当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

ロンブー田村淳「直接話してみたい」マスク拒絶の男性に突撃か?対談実現の可能性に反響相次ぐ

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

マスク未着用によって宿泊施設と騒動を起こした男性について取り上げた3日の「グッとラック!」(TBS系)。

その放送中、番組コメンテーターであるロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが驚きの提案を口に。

「見てみたい」、「余計なことをするな」と視聴者の意見が割れた、淳さんの驚きの提案とは一体?

スポンサーリンク

ロンブー田村淳「資格ない」マスク拒絶の男性に痛烈な一言…『旅人失格』を突き付ける

3日、装着を求められたマスクを拒絶して、宿泊施設と警察が介入する騒動を起こした男性を取り上げた「グッとラック!」(TBS系)で、番組コメンテーターであるロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが番組へ驚きの提案をしました。

今年9月、格安航空「ピーチ」との間でもマスク装着をめぐるトラブルを起こし途中降機された件の男性、今回は長野県内の宿泊施設でバイキング形式の食事の際にマスクを装着しなかったところ、施設側から着用を求められ騒動に発展しました。

この男性の行動に「面倒くさい」などとスタジオから批判が上がる中、淳さんは「すごい旅が好きなんだなってことは伝わってくる」と男性の趣味に理解を示した上で、「どこの旅先でもみんなコロナをなんとかして抑えよう、飛沫に気をつけようとしている」、「他の対策をしないと旅しちゃダメ。旅先でこんなに揉めているのは旅人失格。旅する資格がない」と、男性の行動を一刀両断に切り捨てました。

ただ、男性の行動を批判した一方、淳さんは「この状況下にバイキングという形式を取った宿泊施設もどうなんだろう」と、宿泊施設の食事提供の意識も別に議論する必要があると訴えたのです。

 

スポンサーリンク

ロンブー淳、渦中の人物へ突撃?接触をほのめかしに、賛否巻き起こる

再び騒動を起こした男性へ「旅人失格」という烙印を突き付けた田村淳さん。

その後放送では、番組MCの立川志らくさんがSNSを介して男性からのアプローチがあったことをほのめかし、番組関係者に接触を試みている様子が判明しました。

すると淳さんが驚きの提案を口に。

「直接話してみたいですね、この人と」

番組スタッフへ確認を取ったところ「OK」サインが出され、近々淳さんと男性の対談が実現する可能性が高まりました。

しかしこの対談に、番組を観ていた視聴者からは賛否の声が。

「めっためたに言い負かしてほしい」と淳さんの会談を希望する声、その一方「取材なんかしたら、ますます調子に乗るだけ」と反対する意見が上がったのです。

再び世間の注目を浴びることになった男性の行動。

賛否はありますが著名人との会談を行い、その行動の根本を探る必要があるのかもしれません。

(文:有馬翔平)