当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

立川志らく、話題の『NIKE』CM問題の重要部分に言及…視聴者から賛否「もはや差別」「その通り」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

先月末に公開されたアメリカのスポーツ用品メーカー「NIKE」のCMを巡って、賛否が巻き起こっていることを取り上げた8日の「グッとラック!」(TBS系)。

その放送中、番組MCの立川志らくさんがこの問題に対した発した言葉に注目が。

「差別じゃん」、「その通り」と様々な意見が寄せられた、志らくさんの発言とは一体?

スポンサーリンク

立川志らく、話題の『NIKE』CM問題の重要部分に言及…過去の人種差別を持ち出し「気をつけなくては」

8日、アメリカのスポーツ用品メーカー「NIKE」が公開したCMを巡ってSNSで賛否が巻き起こっていることを取り上げた「グッとラック!」(TBS系)で、番組MCの立川志らくさんの発言に注目が集まりました。

先月末、NIKEが公開した問題のCMは日本人、在日コリアン、黒人と日本人のミックスの3人の女子高生が登場、いじめや人種差別の被害に遭うもスポーツを通して自分の居場所を手に入れるという描写が映し出されています。

しかしこのCMが公開されると、「素晴らしい」というCMの内容を称賛する声、「日本人を貶めようとしている」と批判する声と賛否が巻き起こることに。

このCMについて議論が交わされると、スタジオでも賛否が。

その中で、立川さんはCMを公開したNIKEの「制作意図」について推論を口にしたのです。

「日本に差別がないわけはない。ないと言ってる人は勉強不足で、日本人同士の差別は今もある表に出てこないだけ。韓国の人に対する差別は戦前からあるわけで、上の世代の人たちは未だに差別意識を持ってる人はたくさんいる」として、CMの内容については「素晴らしい」と評価した志らくさん。

しかし、「気をつけなくてはいけないのは、NIKEが商売になるから出しているということ」と過去NIKEが行った人種差別と結び付けたPR方法で売上を伸ばしたことに言及したのです。

「商売の道具に使ってるという部分はある程度考えなきゃいけない」と、内容にそのまま受け止めることに「待った」をかけました。

 

スポンサーリンク

立川志らくの発言に視聴者賛否…「それがもはや差別」、「核心をついた発言」反響を呼ぶ

SNSで賛否を巻き起こしているNIKEのCMについて、内容は「素晴らしい」としつつも商売の道具として差別、いじめを扱った営利目的というNIKEの制作意図を推論した立川志らくさん。

すると、志らくさんの発言に番組を観ていた視聴者から反響が。

「その通りだよ志らくさん」

「核心をついた発言だな。バランスが取れてていいと思う」

「日本人同士だって差別はあるんだから、それは認めないといけない」

などと、志らくさんの発言に同意をする声がある一方、

「勉強不足というのがもはや差別」

「マイノリティを軽視しているようにも聞こえるぞ」

と、反対を表明する声も上がり、CM同様に賛否を巻き起こすことに。

志らくさんの言葉通り、過去NIKEは人種差別問題を積極的に取り入れたことで同社史上最高の株価を記録したこともあり、営利目的で差別問題を今回扱ったとも捉えることもできるでしょう。

内容は内容として受け止めて、その背景にある意図を汲むことを重視して方がいいのかもしれません。

(文:有馬翔平)