当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

カズレーザー、アンジャ渡部の会見に痛烈な一言…「渡部さんにとって儲けものだった」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

昨夜都内で行われたアンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見について取り上げた4日の「とくダネ!」(フジテレビ系)。

この放送中、番組コメンテーターであるメイプル超合金・カズレーザーさんの発言に視聴者の注目が集まりました。

「的確すぎる」と視聴者の賛辞が相次いだ、カズレーザーさんの発言とは一体?

スポンサーリンク

カズレーザー、アンジャ渡部の会見に痛烈な一言…謝罪のプロを凌駕した言葉に視聴者騒然「さすが」

4日、昨夜都内で行われたアンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見について取り上げた「とくダネ!」(フジテレビ系)で、番組コメンテーターであるメイプル超合金・カズレーザーさんのコメントが話題を呼んでいます。

この日、謝罪のプロだというブランディング戦略家をスタジオに招き、渡部さんの謝罪会見は「成功」だったのか、それとも「失敗」だったのか意見をうかがった同番組。

専門家の見解では「ヘソを相手に向けて謝罪したのは好印象だった」という一方、「謝罪の時は黒いスーツはダメ」、「肩パッドが入ってる服装が良くなかった」と服装がTPOに反していたこと、述べたコメントが抽象的だったことにダメ出しが。

そして、謝罪会見としては「失敗」だったという専門家の意見がまとめられたことに、カズレーザーさんが口を開きました。

「渡部さんに不快感なり嫌悪感を抱いてる層は、なんとなく漠然と嫌っているだけなので謝罪会見を開いたことで解消するのは無理」と、今まで渡部さんを非難してきた層を謝罪会見で鎮静化させることは不可能だと示唆。

しかし、「ただ今回の会見がグダグダになったり、記者の質問が堂々巡りになったことで、『渡部さんかわいそう』って発信するグループが出てきたのでそれは渡部さんにとって儲けものだったのではないか」と、同情を寄せる層が出現したことでプラス要素になったと見解を示したのでした。

このカズレーザーさんの発言に、番組を観ていた視聴者も納得。

「これカズレーザーが言ってることが全てだと思う。かわいそうだと思ってくれる人を増やすのが目的でしょ」

「カズレーザーさん、さすが!プロの分析を超えている」

「カズレーザーってすごいな、本当それって思ったよ」

「結局、記者もグルになってあの会見を作り上げたんでしょう。カズレーザーさんの言う通り」

などと、カズレーザーさんに同意するコメントが殺到しました。

 

スポンサーリンク

タレントの中に現れ始めた「渡部かわいそう」という声

渡部建さんの謝罪会見を、「かわいそうというグループが出てきたのは儲けだった」と評価したカズレーザーさん。

会見終了後には渡部さんへ不倫の詳細などを詰問した記者らへ批判が上がり、結果を見れば記者らの態度に注目が集まり渡部さんはこれ以上の批判から逃れられたよう。

また、世論だけでなく身内である芸能界にも同様の意見が広がっており、「スッキリ」(日本テレビ系)の加藤浩次さんは「渡部を小バカにしたような感じがイラっとした」、「グッとラック!」(TBS系)の立川志らくさんは「芸人には何言ってもいいとなってる」と、相次いで記者らを批判する声が上がりました。

賛否が巻き起こった渡部さんの謝罪会見。

しかしカズレーザーさんの言葉通り、「賛」が得られただけでも成功した会見だったのかもしれません。

(文:有馬翔平)