても何年後にはまたできるんだからいいんじゃないか」と改めて完全収束することがオリンピックの開催条件であると指摘し、「泣く選手はいるだろうけど仕方がない」とコメントを締めくくりました。

スポンサーリンク

立川志らく、『泣くのはオリンピック選手だけじゃない』発言に賛否…「我慢を強いるな」

菅義偉首相の東京オリンピック・パラリンピック開催準備発言に対し、「オリンピックはやれるわけがない」との見通しを述べた立川志らくさん。

この志らくさんの発言に、番組を観ていた視聴者からは「その通り」、「オリンピックはできない」などと支持が集まりましたが、一方で反発する声も。

「我慢している人に、さらに我慢を強いるのはやめろ」

「志らくさん、他の人も泣いているからオリンピック選手も泣いてという論理はやめた方がいい」

「全員で豊かになる方法を目指そうよ」

「志らく、ひどいもの言いだな」

「情報番組なら自分の考えを押し付けないで、どうやったらオリンピックが開催できるか議論すべきなんじゃないの?ガッカリですよ」

などと、厳しいコメントも寄せられ賛否が巻き起こりました。

オリンピック開催の是非を連日伝えている各情報番組。

しかし、今伝えるのはオリンピック中止の可能性ではなく、オリンピックを開催させるために必要な情報なのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez