当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

神田愛花、菅義偉首相へ失礼すぎる一言…視聴者「立派なイジメ」「地方をバカにしている」と大炎上

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事通信フォト

菅義偉首相の支持率が首相就任時あった70%から続落、初めて不支持が上回ったことを伝えた18日の「グッとラック!」(TBS系)。

この放送中、支持率が下がった理由を番組コメンテーターであるフリーアナウンサー・神田愛花さんがある持論を述べました。

しかしその神田さんのコメントに視聴者が反発。

「イジメだ」、「地方をバカにしている」などと批判が相次ぐこととなった、神田さんのコメントとは一体どのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

神田愛花、菅義偉首相の『滑舌』の悪さを指摘

18日、内閣総理大臣就任後初めて不支持が支持を上回った菅義偉首相について取り上げた「グッとラック!」(TBS系)で、番組コメンテーターであるフリーアナウンサー・神田愛花さんが菅首相不人気の理由に対し持論を展開しました。

昨年9月、体調不良で辞任した安倍晋三前首相の後を継いで、内閣総理大臣に就任した菅首相。

就任当初は官房長官時代の成果や生い立ちからくる庶民感から一時支持率70%を記録、しかしその後は日本学術会議会員や新型コロナウィルス対策の遅れなどが影響し、次第に支持率は低下。

年が明けた今月には、初めて不支持が支持を上回る結果となりました。

この日の放送では菅首相の不人気の理由を、専門家が「思います」という言葉を多用することによって国民に不信感が芽生えていると分析したほか、「原稿を読んでいるだけで本心が見えない」、「感情が伝わってこない」など一般市民の声も紹介。

そして神田さんも、菅首相の話術に不支持の原因があると分析したのでした。

「原稿を読んでいる、感情がない、『思います』を多用は日本人の特徴」と前置きをした神田さん、しかし「これまでと決定的に違うのは、一国の首相に言うのはアレですけど滑舌がちょっと甘いなって思うことがある」と滑舌の悪さを指摘。

「特措法のことを『トクソー』と言ったりとか、お願いしてを『お願いちて』になってるんですよ」、「音だけ聞いていると熱量の前に言葉がわからないんですよね」と具体的な発音を列挙すると、「滑舌は治るのでちょっと練習していただいて」と菅首相に注文を突き付けました。

この神田さんの持論に対し番組MCの立川志らくさんは、「昔の大平さんとかね、滑舌は悪くても味のある政治家はいた」、「滑舌が悪いから国民がついてこないという問題ではない」と反論が。

しかし志らくさんの反論にも「その時の言葉が伝わらないと、スピードも遅くなる」と一度の会見で国民に伝えたいことを伝える重要性を訴えました。

 

スポンサーリンク

神田愛花、菅義偉首相の滑舌指摘に視聴者怒り…「地方をバカにしている」

菅義偉首相の支持率続落の原因を、会見で露見した菅首相の滑舌の悪さであると指摘した神田愛花さん。

立川志らくさんも思わず反論を挟みましたが、番組を観ていた視聴者も神田さんの持論に反発しました。

「神田愛花というアナウンサー、一国の首相に対して失礼すぎじゃないか」

「生まれつき滑舌が悪い人だっています。私の夫は神田さんの一言で傷ついていました」

「滑舌とか言い出したよ…これはもう立派なイジメだろ」

「身体的特徴を揶揄しはじめたらダメでしょ」

「神田愛花が滑舌は練習すれば治るとか言ってる…菅さんは口下手だと思うけどそれを悪口に言い換えるのはどうなの?」

などと批判が殺到。

さらに菅首相の舌足らずなところを出身である秋田県の方言の影響として、

「菅さんの舌足らずなところはお国柄なところもあるでしょ」

「これ遠回しに地方のこともバカにしているよね」

と、地方の方言話者に対する中小とする声も。

元NHKのアナウンサーである神田さん。

アナウンサーの観点から滑舌が気になったのかもしれませんが、それが身体的な揶揄に繋がる可能性を考慮しなければならなったようです。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アナウンサー
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez